2020年11月2日オープン 龍池楼 (たついけろう)

京都市中京区、二条城からもさほど遠くない御池通から新町通を下がったところに「龍池楼 (たついけろう)」という高級割烹が2020年11月2日に新店オープンしています。京町家で愉しむ美山のジビエ料理と月桂冠の日本酒がテーマの和食店です。

2020年11月2日オープン 龍池楼


2020年11月2日オープン 龍池楼

2020年11月2日オープン 龍池楼

京都市中京区、二条城からもさほど遠くない御池通から新町通を下がったところに「龍池楼 (たついけろう)」という高級割烹が2020年11月2日に新店オープンしています。

京都ゲストハウスひつじ庵さんにオープンしていると情報をいただき見に行ったところ、明治10年の京町家の1階にありました。

2階も客席で京都の雰囲気を味わいながらいただくコース料理のお店です。

京町家で愉しむ美山の恵みと月桂冠の日本酒がテーマの和食店なのだそうです。

美山(みやま)というのは京都の北部にある有名な観光地ですが、山間部であるので猪や鹿に猪の肉を使ったジビエ料理を提供。

それに合わせる日本酒は「月桂冠」で、こちらも京都の酒処である伏見区の酒蔵です。

京町家全体を使っており全72席と広い店内

京町家全体を使っており全72席と広い店内

京町家全体を使っており全72席と広い店内のようです。

カウンター、テーブル席、半個室、個室があり、京町家の特徴を活かした箱階段のある部屋もあるとパンフレットには書かれていました。

雰囲気はとても良さそうです。

2階の部屋は畳敷きにテーブルという趣向

2階の部屋は畳敷きにテーブルという趣向

明治10年の京町家と先ほど書きましたが、元は京友禅の工房だった建物です。

オーナーさんはそこをご実家とされる方(税理士をされています)で、建物をリノベーションして「龍池楼 (たついけろう)」を開業されたそうです。

このお店のメニューは?


ジビエ料理のコースを提供

ジビエ料理のコースを提供

営業は夜だけのようでしたがパンフレットがあったので見てみました。

それによると「牡丹鍋コース(8800円)、美山ジビエ鉄板焼きコース(7700円)、京地鶏鍋コース(6600円)」と京都の食材を使ったジビエを提供しています。

当日予約可能なのは2コース

当日予約可能なのは2コース

上記3種類は前日までに要予約ということですが、当日でもOKな「龍池楼コース(5500円)、酒の肴 彩コース(3300円)」というのもありました。

特別な接待とか、そういう利用にニーズがありそうです。

このお店への行き方や営業時間は?


龍池楼 (たついけろう)店舗外観写真

龍池楼 (たついけろう)店舗外観写真

この「龍池楼 (たついけろう)」の場所ですが、二条城から御池通を東へ、新町通を下がってすぐのところにお店があります。

営業は夜のみで「17時~23時」、定休日は「火曜日」です。

元は「露地もん」というお店だったのですが、いつの間にか閉店していたようです。

〒604-8207 京都府京都市中京区神明町71番地(地図
営業時間:17時~23時
定休日:火曜日
公式サイト:https://orsetta-ristorante.com/

このお店の口コミは?


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。