2020年1月12日オープン KURKI COFFEE (京都・亀岡、カフェ新店)

2020年1月12日、京都府亀岡市のJR亀岡駅前にオシャレなカフェ「KURKI COFFEE(クルキコーヒー)」が新店オープンしました。西賀茂のサーカスコーヒーさんの焙煎豆を使ったカフェで、オリジナルのサンドイッチやカレーなどを食べられるお店です。

広告

2020年1月12日オープン KURKI COFFEE


2020年1月12日オープン KURKI COFFEE

2020年1月12日オープン KURKI COFFEE

もうすぐ放送開始するNHKの大河ドラマ『麒麟がくる』で盛り上がっている京都府亀岡市、そのJR亀岡駅前にオシャレな今風のカフェが新店オープンしています。

お店の名前は「KURKI COFFEE」さん。

クルキはフィンランド語で「鶴」のことで、オーナーさんがフィンランドが好きで店名を「KURKI(鶴)」としたのだそうです。

緑や木を感じる店内

緑や木を感じる店内

店内は緑や木を感じるデザインでとても入りやすい雰囲気です。

お店の方も女性ふたりで、明るく親切な方でとても好感触なカフェなんです。

タイルの使い方も上手ですねぇ

タイルの使い方も上手ですねぇ

ちなみに、女性店員さんとはどこかでお会いしたことがある感じだったのですが、どこで会ったのか思い出せませんでした(笑)

それはともかくとして・・・・

コーヒーは西賀茂のサーカスコーヒーさん、プリンやカレーにトーストなどが食べられるカフェなのだそうです。

ということで、こちらはデーさん情報で見に行って来たので紹介したいと思います。

KURKI COFFEE 実食レビュー


コーヒーは400円から

コーヒーは400円から

値段はコーヒーは400円から、食事は950円で「くるきカレー」と「さくらたまごのサンドイッチ」の2種類がありました。

コーヒー 400円
カフェラテ450円
エスプレッソ 350円
アメリカーノ 450円
カフェモカ 480円
紅茶 400円
くるきカレー 950円(サラダ付き)
さくらたまごのサンドイッチ 950円(サラダ付き)
バタートースト 350円
はちみつバタートースト 400円
シナモントースト 400円
カスタードプリン 480円
ミルクアイスクリーム 480円
くるきカレー 950円(サラダ付き)

くるきカレー 950円(サラダ付き)

ということで「くるきカレー 950円(サラダ付き)」をチョイス!

サフランライスに挽き肉がたっぷりはいったスープカレーです。

和風の味わいでほんのりスパイシーなカレーでした。

フレンチプレスっぽい仕上がりのコーヒー

フレンチプレスっぽい仕上がりのコーヒー

コーヒーは酸味のある中煎りくらいの焙煎。

たぶんコーヒーマシンを使っていると思いますが、フレンチプレスっぽい感じでコーヒーの油分もある好みの味わいでした。

雰囲気も良いし、今後は京都スタジアムも稼働するし、こういったオシャレカフェが亀岡にも増えていくのかもしれませんね。

KURKI COFFEE はどこにある?


JR亀岡駅南口を出て徒歩3分!スグ近くです。

JR亀岡駅南口を出て徒歩3分!スグ近くです。

では「KURKI COFFEE」はどこにあるカフェなのでしょうか?

JR亀岡駅から徒歩3分、南口を出て右(西)に歩いてスグのところにあります。

京都スタジアムも今後稼働するし、注目される亀岡のカフェ新店!

オシャレなお店なのでサッカー応援の時に利用してみてはいかがでしょうか。

京都府亀岡市追分町谷筋37
営業時間:11時~18時
定休日:不定休(Instagramで要確認)
公式Instagram:https://www.instagram.com/kurkicoffee/


京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。