2020年1月オープン COOK! a doodle doo (車折神社駅前、揚げ物新店)

京都の車折神社駅前に揚げ物焼鳥のお店「COOK! a doodle doo(クック・ア・ドゥードゥル・ドゥー)」さんが新店オープンです。グランドオープンは2020年1月中旬。コロッケハリケーンポテト(フライドポテト)もあり、値段は100円~500円程度とリーズナブルです。

2020年1月オープン COOK! a doodle doo


2020年1月オープン COOK! a doodle doo

2020年1月オープン COOK! a doodle doo

京都市右京区の嵐電(京福)「車折神社駅」前に唐揚げや焼鳥をテイクアウトできるお店が新店オープンです。

お店の名前は「COOK! a doodle doo」さん。

読みは「クック・ア・ドゥードゥル・ドゥー」で、まるで鶏の鳴き声を店名にしたような感じになっていました。

グランドオープンは2020年中旬以降、その時にはイートインで食べていくこともできるようになるとのことでした。

メニューは「焼鳥、唐揚げ、コロッケ、ハリケーンポテト」

メニューは「焼鳥、唐揚げ、コロッケ、ハリケーンポテト」

メニューは「焼鳥唐揚げコロッケハリケーンポテト」で、いわゆる「揚げ物屋」さんです。

値段は100円~500円とリーズナブル

値段は100円~500円とリーズナブル

値段は100円~500円とリーズナブル。

焼鳥(若鶏)が3本で300円、唐揚げが10個で300円~500円、コロッケ100円、ハリケーンポテト300円となっていました。

焼鳥は炭火です

焼鳥は炭火です

焼鳥は炭火で焼いてあり、鶏肉は柔らかく食べやすい焼鳥です。

ということで、全種類買ってみましたので実食レビューしたいと思います。

COOK! a doodle doo 実食レビュー


焼鳥(若鶏)は柔らかいお肉です

焼鳥(若鶏)は柔らかいお肉です

こちらが「焼鳥(若鶏)」のタレです。

お肉は柔らかく、旨味もあって美味しい焼鳥です。

炭火焼きですが焦げないように焼いてありました。

下味がしっかりついた唐揚げ

下味がしっかりついた唐揚げ

唐揚げも美味しかったですね。

下味がしっかりと付いているやつで、衣の香ばしさとのバランスも上々です。

ただ、アルミホイルで保温してあるので持ち帰るとすぐに衣が柔らかくなってしまうのは残念かもしれません。

ハリケーンポテト

ハリケーンポテト

いわゆるフライドポテトですが、じゃがいもを渦巻状にカットして揚げてある「ハリケーンポテト」です。

ほんのりスパイシーで、外はカリッっと中は柔らかいフライドポテトでした。

コロッケはクリーミーな味わいでなかなかの美味しさ

コロッケはクリーミーな味わいでなかなかの美味しさ

やけに美味しかったのが「コロッケ」でした。

じゃがいもがクリーミーなポテトサラダのような味わいで、ポテトの味だけで食べられるコロッケです。

定食屋さんのコロッケ定食でこれ出てきたら人気出そうなやつで、なかなかの美味しさでしたよ。

COOK! a doodle doo 営業情報


COOK! a doodle doo さんは車折神社駅の目の前にあるお店です

COOK! a doodle doo さんは車折神社駅の目の前にあるお店です

では、この「COOK! a doodle doo(クック・ア・ドゥードゥル・ドゥー)」さんはどこにあるお店なのでしょうか?

場所は車折神社駅の目の前。

抹茶カフェスタンド「八十八良葉舎」さんの並びに新しくオープンしました。

営業時間はまだプレオープンなので昼前くらいから21時くらいまでとなっていました。

京都府京都市右京区嵯峨朝日町22−58付近
営業時間:21時くらいまで
定休日:不定休


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。