2020年3月10日オープン スープとお惣菜 Pan Boo (パンブー、嵯峨嵐山)

京都・嵯峨嵐山の嵐電「鹿王院駅」すぐ近くで「スープとお惣菜 Pan Boo (パンブー)」さんが新店オープンします。開業日は2020年3月10日、以前はレストランだったのですが、鹿王院へ移転してテークアウト専門のスープとお惣菜のお店となりました。

2020年3月10日オープン スープとお惣菜 Pan Boo (パンブー)


2020年3月10日オープン スープとお惣菜 Pan Boo (パンブー)

2020年3月10日オープン スープとお惣菜 Pan Boo (パンブー)

2020年3月10日、嵯峨嵐山で「スープとお惣菜 Pan Boo (パンブー)」さんが新店オープンしました。

これまでは清凉寺参道で「スープダイニング Pan Boo」として営業してきたのですが、鹿王院へ移転して「スープとお惣菜のテークアウト店」として再開しています。

ベジタリアン・マクロビオティック料理のお店で、3月8日にプレオープンしていたので立ち寄ってみました。

このお店のメニューは?


マクロビコーナー(砂糖・ハチミツ、肉・魚・乳製品などの動物性食品 不使用)

マクロビコーナー(砂糖・ハチミツ、肉・魚・乳製品などの動物性食品 不使用)

お惣菜の量り売りをしていて、入って右に「マクロビコーナー」がありました。

マクロビオティック料理とは「砂糖・ハチミツ、肉・魚・乳製品などの動物性食品」は使っていないお料理です。

聖護院大根と豆乳のポタージュ 1カップ(400円)
車麩のカツ 80円
ベジコロッケ 130円
菜の花の白和え 250円(100g)
かぶの炊いたん 180円(100g)
お料理は無添加(保存料、着色料、甘味料)

お料理は無添加(保存料、着色料、甘味料)

入って左側はスープとお惣菜のコーナーです。

100gの値段で200円前後のお惣菜と、以前のお店でも人気だったスープがメインで売られています。

にんじんラペ 180円(100g)
切り干し大根 200円(100g)
ポテトサラダ 180円(100g)
ゴマ和え 250円(100g)
油淋鶏 320円(100g)
煮込みハンバーグ
ローストポーク
甘エビのビスク 580円
サムゲタン粥 550円
甘エビのビスク 580円

甘エビのビスク 580円

お料理は前店と全く同じで無添加(保存料、着色料、甘味料など不使用)で安心安全なものを使っています。

以前はレストランのメニューだったお料理をテークアウトで販売しているというのが「スープとお惣菜 Pan Boo」さんということになりますね。

野菜】太秦・芦田農園、一期一会、亀岡・福井農園の無農薬野菜
】美山の平飼い卵「美卵」
豆腐】嵯峨の森嘉
砂糖】きび糖
】琴引の塩
醤油】本醸造
味噌】無農薬大豆と天然塩で作った自家製味噌
千鳥酢
】米油
マヨネーズ】美卵で作った自家製
梅干し】無農薬梅と天然塩で作った自家製

このお店への行き方や営業時間は?


嵐電「鹿王院駅」から徒歩1分のところにあります

嵐電「鹿王院駅」から徒歩1分のところにあります

では「スープとお惣菜 Pan Boo (パンブー)」さんはどこに移転したのでしょうか?

新店の場所は嵐電「鹿王院駅」から徒歩1分のところ。

駅を出て北へ、商店街の交差点にセブンイレブンがありますが、そのお向かい(南側)です。

〒616-8367 京都府京都市右京区嵯峨北堀町20-102
営業時間:11時~18時30分
定休日:日曜日、月曜日


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。