ありがとう!!未来は晴天 猪熊屋 @京都・御薗橋 2019年2月4日新店オープン

京都の御薗橋に値段設定の安い定食屋さんが新店オープンしています。2019年2月4日に開業した「ありがとう!!未来は晴天 猪熊屋(いのくまや)」さんというお店です。久美浜産の牡蠣を使ったフライや雑炊、唐揚げやコロッケの定食とお弁当が500円程度から食べることができます。

広告

2019年2月4日に新店オープン「ありがとう!!未来は晴天 猪熊屋」


お店の名前は「ありがとう!!未来は晴天 猪熊屋」

お店の名前は「ありがとう!!未来は晴天 猪熊屋」

京都の御薗橋で2019年2月4日に新店オープンした「ありがとう!!未来は晴天 猪熊屋」さんへ行って来ました。

唐揚げ・コロッケ・牡蠣フライの定食があり、持ち帰りもできます。

牡蠣は京丹後市の久美浜から直送したものだそうで、1個190円(蒸し牡蠣)と1個200円(牡蠣フライ)がありました。

カレーや牡蠣雑炊もあり、大衆食堂的な感じの和食レストランです。

手前には4名テーブル2卓、奥はカウンターと座敷(ありがとう!!未来は晴天 猪熊屋)

手前には4名テーブル2卓、奥はカウンターと座敷(ありがとう!!未来は晴天 猪熊屋)

お店は入口が狭いですが入りやすい雰囲気で、店内には4名テーブル2卓、奥はカウンターと座敷がありました。

今回は持ち帰りで久美浜産の牡蠣を使ったフライを買ってみたいと思います。

久美浜産の牡蠣を使ったフライ


久美浜産の牡蠣を使ったフライ(ありがとう!!未来は晴天 猪熊屋)

久美浜産の牡蠣を使ったフライ(ありがとう!!未来は晴天 猪熊屋)

牡蠣フライは1個200円、3個から販売されていました。

持ち帰りのお弁当や店内で定食にすると680円となっています。

キメの細かいパン粉でまぶしてあり、よく揚げてあり香ばしく仕上げてありました。

牡蠣は中ぶりくらい、ほんのりとプリッとした牡蠣で素材は美味しい牡蠣だと思います。

タルタルソースが付いていますが、玉子サラダのように少し固めの仕上げが特徴的でした。

ありがとう!!未来は晴天 猪熊屋 メニューと値段


メニューと値段(ありがとう!!未来は晴天 猪熊屋)

メニューと値段(ありがとう!!未来は晴天 猪熊屋)

メニューは定食とテイクアウト(弁当)で同じ値段です。

牡蠣のメニューが多めで、唐揚げやカレーも500円程度からとリーズナブルな価格帯です。

タレ唐揚げ定食 500円
タレ唐揚げ1個 100円
コロッケ定食 500円
コロッケ1個 100円
牡蠣フライ定食 3個680円、5個980円
牡蠣フライ 1個200円
牡蠣めし 500円
牡蠣雑炊 500円
豚の角煮カレー 880円(ライス or ナン)
焼きカレー 780円

ありがとう!!未来は晴天 猪熊屋 営業時間と定休日


ありがとう!!未来は晴天 猪熊屋

ありがとう!!未来は晴天 猪熊屋

では、この「ありがとう!!未来は晴天 猪熊屋」さんの営業日と定休日についてです。

営業時間は「11時~15時、17時30分~23時」の二部制になっています。

定休日は不定休ですが、2019年2月は「15日(昼のみ休み)、17日、27日、28日」が休みとなっていました。

京都府京都市北区大宮東総門口町38−7(MAP
営業時間:11時~15時、17時30分~23時
定休日:不定休

ありがとう!!未来は晴天 猪熊屋 への行き方(アクセス方法)

最後に「ありがとう!!未来は晴天 猪熊屋」さんへの行き方(アクセス方法)についてです。

場所としては京都市北区の「御薗橋」エリアで、御薗橋西詰から西へ徒歩3分くらいの所になります。

近くには「京都リラックス」さん、「天骨庵 慶心」さんに「みその橋サカイ」さんなどの飲食店が多いエリアです。

駐車場や駐輪場はありませんでした。


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。