京都下がも旨味ひとつ @下鴨「京都で一番高いカレーうどん」実食レビュー

京都で一番高いカレーうどんを食べてきました。その「京都で一番高いカレーうどん」があるのが、下鴨の自家製麺うどん屋「京都下がも旨味ひとつ」さんというお店です。最高級素材のみのお出汁はふんわりやわらかく、かなり美味しいカレーうどんです。

気になるお値段は・・・・ぜひ以下をご覧ください。

京都で一番高いカレーうどん


京都で一番高いカレーうどんを食べてきました

京都で一番高いカレーうどんを食べてきました

今回の「京都案内」は、寒さも厳しくなってきた京都で温かいカレーうどんを食べてきましたので紹介します。

もちろん、ここで紹介するくらいなので普通のカレーうどんではありません。

なんと!「京都で一番高いカレーうどん」です。

そんなカレーうどんがあるのが「京都・下鴨」の自家製うどん専門店「京都下がも旨味ひとつ」さんです。

京都で一番高いカレーうどんがあるらしい

京都で一番高いカレーうどんがあるらしい

お値段、なんと・・・・

1620円(税込)

です。

京都下がも旨味ひとつ のこだわり


京都下がも旨味ひとつ 店内

京都下がも旨味ひとつ 店内

ということで、さっそく自家製うどん専門店「京都下がも旨味ひとつ」さんへ入店です。

店内はテーブル、カウンター、お座敷がバランスよく配置されており、落ち着いて食事できそうな空間になっていました。

メニューには「麺類(うどん)丼ぶりらいすサンド抹茶ぜんざいわらび餅」などの記載があり、和食処という品ぞろえです。

カレーうどんメニュー

カレーうどんメニュー

うどんメニュー

うどんメニュー

天ぷらうどん 1500円
天ぷら釜あげうどん 1600円
生湯葉けいらん 1200円
ひとつ鍋焼き 1500円
ひとつ味噌煮込み 1550円
ひとつカレー 1500円(カレーうどん)
肉カレー 1350円
きつねカレー 1300円
最高級の「利尻昆布」と「5種類のかつお節」というこだわり

最高級の「利尻昆布」と「5種類のかつお節」というこだわり

うどんの出汁は「無添加」で最高級素材だけを使った極上の出汁を使っており、昆布はもちろん最高級の「利尻昆布」、かつお節も天日干しの最高級品だけを使っています。

は国産小麦3種類をブレンドした自家製麺です。

食材にはかなりこだわった結果が、税込み1620円という価格設定になっているのです。

・無添加
・最高級利尻昆布
・天日干しの最高級かつお節を5種類
・麺は国産小麦の自家製うどん

京都で一番高いカレーうどん 実食レビュー


京都で一番高いカレーうどん「ひとつカレー 1620円」

京都で一番高いカレーうどん「ひとつカレー 1620円」

こちらが京都で一番高いカレーうどんひとつカレー 1620円」です。

トッピングは「お揚げ牛肉かぼちゃねぎ」で、最高級かつお節の香りが香ばしいカレーうどんになっていました。

コクと甘みもあり、ベースの利尻昆布の旨味が出ているのか、スープを飲むとカレーの辛さの奥に魚介の旨味が凝縮されています。

トッピングのかぼちゃ、甘いカボチャを焼いたものです

トッピングのかぼちゃ、甘いカボチャを焼いたものです

カレーも独自ブレンドで、カレーベースも利尻昆布とかつお節の出汁を使って作っています。

つまり、出汁で作ったカレーを出汁で割って出来たのが「ひとつカレー 1620円」なのです。

そのせいか、お出汁の味がよく出ており、かなり美味しいカレーうどんに仕上がっていました。

自家製うどんはかなりツルツルしています

自家製うどんはかなりツルツルしています

自家製うどんはかなりツルツルしており、太めの麺になっていました。

コシがあるというよりは、京都のうどんらしい適度な柔らかさになっています。

カレーうどんなので、うどんの風味までは分かりづらいですが、食べていてクセのない出汁によく合うウドンだなというのが感じられました。

さすが、最高級素材だけを使ったカレーうどんで、ひさしぶりに美味しいカレーうどんを食べたなと思う名店でした。

京都下がも旨味ひとつ 基本情報・行き方


自家製うどん専門店「京都下がも旨味ひとつ」外観

自家製うどん専門店「京都下がも旨味ひとつ」外観

今回紹介した京都は下鴨にある「京都下がも旨味ひとつ」さんの場所ですが、京都府立大学の東隣りにあります(京都府立植物園の近く)。

カレーうどん以外にも気になる「らいすサンド」というのがあるのですが、これは「黒毛和牛、薄焼きたまご、3種類の野菜」を海苔巻きのようにしたものです。

麺は注文を受けてからゆがく「通し茹で」となっていますが、待ち時間はあまりなくてすぐ食べることができました。

駐車場がないのですが、地下鉄烏丸線「北山駅」から徒歩3分ほどの所にあるので電車と徒歩でも行くことができます。

京都府京都市左京区下鴨萩ケ垣内町40−4
営業時間:11時~15時、17時~20:30(土日祝は通し営業)
定休日:月曜
URL:http://www.umami-hitotsu.com/


うどん

関西・京都の知られざるうどん&蕎麦店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。