2021年6月11日オープン 川味麺館(せんみめんかん)

京都市上京区(北野白梅町)に大盛なのに安い店「川味麺館(せんみめんかん)」が2021年6月11日に新店オープン場所は北野天満宮からも近い北野商店街。麺量が200gもあって大盛が普通のお店、麺とスープを混ぜながら食べるスタイル。蘭州拉麺とはまた違う「川味=四川ラーメン」です。

2021年6月11日オープン 川味麺館


北野商店街(京都市上京区)に四川ラーメン専門店が開業!

北野商店街(京都市上京区)に四川ラーメン専門店が開業!

川味麺館(せんみめんかん)は京都市上京区にあるラーメン店です。

北野天満宮のお膝元である北野商店街(中立売通沿い)で開業、中国人の方が経営しているお店です。

2021年6月11日オープン 川味麺館(せんみめんかん)

2021年6月11日オープン 川味麺館(せんみめんかん)

オープン日(開業日)は2021年6月11日で、訪問日2021年6月15日です。

蘭州ラーメンとはまた異なる「四川ラーメン」のお店です

蘭州ラーメンとはまた異なる「四川ラーメン」のお店です

店名の「川味(せんみ)」の意味は「四川」のこと、お店としては四川拉麺(四川ラーメン)を提供する専門店

蘭州拉麺(蘭州ラーメン)との違いは、食材に牛以外(豚・鶏)を使用するのと、麺はかん水少なめでコシがない柔らかい麺であることです。

値段は安くて、ほとんどのメニューが680円~780円という設定です。

また、麺量が200gもあるのでボリュームがとてもあります。

和え麺は「汁あり・和え麺」の2種類

和え麺は「汁あり・和え麺」の2種類

メニューは「汁あり和え麺」の2種類。

和え麺は「冷やし麺ピリ辛麺」の2種類となっていました。

場所は北野天満宮から徒歩6分(約500m)

場所は北野天満宮から徒歩6分(約500m)

場所は北野天満宮から徒歩6分(約500m)のところ。一の鳥居から上京警察署の通りを南へ行ったところです。

北野商店街の中にお店があります。

今回はこの「川味麺館」を実食レビューします。

実食レビュー


フロアに客席だけのシンプルな雰囲気のお店です

フロアに客席だけのシンプルな雰囲気のお店です

お店の雰囲気はシンプルで飾り気などはありません。

フロアにソファとテーブルを置いただけというシンプルな雰囲気のお店です。

6名テーブルが5卓という家族向けの構成、カウンター席も2席ありました。

ひとりでもテーブル席に通されまして、テーブル席はソファになっていて座りやすかったです。

テーブル席ひとり利用だったので広く使えました。

店の外に券売機がありそれで食券を購入してからの入店となります。

豚肉のサンラー麺

豚肉のサンラー麺

川味麺館(せんみめんかん)のラーメンは汁ありが3種類、汁なしが1種類、和え麺が4種類あります。

今回は汁ありの「豚肉のサンラー麺」を注文しました(2021年8月時点でこのメニューはありません)。

値段は680円(税込み)と安価です。

肉の量も多めでボリュームがありました

肉の量も多めでボリュームがありました

サンラー麺はトッピングが「豚肉・ザーサイ・白ねぎ」で、肉の量も多めでボリュームがあります

なによりも多いのが麺、太めの丸麺はかん水少なめで柔らかい麺が200gも入っていてスープの上に麺が盛り上がって見える状態で提供されました(一般的な麺量は120g~150g)。

四川ラーメンはスープと麺を混ぜてから食べます

四川ラーメンはスープと麺を混ぜてから食べます

四川ラーメンは前述のように、タレがどんぶりの底に沈んでいて、スープと麺がタレの上にあるのでスープは透明でスッキリとした見た目

これは混ぜていないからこうなっているだけで、一般的な中国ラーメンは「混ぜてから食べる」のがセオリーになっています。

味が濃い部分は常に沈むので混ぜながら食べてください

味が濃い部分は常に沈むので混ぜながら食べてください

食べている途中も麺をスープの奥からひっくり返すようにして食べると美味しくなります。

前述したように麺は200グラム入っていて食べ応えがあります。

メニュー


このお店のメニューは?

このお店のメニューは?

メニュー リスト(クリックでオープン&クローズ)
【グランド】メニュー
牛肉の角煮醤油ラーメン 680円
豚肉の角煮醤油ラーメン 680円
豚肉の高菜麺 680円
汁なし回鍋肉麺 680
鶏肉のピリ辛和え 780円
牛肉のピリ辛和え 780円
鶏肉のピリ辛和え 780円
回鍋肉 780円
手作り餃子10個 780円
値段は税込み価格です。
※メニューと値段は記事掲載時点のものです(サービス内容は変更になる場合もあります)。

メニュー一覧や値段など「メニュー情報」です。

メニューは「汁あり汁なし和え麺(ピリ辛)」という構成。

値段は680円~780円で他店よりも安価です。

メニュー(川味麺館)

メニュー(川味麺館)

他では見かけないメニューが多く一般的なラーメンは「鶏肉のピリ辛和え汁なし回鍋肉麺」などが珍しいメニュー。

それ以外は「牛肉の角煮醤油ラーメン豚肉の高菜麺」があり、和え麺系は牛肉・豚肉・鶏肉と肉の種類で選ぶようになっていました。

営業時間・定休日


このお店の営業時間と定休日は?

このお店の営業時間と定休日は?

営業時間や定休日など「店舗情報」です。

営業時間は「10時30分~22時30分」で時短営業中は20時までです(中休みはありません)。

定休日は「不定休」となっていました。

アクセス(場所)


場所は千本中立売から徒歩3分

場所は千本中立売から徒歩3分

川味麺館への行き方についてです。

場所は中立売通の北野商店街内で一条七本松から商店街を東へ徒歩30秒かからない場所です。千本中立売からでも徒歩3分(約350m)のところです。

住所でいえば「〒602-8341 京都府京都市上京区三軒町66−7」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場・駐輪場はありませんので、車の場合は近くのコインパーキングを使ってください(地図)。

公共交通機関は「千本中立売バス停地図)」が便利です(京都市バス公式ページで確認)。

店舗情報(クリックでオープン&クローズ)
店舗情報
店舗名 川味麺館(せんみめんかん)
ジャンル 四川ラーメン
食事予算 680円~
営業時間 10時30分~22時30分
定休日 不定休
駐車場・駐輪場 なし
住所 〒602-8341 京都府京都市上京区三軒町66−7
地図 こちらをクリック(Google Maps)
テイクアウト 対応
電話番号 タップで電話発信(営業時間内におかけください)
オープン日 2021年6月11日オープン
※営業時間と定休日は記事掲載時点のものです。


京都ラーメン

関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



ニューオープン

主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。