koto カフェ@京都・金閣寺「クレープとソフトクリームの店」2019年4月1日新店オープン

金閣寺エリアにカフェ「koto(コト)」が2019年4月1日に新店オープンしました。季節のデザートを使った華やかなクレープとソフトクリームのお店で、インスタ映する店内で食べていくことやテイクアウト(TO GO)も可能になっていました。

金閣寺エリアでは久しぶりな期待の新店です!

広告

金閣寺エリアにカフェ「koto(コト)」が新店オープン


新鮮フルーツを使ったクレープやパフェがお薦めのカフェ「koto(コト)」

新鮮フルーツを使ったクレープやパフェがお薦めのカフェ「koto(コト)」

京都の金閣寺エリアにカフェ「koto(コト)」さんが新店オープンです!

2019年4月1日10時に新店オープンしたばかりで、金閣寺道のお向かいという「一等地」にあるカフェになります。

このエリアでは実に1年と4ヶ月ぶりという久しぶりのカフェ新店となりました。

お店は金閣寺道のお向かいという一等地です

お店は金閣寺道のお向かいという一等地です

こちらのオーナー様は、この金閣寺エリアにお住まいで地元の方です。

今回は、オープンと同時に取材させていただきましたので紹介したいと思います(一番最初のお客さんになりました)。

ということで、金閣寺エリアでは久しぶりの期待の新店なのでドキドキしながらの入店です。

カフェ「koto(コト)」の紹介


金閣寺エリアのカフェ新店「koto(コト)」

金閣寺エリアのカフェ新店「koto(コト)」

さて、新店オープンしたカフェ「koto(コト)」さん、店内は「ピンク、木目、白、黒」を効果的に配色したお洒落カフェになっていました。

丸テーブルに座って金閣寺道を眺めながらカフェができます

丸テーブルに座って金閣寺道を眺めながらカフェができます

丸テーブルがいくつも置かれていて、金閣寺道を眺めながら一服できるようになっています。

koto(コト)ではクレープとソフトクリームが自慢のメニューです

koto(コト)ではクレープとソフトクリームが自慢のメニューです

クレープは600円からで、期間限定の苺(あまおう)や抹茶が鮮やかに盛られたプレミアムクレープがありました。

ランチは1300円からあります

ランチは1300円からあります

ソフトクリームは500円から、ランチ(1300円)もあって色々楽しめそうなカフェとなっています。

・クレープ 600円~900円
・ソフトクリーム 500円~750円
・コーヒー
・ジュース
・ランチ 1300円
プレミアム berry blossom 750円

プレミアム berry blossom 750円

ソフトクリームも美味しくて、甘い苺に舌鼓しました。

金閣寺観光の時にはぜひ立ち寄ってみてください!

koto(コト)営業時間とアクセス方法


2019年4月1日新店オープンのカフェ「koto(コト)」

2019年4月1日新店オープンのカフェ「koto(コト)」

ということで、2019年4月1日新店オープンのカフェ「koto(コト)」さんの紹介でした。

場所は金閣寺道で住所は「京都府京都市北区衣笠御所ノ内町14」です。

営業時間は「9時~19時」で、定休日は「不定休」となっています。

京都府京都市北区衣笠御所ノ内町14
営業時間:9時~19時
定休日:不定休
公式サイト:http://koto-kinkakuji.com/(準備中)

※地図に登録申請しておきました。


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。