2020年5月29日オープン 茶房 吉祥庵

2020年5月29日に京都府木津川市で新店オープンした古民家カフェ「茶房 吉祥庵」さんの紹介です。有名な観光名所「浄瑠璃寺」のすぐ近くにあるカフェです。明治初期の古民家をリノベーション、格調高い雰囲気の中で飲むコーヒーとケーキがなかなかのものです。

2020年5月29日オープン 茶房 吉祥庵


2020年5月29日オープン 茶房 吉祥庵

2020年5月29日オープン 茶房 吉祥庵

茶房 吉祥庵(きっしょうあん)さん、京都府木津川市の名勝「浄瑠璃寺」のすぐ近くにあるカフェです。

有名な観光名所にあるお店で、元は「手打蕎麦 吉祥庵」というお店でした。

そこが2020年5月29日に喫茶専門店に業態変更して「茶房 吉祥庵」として営業しているのです。

ということもあり、お店は和の茶室をイメージした雰囲気で、格調高い雰囲気となっていました。

このお店の雰囲気は?


茶房 吉祥庵、古民家をそのまま使った格調高い雰囲気です

茶房 吉祥庵、古民家をそのまま使った格調高い雰囲気です

明治初期の古民家をリノベーションしており、当時の雰囲気が残っているお店です。

少し黒みがかった土壁が良い風合いで、屋根の竹組みや柱の木組みを見ているだけでも楽しいお店です。

和室は時代劇の隠居生活に出てきそうな雰囲気

和室は時代劇の隠居生活に出てきそうな雰囲気

和室もあるのですが、これそのまま時代劇の撮影ロケにも使える雰囲気です。

さすがの京都市内にもここまでのお店はなかなかありませんが、さすが平安時代から仏教の聖地と言われるほどの歴史がある浄瑠璃寺近くのお店です。

現在、こちらではコーヒーとケーキが食べられるということなので、早速いただいてみたいと思います。

このお店のメニューは?


アイスコーヒーとチーズケーキで950円(税込み)でした

アイスコーヒーとチーズケーキで950円(税込み)でした

メニューは「コーヒー、抹茶、ケーキ」のみとシンプルです。

お店の雰囲気も和のシンプルさを追求しているようなものなので、メニューも必然的にシンプルイズベストになるのでしょう。

今回はアイスコーヒーとチーズケーキをいただきました(税込み950円)

チーズケーキがかなり美味しい

チーズケーキがかなり美味しい

何気なく注文したチーズケーキでしたが、これがまたビックリ。

柔らかいムースのような舌ざわり、レモンの風味にチーズの香りが鼻孔をくすぐり、口の中にコクが広がる絶品でした。

ありきたりな表現で申し訳ないけど「これまで食べたチーズケーキの中で一番うまい」と思いました。

コーヒーも雑味がなくスッキリと飲みやすいもの、店主さんのこだわりを感じるメニューに大満足のカフェです。

メニューと値段

メニューと値段

このお店への行き方や営業時間は?


浄瑠璃寺の有料駐車場手前にあります(茶房 吉祥庵)

浄瑠璃寺の有料駐車場手前にあります(茶房 吉祥庵)

では「茶房 吉祥庵」さん、どうやって行くのでしょうか?

お店は浄瑠璃寺の有料駐車場手前なので、自家用車で行くのがベストです。

JR奈良駅から奈良交通のバスが「浄瑠璃寺」まで行っていますので、公共機関を使う場合はバスになります(時刻表)。

水曜日が定休日なのと、閉店時間が16時までなのでご注意ください。

〒619-1135 京都府木津川市加茂町西小札場77−4
営業時間:11時~16時
定休日:水曜日


京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。