餃子の王将 出町店 @京都が閉店!閉店の理由とは?

京都市上京区の出町にある餃子の王将(出町店)が2020年10月31日で閉店してしまうことが分かりました。閉店理由はなんと・・・・。店頭に「めし代のない人 お腹いっぱいただで食べさせてあげます。」と書かれた王将のレジェンド店のような存在の店舗が閉業する前にぜひ行ってみてください。

餃子の王将 出町店 @京都が2020年10月31日で閉店


めし代のない人 お腹いっぱいただで食べさせてあげます。

めし代のない人 お腹いっぱいただで食べさせてあげます。

めし代のない人 お腹いっぱいただで食べさせてあげます。」と書かれた年季の入った貼紙。

これは京都の出町にある餃子の王将である出町店に貼られたポスターです。

条件は学生であることと、仕送りが遅れていたり、昨日からなにも食べてないという条件だが、人情を感じる京都の名店です。

その「餃子の王将 出町店」が2020年10月31日で閉店してしまうのです。

値段は500円前後のものがほとんど(餃子の王将 出町店)

値段は500円前後のものがほとんど(餃子の王将 出町店)

この「餃子の王将 出町店」は王将がまだ先代の社長の時代から営業しているお店で、古き良き王将時代の味が残っているお店でもあります。

店内はカウンターのみ、細長い店内にはオープンの11時から学生や近所の旦那衆で混むほどの人気店です。

そんな「餃子の王将 出町店」が2020年10月31日で閉店してしまう・・・・

なぜなのでしょうか?

餃子の王将 出町店 閉店の理由とは


貧乏学生の胃袋を満たしてきた「餃子の王将 出町店」はなぜ閉店するのか?

貧乏学生の胃袋を満たしてきた「餃子の王将 出町店」はなぜ閉店するのか?

上の写真は「餃子の王将 出町店」の焼きめしセット(税込700円)。

ミニチャーハン、唐揚げ2個、餃子3個、冷奴」のセットでボリュームがあります。

独自のセットメニューが多いのも昔からの餃子の王将の特徴で、こういったセットが京都の学生の胃袋を満たしてきたのは事実です。

11時オープン、オープンから客席の半分以上が埋まっているというお店です。

そんな人気店がなぜ閉店となるのか?

お店の方に確認すると意外な答えが返ってきました。

店の方定年なんですよ」

歴史を感じる餃子の王将(出町店)

歴史を感じる餃子の王将(出町店)

定年!?

まさかの返事に少し戸惑うが、店主高齢のため閉業するお店は京都にはたくさんあります。

理由はそれと似たものではありますが、今回の閉店理由は「定年」です。

これは店主にはまだやる気はあるものの仕方なく閉店するという意味がこもっている返事でした。

「先代の社長の時は動けなくなるまで王将でいられたんですが」と店の方

「先代の社長の時は動けなくなるまで王将でいられたんですが」と店の方

この定年で閉業というのは、自分の意志ではないという意味合いも含んでいるようでした。

これは直後に話してくれたことからも明白でした。

店の方先代の社長の時は動けなくなるまで王将でいられたんですが

先代の王将社長の時代、まだゆるやかなチェーン展開をしていた王将の時代には定年という制度がなく、店主は自らが動けなくなるまで店を続けることができました。

しかし、今の社長の代では「定年」という制度があり、高齢の店主は店を辞めなければならないというのが理由なのです。

もちろん、王将の看板を下げて営業ということもできますが、この店舗の権利がどうなのかまでは分かりませんでした。

※その後報道された京都新聞の取材によれば、定年で後継者も見つからず、店主も高齢ということが閉店理由ということでした。餃子の王将本部は継続に尽力してくれたとのことですがお店を継ぐ人がいなかったので閉店という決断になったそうです。

餃子の王将 出町店 はどこにある?


餃子の王将 出町店は出町桝形商店街の中ほど南側にあります

餃子の王将 出町店は出町桝形商店街の中ほど南側にあります

2020年10月31日で閉店する「餃子の王将 出町店」前にぜひ食べておきたい方も多いことでしょう。

では、この店舗はどこにあるのでしょうか。

出町柳駅から河合橋で高野川と賀茂川を渡り西へ、すぐに見えてくる出町桝形商店街を入り、2筋目を南に下がったところです。

営業時間は「11時~22時30分」で、定休日は「月曜日」

閉店まではまだ時間がありますが、直前になるほど混雑しそうです。

ぜひ、お早目の来店をお薦めします。

〒602-0824 京都府京都市上京区一真町70(地図
営業時間:11時~22時30分
定休日:月曜日
公式サイト:http://map.ohsho.co.jp/b/ohsho/info/4831/
広告


京都ラーメン

関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。