2020年5月22日オープン 太秦弁当村

2020年5月22日に京都市右京区の太秦にテークアウト(お持ち帰り)の駅弁販売所が新店オープンです。お店の名前は「太秦弁当村」さん、なんと京都で人気の3店舗が共同で駅弁を販売するという弁当屋さんです。

2020年5月22日オープン 太秦弁当村


2020年5月22日オープン 太秦弁当村

2020年5月22日オープン 太秦弁当村

京都・太秦になんと! 駅弁が買える「太秦弁当村」が新店オープンしています。

オープン日は2020年5月22日。

京都でも人気の「穂久彩さん浅井食堂京の中華ハマムラ」さんの共同出店で、3店舗の駅弁が太秦でも買えちゃうというスゴイお店です。

穂久彩藤田まこと御用達の太秦ロケ弁当で有名!
浅井食堂(下鴨の老舗洋食レストラン!)
京の中華ハマムラ(京都を代表する中華の本家が作る駅弁!)

太秦の仕出し弁当の老舗「穂久彩(ほくさい)」


太秦の仕出し弁当の老舗「穂久彩(ほくさい)」

太秦の仕出し弁当の老舗「穂久彩(ほくさい)」

太秦の仕出し弁当の老舗「穂久彩(ほくさい)」さんは、以前紹介した「藤田まこと御用達の太秦ロケ弁当」を販売していることで知られています。

これまで専用の販売店はなかったのですが、今回の出店でいつでも買える場所が太秦にできたことになります。

お弁当は8種類、値段は650円~970円程度です。

JR京都駅で最強の駅弁を太秦でも買うことができますよ!

下鴨の行列ができる名店「浅井食堂」


下鴨の行列ができる名店「浅井食堂」

下鴨の行列ができる名店「浅井食堂」

下鴨の行列ができる名店「浅井食堂」さんも出店しています!

当日は応援で店主さんが駆けつけて店番をされていました。

お弁当はハンバーグやロースカツにステーキ丼などで、値段は700円~850円となっています。

こちらもかなり人気の洋食店ですが、それが太秦で駅弁として買えちゃうわけです。

京都最古の中華料理店「京の中華ハマムラ(本家)」


京都最古の中華料理店「京の中華ハマムラ(本家)」

京都最古の中華料理店「京の中華ハマムラ(本家)」

さらに!京都最古の中華料理店「京の中華ハマムラ(本家)」さんも駅弁を販売中!

こちらはイオンなどに出店している方のハマムラさんですが、実はこちらが「本家」です。

その本家の中華弁当がリーズナブルなお値段で並んでいました。

当日あったのは3種類、値段は650円~700円となっていました。

このお店への行き方や営業時間は?


太秦弁当村は丸太町通沿いの太秦にお店があります

太秦弁当村は丸太町通沿いの太秦にお店があります

では、この注目の駅弁販売所「太秦弁当村」はどこにあるのでしょうか?

場所は丸太町通沿いの太秦。

駐車場の中にあって、その駐車場を利用することができるので車で行くことができます。

元々は「うどん らいと」さんがあった場所です。

10時30分から開店しており、お弁当の種類も多いのでオススメですよ!

〒616-8182 京都府京都市右京区太秦北路町20−2
営業時間:10時30分~20時
定休日:年中無休
公式Instagram:https://www.instagram.com/hokusaiuzumasa/

このお店の口コミは?


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新型コロナウイルスと戦う飲食店やテークアウトをするお店を紹介しています。店舗などをまとめ、新型コロナウイルスに打ち勝つことが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。