加藤屋百万遍にぼ次朗 @京都・百万遍「煮干し二郎ラーメン」実食レビュー

京都の煮干しベースのラーメン店「加藤屋百万遍にぼ次朗」へ行って来ました。ラーメン二郎インスパイアで、店名の「にぼ次朗」はどう考えても「二郎」を意識したものでしょう。味は「煮干し」の味が強めで、醤油ダレも辛みが少ないラーメンになっていました。

今回は、この「加藤屋百万遍にぼ次朗」を実食レビューします。

広告

煮干し版のラーメン二郎「幻の中華そば加藤屋」


煮干し版のラーメン二郎

煮干し版のラーメン二郎

今回の「京都ラーメンブログ」は、京都府・滋賀県でフランチャイズ展開している「煮干し」を使ったスープが特徴のラーメン店「幻の中華そば加藤屋」へ行って来ました。

見た目は「ラーメン二郎」をインスパイアしたもので、煮干し版のラーメン二郎とも言われています。

ラーメンは「煮干し煮干し豚骨汁なし油そば」の4種類あり、麺量は100g~300gまでは同一料金となっています。

数年前に一時期話題になったことがありますが、最近はあまり名前を聞くことも少なくなってきており、鞍馬口にあった店舗のように閉鎖する店舗も見受けられます。

「四条店、鞍馬口店」は食べたことがあったので、今回は「百万遍店」へ行ってみることにしました。

店内の様子


カウンターのみで15席ほどあります

カウンターのみで15席ほどあります

店内は、カウンター席が多くて15席ほどあります。

カウンターは3か所に分かれており「厨房前壁際、入口すぐのテーブル席」いう構成です。

比較的、座席間の間隔が広めなので食べやすい環境にはなっていました。

メニューと値段


初めてだと分かりづらいメニュー構成

初めてだと分かりづらいメニュー構成

この「加藤屋にぼ次朗」ですが、初めてだと分かりづらいメニュー構成になっています。

写真などがないので初見には分かりづらいのですが、基本は「煮干し煮干し豚骨」で麺量が異なっているだけです。

麺量は100g~300gまでは同一料金で、400gで+100円、500gで+200円高くなります。

いずれのメニューも「二郎インスパイア」で、スープが3種類あると考えれば分かりやすいです。

・煮干しラーメン 100g~300g 750円
・鰹風味ラーメン 100g~300g 800円
・煮干し豚骨ラーメン 100g~300g 850円
・汁なし油そば 100g~300g 750円

注文方法は「野菜増し脂増しタレ増し」ができるようになっています。

ひとつ注意点があるとすれば「400g以上は15分以内で食べる」というルールがあることです。これは中年にはかなり難しい注文で、400gを15分で食べるのは至難の業です。

これについては、いくらなんでもヒドイ話だなぁと思いました。

煮干し豚骨ラーメン(200g)実食レビュー


煮干し豚骨 200gにしておきました

煮干し豚骨 200gにしておきました

ということで、麺量は少なめの「200g」でお願いすることにしました。

「野菜増し、脂増し、タレ増し」などもなく、全部普通での発注です。

トッピングは「薄目のチャーシュー2枚、もやし、キャベツ、一味、チャーシュー細切れ」となっています。

豚骨と煮干しの合わせスープ

豚骨と煮干しの合わせスープ

煮干し」は前に食べて後悔したので、今回は「豚骨+煮干し」にしておきました。

四条店で食べた時は、店内が猫屋敷的な匂いがするほど濃厚な煮干しラーメンだったのですが、ここの煮干しラーメンは相当濃いめです。

スープは魚介スープに、ほんのりと豚スープの香りがするものだと思ってもらって良いと思います。

醤油ダレは薄めで、関西系の出汁の風味を壊さない程度の辛さになっていました。

麺は普通の極太面を使っています

麺は普通の極太面を使っています

ラーメン二郎といえば「平打ちの太麺」が特徴的ですが、「加藤屋にぼ次朗」では普通の極太麺を使っていました。

ツルツルした食感が特徴的です。

味はまぁ普通という感じで、肉量・野菜の量が少ないので「二郎」的な特徴は希薄だと言えます。

ちなみに、麺量200gで食べ終わるのに20分近くかかりました。

400gを15分で食べきるのは大変そうです。

加藤屋百万遍にぼ次朗 への行き方(アクセス方法)


加藤屋百万遍にぼ次朗 外観

加藤屋百万遍にぼ次朗 外観

さて「加藤屋百万遍にぼ次朗」へのの行き方(アクセス方法)ですが、百万遍交差点南西の路地裏にあるのでわかりづらい場所にあります。

細い道の中なので、車で入ることはできません。

駐車場や駐輪場がないのですが、自転車とバイクは店頭付近に停めている方がほとんどです。

車の場合はコインパーキングを使う必要がありますのでご注意ください。

とはいえ、京都大学がすぐ目の前なので、客はほとんどが京大生です。そのため歩いて来る方がほとんどです。

京都府京都市左京区吉田泉殿町1−90
営業時間:11:30~24時
定休日:水曜日
URL:http://www.katoya.biz/


この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。