京都山科つけ麺 しおゑもん(京都ラーメン・山科区)実食レビュー

京都市山科区、地下鉄東西線「小野駅」近くに新しくラーメン店が開業します。お店の名前は「京都山科つけ麺 しおゑもん」で、京都のラーメン店「塩元帥」が展開するFCブランドのお店です。

2021年6月10日 オープン 京都山科つけ麺 しおゑもん


2021年6月10日 オープン 京都山科つけ麺 しおゑもん

2021年6月10日 オープン 京都山科つけ麺 しおゑもん

京都市山科区、地下鉄東西線「小野駅」から徒歩数分のところにラーメン新店「京都山科つけ麺 しおゑもん」が開業します。

開業日は2021年6月10日で塩ラーメンとつけ麺のラーメン店。

メニューは「うま塩つけ麺」と「醤油つけ麺」に「大阪塩系 塩ラーメン」と「醤油ラーメン」があります。

うま塩つけ麺(全部のせ)

うま塩つけ麺(全部のせ)

ゆず+塩という組み合わせで、サラッとしたスープながら脂分と塩気が強めのスープのつけ麺。

上の写真は「ご褒美盛」という全部のせのもので値段は普通盛りで1190円でした。

つけめん(塩・醤油)とラーメン(塩・醤油)があります

つけめん(塩・醤油)とラーメン(塩・醤油)があります

麺量で値段が異なり小盛りのトッピングがないもので830円から、全部のせ大盛りで1300円が最高値。

概ね1000円超えるかなという値段設定です。

麺量は「小盛り(180グラム)・普通(240グラム)・大盛り(360グラム)」の3サイズから選ぶことができます。

こちらのお店は塩元帥のFCブランドに加盟した「株式会社ラインシステム(京都府京丹後市峰山町新町337-2)」が展開する店の京都1号店だそうです。

大阪系塩ラーメンとのことなので城山台にある塩元帥のFC加盟店「大阪塩系 塩と醤(しおとひしお)木津川店」と同じ流れだと思われます。

今回はこの「京都山科つけ麺 しおゑもん」の雰囲気やどんなメニューがあるのかを実食レビューします。

店内の雰囲気は?(コロナ対策など)


京都山科つけ麺 しおゑもん(店内写真)

京都山科つけ麺 しおゑもん(店内写真)

店内は青と白を基調にしたスタイリッシュなつくりで「カウンター6席・2名テーブル3卓・4名テーブル2卓」という構成です。

入ってすぐのところに手指消毒液があり、店員さんが検温してから席に案内されます。

カウンターとテーブルは透明シールドで仕切られておりコロナ対策はよくしていました。

透明シールドはパーテーションクラスの大きさ(京都山科つけ麺 しおゑもん)

透明シールドはパーテーションクラスの大きさ(京都山科つけ麺 しおゑもん)

今回は2名テーブルに案内されました。

前後に設置された透明シールドはパーテーションクラスの大きさで他の客とは隔離されている感じです。

注文は券売機で、コロナ対策からかメニューの設置などはありませんでした(電子メニューがスマホから見られます)。

このお店のメニューは?


京都山科つけ麺 しおゑもん(京都ラーメン・山科区)メニュー

京都山科つけ麺 しおゑもん(京都ラーメン・山科区)メニュー

メニューは「うま塩つけ麺醤油つけ麺大阪塩系 塩ラーメン醤油ラーメン」の4種類があり、それにご褒美盛というトッピングのせのものがあります。

ご褒美盛ではないものはスープと麺に具は少なめみたいですが、ご褒美盛りにするとトッピングが多く盛られていました。

つけ麺の値段は麺量で変わり、「小盛り(180グラム)・普通(240グラム)・大盛り(360グラム)」の3サイズ。

値段は830円~1300円で、普通に食べると1000円は超える価格設定となっていました。

なお、トッピングは好みで追加できるようになっているので肉を追加したいという要望も券売機で可能になっています。

塩ラーメンと醤油ラーメン(京都山科つけ麺 しおゑもん)

塩ラーメンと醤油ラーメン(京都山科つけ麺 しおゑもん)

つけ麺のお店ですが、塩ラーメン醤油ラーメンがありました。

この構成は塩元帥のFC系らしいメニューかなと思います。

セットメニューもありました(京都山科つけ麺 しおゑもん)

セットメニューもありました(京都山科つけ麺 しおゑもん)

お腹が空いているならサイドメニューも追加すると良いと思います。

うま塩つけ麺(830円・860円・970円)
うま塩つけ麺 ご褒美盛(1160円・1190円・1300円)
醤油つけ麺(830円・860円・970円)
醤油つけ麺 ご褒美盛ご褒美盛(1160円・1190円・1300円)

※メニューと値段は2021年6月時点のものです。

実食レビュー


うま塩つけ麺 ご褒美盛(1190円)

うま塩つけ麺 ご褒美盛(1190円)

今回は「うま塩つけ麺 ご褒美盛」の麺量・普通240グラムを注文。

これで値段は1190円となっていて、やや高めの印象です。

トッピングは「ブロックチャーシューメンマ青ねぎ煮卵海苔」で、ひとつひとつは安定的な味付けの印象です。

麺は太麺のコシの強いタイプです。

スープはものすごく塩気が強め(京都山科つけ麺 しおゑもん)

スープはものすごく塩気が強め(京都山科つけ麺 しおゑもん)

塩元帥系なのでラーメンのスープは出汁がよくでた旨味のあるタイプなので、つけ麺も同じかなと思ったらだいぶ違いました。

ものすごく塩気が強いスープで脂分も多く、かなりのコッテリ味です。

スープ自体はサラッとしたものですが、太麺用のつけ汁なので濃い味に仕上げているようでした。

麺や具材に付けて食べるとちょうど良い塩梅、素材ひとつひとつは美味しいので、その味に塩味(スープ)を付けて食べるという感覚でいただきました。

このお店への行き方は?(駐車場の有無など)


京都山科つけ麺 しおゑもん(店舗外観写真)

京都山科つけ麺 しおゑもん(店舗外観写真)

では「京都山科つけ麺 しおゑもん」への行き方や営業情報についてです。

場所は前述したように、地下鉄東西線「小野駅」から徒歩数分のところで駅から北に歩いてセブンイレブンを越えてスグのところです。

住所でいえば「〒607-8261 京都府京都市山科区小野鐘付田町8−1」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

ジャンル「ラーメン・つけ麺」
食事予算「900円~1300円」
ランチ営業「あり」
ディナー営業「あり」時短要請期間は20時で閉店の可能性あり
営業時間「11時~15時、17時~20時」
定休日「不定休」
住所「〒607-8261 京都府京都市山科区小野鐘付田町8−1」
地図こちらをクリック(Google Maps)」
テイクアウト「なし」
出前「なし」
コロナ対策「検温・手指消毒・マスク」
公式https://fc.shiogensui.com/
オープン日「2021年6月10日」
広告


京都ラーメン

関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



ニューオープン

主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。