洛中その咲 @京都・四条大宮「自家製粉石臼挽き小麦ラーメン」2018年6月21日新店オープン

四条大宮の「壬生車庫前」に新しいラーメン店「自家製粉石臼挽き小麦 洛中その咲」という店舗が開店準備をしています。目の前には「元祖熟成細麺 香来 壬生本店」があるという立地で、そこに自家製粉された小麦を使った手打ち麺のラーメン店が開店すると告知されていました。では、この「洛中その咲」とはどんなラーメン店なのでしょうか。

一言でいえば一乗寺「あきひで(亜喜英)」のセカンドブランドです。

広告

自家製粉石臼挽き小麦 洛中その咲 2018年6月21日新店オープン


読めないけど「洛中その咲」とあり、自家製粉石臼挽き小麦と書かれています

読めないけど「洛中その咲」とあり、自家製粉石臼挽き小麦と書かれています

京都の四条大宮で新しいラーメン店が開店準備中です。

お店の名前は「洛中その咲

すでに看板が設置されており「自家製粉石臼挽き小麦 洛中その咲」と書かれていました。

とても「洛中」とは読めない達筆で、ラーメン店かも分かりづらいのですが、入口の上に「」と書かれていることで、なんとなくラーメン店かウドン屋さんかというのがわかります。

梅と赤いレンゲに「麺 Laboratory」と書かれている

梅と赤いレンゲに「麺 Laboratory」と書かれている

看板には「麺 Laboratory」とも書かれており(これも読みづらい)、梅のマークと赤いレンゲが描かれていることから、たぶんラーメン店であろうと推測されます。

元々は「お好み焼き弁慶」というお店が入っていたテナントで、目の前には「元祖熟成細麺 香来 壬生本店」という人気のラーメン店があり、四条大宮駅方面すぐのところには「餃子の王将」、徒歩1分くらいのところには「京ラーメン壬生さだかず」さんもあるという場所です。

では、この「洛中その咲」とはいったい何なのでしょうか?

麺屋「洛中その咲」とはいったい?

麺屋「洛中その咲」とはいったい?

「洛中その咲」とはいったい何なのか?


2015年9月に登録された「自家製粉石臼挽き小麦 洛中その咲」というTwitterアカウント

2015年9月に登録された「自家製粉石臼挽き小麦 洛中その咲」というTwitterアカウント

Twitterで検索すると「洛中その咲」で、あるアカウントがヒットします。

2015年9月に登録されたアカウントなので「ん?こんな店あったかな?」とも一瞬思ったのですが、名前は自由に変更できます。

ということは、これは以前は別の名前で運用されていたアカウントです。

アカウント名は「@eigyoakihide_2」となっており、そんなアカウント名は狭い京都とはいえ「@eigyoakihide」しかありません。

そうですね。

一乗寺の「あきひで(亜喜英)」のアカウントです。

たぶん「洛中その咲」というのは「あきひで(亜喜英)」のセカンドブランドなのです。

らーめんや亜喜英

らーめんや亜喜英

あきひで(亜喜英)」といえば不定期営業のお店、Twitterアカウントは非公開というトンデモ店ですが、新しいラーメン店も同じく非公開になっています。

ラーメンは「つけ麺」のお店とされており、麺は自家製麺(手打ち)になっていました。

製粉も自家製で、店内にある石臼で小麦を挽くそうです。

こちらの新店ですが、2018年6月21日に前を通ったところ開店されているのを確認しました。

洛中その咲 メニューと値段


洛中その咲 メニューと値段(券売機)

洛中その咲 メニューと値段(券売機)

ということで、大幅にオープンが延期されて2018年6月21日に開店を確認したので、早速行って来ました。

洛中その咲「メニューと値段」ですが、800円~900円という高めの価格設定になっていました。

通常ラーメンは「醤油、塩」があり、ほかに「つけ麺」があるのですが、ラーメンは「もち麦手もみ」の2種類の麺があります。

メニューに「地鶏」と書かれたものもあるのですが、それは販売されていませんでした。

お客さんの9割は「つけ麺」を食べているようなのですが、つけ麺の方がやや細めの麺で、通常のラーメンが超極太麺になっていますので、太麺好きなら通常のラーメンが良いでしょう。

石臼粗挽きつけ麺 1000円(限定25食程度)
もち麦 地鶏 しょう油らーめん 900円
もち麦 しょう油らーめん 800円
もち麦 塩らーめん 800円
手もみ つけ麺 900円
手もみ 地鶏 しょう油らーめん 900円
手もみ しょう油らーめん 800円
手もみ 塩らーめん 800円

洛中その咲 食材について


食材にはこだわったとのことです

食材にはこだわったとのことです

店主さんと他のお客さんの会話の中には「食材にこだわっている」という言葉が聞こえてきます。

卓上や券売機でも、その食材へのこだわりをアピールする貼紙が貼られていました。

貼紙を見ると、コシの強い小麦「ハルユタカ」を石臼で毎日挽いて、それを手打ちにしていますが「かんすい」はほとんど使っていないそうです。貼紙には「かんすい不使用」と書かれていますが、使われているとも書かれているのでよくわかりませんが、食べてみるとたしかに使っていないのでラーメンの麺ではありませんでした。

水はなぜか「貴船神社」まで汲みに行っているそうです。

もち麦 しょう油らーめん 実食レビュー


もち麦 しょう油らーめん

もち麦 しょう油らーめん

ここでまず注意事項を述べます。

本ブログでは「うまい」は書いても「まずい」はほとんど書きません。

なぜなら、お店の立ち上げには資金もかかるし、そのオーナー様の生活がかかっているからです。

まずいのもお店の味」くらいで紹介しているのですが、昨今のネット情報は酷いもので、大手ラーメンブログでは「おいしくもない店を何度も紹介」したり、さも「日本で一番美味しいかのように誇張」したり、「流行ってもいないのに地元で人気」などと嘘を平気で書く記事が蔓延っています。

そういった記事のみが拡散され、検索エンジンの上位を占めるような今の状況には大きな疑問をもっています。

そのため、本当にまずいものは「不味い」と書くことがあります。

スープは「純系名古屋コーチン丸鶏、阿波産尾鶏ガラ」に和風出汁を合わせたもの

スープは「純系名古屋コーチン丸鶏、阿波産尾鶏ガラ」に和風出汁を合わせたもの

スープは「純系名古屋コーチン丸鶏阿波産尾鶏ガラ」の鶏ベース、コーチンらしい特徴はあまり感じませんが、鶏の風味は薄くない程度に出ていました。

それに魚介系の味わいもするので「和風出汁」を合わせているのは、食べれば分かります。

ただ、なにか物足りないというか薄いと感じるのは「塩っ気」がないからだと思われました。

もち麦を使った極太麺はラーメンのみです

もち麦を使った極太麺はラーメンのみです

卓上の「食材について」には書かれていないのですが、「ハルユタカ」を使って石臼で挽いた麺は「つけ麺」で使っているそうで、この麺は「もち麦」のものです。

通常のラーメンで使われている麺は「もち麦」を使っていると言っているのが聞こえますし、食券にもメニューにもそのように書かれています。

「もち麦」つまり大麦のことです。

大麦の中でも弾力の強い餅のような仕上がりになる品種を「もち麦」と言います。

麺は「つけ麺」の麺の倍近くの太さがあり、もはやラーメンの麺ではありませんで、麦の味がするなにかでした。

「かんすい」がほとんど使われていないので、中華麺の特徴は出ていません。

スープが薄味なので、この極太麺はまったく合わないチョイスです。

どうしてこれを組み合わせたのか不思議でなりませんでした。

チャーシュー、味も素っ気もない脂身がいたい

チャーシュー、味も素っ気もない脂身がいたい

チャーシューについては言及されていないのですが、これも食材にはこだわってんだろうなという豚肉を使っているのが食べれば分かります(たぶんイベリコ豚)。

ただし、味がないのに、脂身が多くて、その脂身が裏目に出てしまいクドいというチューシューでした。

あまりこういったいことは書きたくないのですが「食材が可哀そう」です。

石臼粗挽きつけ麺 実食レビュー


石臼粗挽きつけ麺

石臼粗挽きつけ麺

石臼粗挽きつけ麺、値段は1000円です。

高い価格設定ですが、食材がよければ許容範囲だし、さらに美味しければ問題もありません。

麺は北海道産小麦「ハルユタカ」を石臼で毎日挽いたものを手打ちされているということで、こちらはラーメンよりも細い麺になっています。

普通に考えると麺の構成が真逆なんで、やはり謎は深まるばかりです。

水でしめてあるのでツルツル感はラーメンほどではありませんが、そのおかげか小麦の風味がよく出ていました。

ただし、コシというか単純に固い(弾力がない)麺で、味としてはいかがなものかと思います。

スープはやや塩気の効いた鶏に魚介の風味

スープはやや塩気の効いた鶏に魚介の風味

スープは「つけ麺」にしては若干マイルドです。

鶏に魚介、白濁したスープは素材の味というよりも塩っ気が強調されています。

薄くはないと思うのですが、麺と合わせるとやっぱり薄い。

麺も良い特徴を感じないので、食べていて飽きるのが残念でした。

自家製粉石臼挽き小麦 洛中その咲 への行き方(アクセス方法)


自家製粉石臼挽き小麦 洛中その咲

自家製粉石臼挽き小麦 洛中その咲

さて「自家製粉石臼挽き小麦 洛中その咲」の場所なのですが、四条大宮駅から斜めに通る「後院通」にあるラーメン店です。

壬生車庫前のところに中京警察署があるのですが、そこから少し北西に「元祖熟成細麺 香来 壬生本店」がありますが、その対面です。

香来さんは、かつて京都に存在していたチェーン店「宝屋系」のラーメンです。特にこの壬生本店はかなり美味しいラーメン店で、その対面というのはなかなかチャレンジャーな立地です。

「あきひで(亜喜英)」さんは濃厚鶏ラーメンのお店で、味はまぁ失礼ではありますが個人的評価は「普通」くらいで、香来に勝てるかどうかは今のところ未知数です。

そもそも、営業が不定期でなかなか行けないみたいなところもあるので、面倒くさすぎてどっちかといえばあまり行かないお店です。

京都府京都市中京区壬生馬場町24−4
営業時間:11:30~14:30
定休日:不定休
Twitter:https://twitter.com/eigyoakihide_2


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。