京都で関東風うどんが食べられる西友亀岡店のフードコート

京都にも関東風うどんが食べられるお店がありました。それが、京都府亀岡市のJR亀岡駅近くにある「西友亀岡店」の地下一階にあるフードコートのお店「ファーストフード レオ」です。醤油でドス黒く、甘辛いうどんはまさに東京で食べていた立ち食いうどんの味がしました。

京都で関東風うどんが食べられる「西友亀岡店」フードコート


京都で見つけた関東風うどん

京都で見つけた関東風うどん

東京から京都に移住してきて、もう食べられないと諦めていた食べ物があります。

それが「立ち食いうどん

それも関東風の醤油黒い汁のウドンというやつです。

関東風うどんは西友亀岡店のフードコートにあった

関東風うどんは西友亀岡店のフードコートにあった

京都って駅に立ち食いうどんのお店はあるっちゃあるのでですが、とても数が少ない印象です。

そもそも、駅自体が少ないからではあるのですが、東京のように駅ごとに立ち食いうどんがあるのとは大きな違いを感じていました。

また、うどんは関西風で薄口醤油のものばかり。

関西は出汁文化なので仕方がないものと諦めていたのですが・・・・

京都府亀岡市の古き良きフードコートに、なぜか「関東風うどん」があったのです!

久しぶりに見たよね、こういう看板

久しぶりに見たよね、こういう看板

それがあったのが、ふらりと何気なく立ち寄った「西友亀岡店」地下1階のフードコートでした。

エスカレーター降りて、ゲームコーナーの奥になんとも昔懐かしいフードコートがあったのです。

ファーストフード レオ というお店らしい

ファーストフード レオ というお店らしい

そのフードコートの奥にあったのが、うどん屋さん。

ファーストフード店は隣りですが同じ経営っぽいです

ファーストフード店は隣りですが同じ経営っぽいです

同じ経営らしいファーストフード店は閉まっていましたが、隣接するうどん店は営業していました。

ちなみに閉まっていた方は「焼きそば焼きうどんお好み焼きラーメン」とかのお店です。

うどん、丼ものがあるので「麺類一式」のお店みたい

うどん、丼ものがあるので「麺類一式」のお店みたい

うどんは350円~、ラーメンもありますね

うどんは350円~、ラーメンもありますね

うどんは350円~、リーズナブルな立ち食い価格です。

ラーメンもありますねぇ~。

前述のように偶然立ち寄ったので、どんなウドンかは知らないで注文しました。

そしたら、出てきたのです・・・・

関東風の醤油黒い汁のウドンがぁぁあああ!!!

関東風の醤油黒い汁のウドン 実食レビュー


きつねうどん(450円)

きつねうどん(450円)

何気なく立ち寄って、うどんでも食うかと注文したのですが、出てきたウドンを見て仰天しました。

そう「関東風の醤油黒い汁のウドン」が出てきたのです。

京都に来て以来、この関東風の醤油黒い汁のウドンを見たのは初めてで、正直「えええぇえぇえええ!!」となりました。

久しぶりなので慎重に汁を啜ります

久しぶりなので慎重に汁を啜ります

最近は京うどんという薄口醤油のうどんに慣れていたので、関東風の醤油黒い汁のウドンは久しぶりです。

ショックで気絶しないように慎重に汁を啜ります・・・・

うめぇ!そして甘い!そんでもって醤油辛い!

うめぇ!そして甘い!そんでもって醤油辛い!

めっちゃ甘くて、それでいて醤油辛い!

40年くらい前によく食べていた新宿駅の小田急から京王線に続く連絡通路の途中にあった立ち食いうどん店の味そっくりです。

甘くて辛い!

京都ではまずないこの関東の味が、なぜか京都の亀岡で食べられるというのは本当に不思議でした。

細い京うどんではなく太いうどん!汁を吸いこんで色が付く!

細い京うどんではなく太いうどん!汁を吸いこんで色が付く!

京都と東京のうどんの違いは、とても顕著です。

出汁は「かつお節、昆布」で材料同じではありますが、関東はかつお節が強いんです。

さらに関東は「みりん」で甘いのが特徴、濃口醤油を多く使って黒い汁で甘辛くなります。

京都のうどんは昆布が強くて、魚介が強いと生臭いって思われます。甘くもないので出汁本来の味がします。関西は出汁文化なので醤油も薄口です。

白ねぎを使っていないのが残念ですが、味は東京のうどんと同じ

白ねぎを使っていないのが残念ですが、味は東京のうどんと同じ

ネギが白ねぎではないのが少し東京とは違うのですが、甘辛い汁がうどんを白から茶色に染め、久しぶりの関東風うどんで満足でした。

あ、でも・・・生粋の京都人が食べたら、たぶんこれキレると思います。

京都といっても亀岡市なので、きっとこの関東風うどんでも続けてこられたのかもしれません。

・京都は昆布が強い、東京はかつお節が強い
・東京はみりんで甘い
・京都は薄口醤油、関東は濃口醤油
・東京は太めのうどん、京都は細めの京うどん
景色もいいぜ!(昭和50年頃のフードコートの雰囲気)

景色もいいぜ!(昭和50年頃のフードコートの雰囲気)

このお店への行き方や営業時間は?


西友亀岡店の地下一階フードコートにあります

西友亀岡店の地下一階フードコートにあります

さて、これを食べたいという京都人がどれくらいいるのか知りませんが場所を書いておきます。

前述のように「西友亀岡店の地下一階フードコート」です。

JR亀岡駅南口から徒歩3分くらい、私は知りませんが、たぶん昭和からありますよねこれ?

〒621-0804 京都府亀岡市追分町馬場通15−1(地図)
営業時間:9時~23時
定休日:年中無休


うどん

関西・京都の知られざるうどん&蕎麦店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。