2019年11月1日オープン SONO58 (ソノフィフティエイト、京都・祇園、カフェ新店)

京都・祇園のカフェ新店「SONO58ソノフィフティエイト)」さんへ行って来ました。オープン日は2019年11月1日です。ハンバーガーが有名な「58DINER」さんの姉妹店で、カレーライス「祇園八坂カレー」と「揚げパン」がオススメだそうです。

広告

2019年11月1日オープン SONO58 (カフェ新店)


2019年11月1日オープン SONO58

2019年11月1日オープン SONO58

京都・祇園の八坂神社から東大路通を少し南へと歩いたところに工事中のテナントがあっってチェックしていたところ・・・・

カフェ新店「SONO58 (ソノフィフティエイト)」さんになっていました。

こちら、岡崎にあるハンバーガーが有名な「58DINER」さんの姉妹店で、こちらではマフィンとコーヒーがイートインできるようになっていました。

八坂神社前の東大路を南へ坂上ったところです

八坂神社前の東大路を南へ坂上ったところです

八坂神社からなら徒歩2分かからないところで、東大路通を南へ坂道上がりきった付近右手にお店があります。

道挟んでお向かいには以前紹介したウドン店「蒸籠饂飩katsuyoshi (せいろうどんかつよし)」さんがあります。

カレーライス「祇園八坂カレー」と「揚げパン」が主力メニュー

カレーライス「祇園八坂カレー」と「揚げパン」が主力メニュー

カレーライスと揚げパンがオススメなのだそうです。

30年ほど前に銀閣寺にあったカレー屋さんの味を引き継いだ「祇園八坂カレー」に、サクッともっちり食感の「揚げパン(AGEPAN)」、さらにマフィンがメニューにありました。

マフィン 280円~360円

マフィン 280円~360円

カレー屋がつくった本気カレーAGEPAN

カレー屋がつくった本気カレーAGEPAN

祇園八坂カレー 980円
ハンバーガープレート 1000円
ベジバーガープレート 1000円
フライドポテト 500円
オールディブランチ 1000円(エッグベネディクト、サラダ、マッシュポテト、コーヒー)
マフィン 280円~360円
揚げパン 250円~290円

イートインでマフィンとコーヒーを飲んでみました


イートインでマフィンとコーヒーを飲んでみました

イートインでマフィンとコーヒーを飲んでみました

今回はイートインでマフィンとコーヒーを飲んでみました。

マフィンはブルーベリーのやつで、口の中にマフィンの良い香りが残る美味しいやつでした。

かなりシットリしたマフィンなので個人的には食べやすくて好きなタイプです。

コーヒーは深めですがブラックでも飲みやすいです

コーヒーは深めですがブラックでも飲みやすいです

コーヒーは深めですでオリジナルカップでの提供となっていました。

ブラックでいただきましたが、歩き疲れた時には深めのコーヒーが美味しいです。

イートインはスッキリとしたデザインです

イートインはスッキリとしたデザインです

SONO58 営業情報


SONO58(ソノフィフティエイト)

SONO58(ソノフィフティエイト)

こちらの「SONO58(ソノフィフティエイト)」さんがあるのは八坂神社前の東大路通を南に歩いて2分くらいのところです。

ちょうど坂道上がりきった右側にお店があります。

営業時間は「10時~18時」で、定休日は「不定休」のようでした。

京都府京都市東山区祇園町525-2
営業時間:10時~18時
定休日:不定休


京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。