【閉店】2020年5月30日オープン 開運ラーメン ヨロコビ大社 (移転先情報あり)

京都の平安神宮すぐ近くにラーメン店「開運ラーメン ヨロコビ大社」さんが新店オープンです。オープン日は2020年5月30日で、ラーメンは「貝の塩ラーメン、豚背油醤油ラーメン、汁なしまぜそば」の3種類、オープン初日に最初のお客として入店したところ、かなり本格的なラーメンを提供していました。

最新情報:こちらの店舗は2020年1月7日の営業をもって移転します。移転先は東山丸太町西入るファミリーマート東隣で2021年1月16日から営業再開となります。また、2021年9月7日から「麺屋尚時(しょうじ)」と店名が変更となっており、メニューも一新されましたので一旦閉店扱いとします。

2020年5月30日オープン 開運ラーメン ヨロコビ大社


2020年5月30日オープン 開運ラーメン ヨロコビ大社

2020年5月30日オープン 開運ラーメン ヨロコビ大社

2020年5月30日に京都の平安神宮すぐ近くにラーメン店が新店オープンです。

お店の名前は「開運ラーメン ヨロコビ大社」さん。

運営元はベビーカステラの「松露庵(しょうろあん)」を展開するグループで、観光地のすぐ近くで飲食事業をしている会社さんです(発祥は沖縄、本社を京都に移転しています)。

店長さんは京都の某有名ラーメン店で店長をしていた方(どこのラーメン店かは秘密)で、ラーメンは「貝の塩ラーメン豚背油醤油ラーメン汁なしまぜそば」の3種類。

オープン初日はラーメン1杯無料券を食べた方に配布していました

オープン初日はラーメン1杯無料券を食べた方に配布していました

オープン初日はラーメン1杯無料券を食べた方に配布するイベントを開催。

屋号からしてインバウンド系かと思ったら、かなり美味いラーメンで、実は本格的なラーメン屋さんです。

このお店の雰囲気は?


京都の昔ながらの麺類一式のお店という雰囲気です

京都の昔ながらの麺類一式のお店という雰囲気です

店内は、京都の昔ながらの麺類一式のお店という雰囲気です。

元は同じ運営会社の蕎麦屋さんだったテナントをそのままラーメン店に業態変更したお店なのですが、もうちょっとハッチャけても良いかもしれません。

紅白を基調にするとか、壁に京都の観光地の絵とか描いちゃうとか、そういう遊び心があっても良い感じです。

このお店のメニューは?


お薦めは「貝の塩ラーメン(780円)」です

お薦めは「貝の塩ラーメン(780円)」です

ラーメンは「貝の塩ラーメン豚背油醤油ラーメン汁なしまぜそば」の3種類。

お薦めは「貝の塩ラーメン」ですが「まぜそば」もトッピングが選べて面白そうです。

貝 塩ラーメン 780円
醤油ラーメン豚 780円
まぜそばの五山 780円
醤油ラーメン豚 780円

醤油ラーメン豚 780円

厚切りチャーシューがのった醤油ラーメンもあります。

まぜそばの五山 780円

まぜそばの五山 780円

12種類のトッピングから好きな5種類(同じものでも可能))を選んで食べるまぜそばも面白いコンセプトです。

サイドメニューには「卵かけごがん(200円)、チャーシュー丼(350円)、まぜ飯(400円)、唐揚げ(300円)」などもあり、なぜか絵馬(300円)も販売されていました(笑)

貝 塩ラーメン 780円

貝 塩ラーメン 780円

今回は「貝 塩ラーメン 780円」をチョイス。

貝のトッピングたっぷり、出汁も貝の旨味が濃厚に出ていて、これはかなり美味しいラーメンです。

トッピングは他に「白髪ねぎ糸とうがらし穂先メンマ青ねぎ」と豊富。

それに一味が少しかかっていました。

貝なので「コショウ」がとてもよく合います。卓上にあるのでタップリかけて食べるのがお薦めです!(味変用のオイルバターもあります)

麺は固めに茹でてあります(合格)

麺は固めに茹でてあります(合格)

麺はテイガクのものを使用。

角麺で、ザクッとした歯ごたえが心地よい麺です。

こういうラーメンでは平打ちを使うお店も多いのですが、ちゃんと京都人の指向が分かってて角麺を使ったのは良い判断だと思いました。

さすが、京都の有名店で店長されていた方が厨房にいるだけのことはあります。

このお店への行き方や営業時間は?


 開運ラーメン ヨロコビ大社の場所は京都ロームシアターから西に徒歩数分ところ

開運ラーメン ヨロコビ大社の場所は京都ロームシアターから西に徒歩数分ところ

では「開運ラーメン ヨロコビ大社」さんはどこに開業するラーメン店なのでしょうか?

場所は元「勾玉屋」さんという2019年9月26日に開業して、2020年4月に閉店したウドン屋さんの跡地です。

住所は「京都府京都市左京区岡崎最勝寺町2−35」で、ロームシアター京都さんの道を西へ2筋ほど行ったところです。

東山二条から東に少し入ったところで、近くにはパン店「CheerUp! (チアアップ)」さんがあります。

駐車場は「みやこめっせ」のところと、その先に地下駐車場(有料)があります。

自転車・バイクは「みやこめっせ」のところに停められたりします。

開運ラーメン ヨロコビ大社(移転・新店舗)

開運ラーメン ヨロコビ大社(移転・新店舗)

最新情報:こちらの店舗は2020年1月7日の営業をもって移転します。移転先は東山丸太町西入るファミリーマート東隣で2021年1月16日から営業再開となります。

〒606-8392 京都府京都市左京区聖護院山王町43−2(地図
営業時間:11時~15時、18時~23時(L.O.30分前)
定休日:不定休
公式Twitter:https://twitter.com/nAbpMzjx37UvFHX
公式Instagram:https://www.instagram.com/yorokobi777kaiun/
京都府京都市左京区岡崎最勝寺町2−35(地図
営業時間:11時~15時、18時~23時(L.O.30分前)
定休日:不定休
公式Twitter:https://twitter.com/nAbpMzjx37UvFHX
公式Instagram:https://www.instagram.com/yorokobi777kaiun/


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



京都ラーメン

関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



ニューオープン

主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。