おむすび柿の木 @京都・衣笠 具だくさんオニギリを実食レビュー

今回の「京都案内」は最近お気に入りのおにぎり専門店「おむすび柿の木」さんを紹介します。京都の衣笠にあるお店で、近くには「わら天神・平野神社・北野天満宮」などがあるエリアです。そこに、なんと具がタップリと入ったおむすび屋さんができていたのです。

ということで、今回はおにぎり専門店「おむすび柿の木」さんの具だくさんおにぎりを実食レビューします。

おむすび柿の木 @京都・衣笠 に行っておにぎりを買ってきました。


北野天満宮の梅(2017年3月3日撮影)

北野天満宮の梅(2017年3月3日撮影)

2017年3月3日のひな祭りの日に、北野天満宮平野神社で梅を撮影した後に戻る途中で「おむすび屋」さんが営業しているのを見つけました。

お店の名前は「おむすび柿の木」と言います。

ということで、気になるので入って食べてみることにしました。

よくよく考えると、このあたりで「おむすび専門店」って、あまり見ない気がします。

おむすび柿の木 具だくさんのオニギリのお店


おむすび柿の木(おにぎり専門店)

おむすび柿の木(おにぎり専門店)

お店は衣笠を通る「寺之内通」沿いにあります。

昔、ここの少し南のエリアに住んでいたのですが、最近はあまり通ることもなかった道です。

店前もスペースがあり、自転車やバイクで買いに行けるお店なので重宝しそうでした。

店内は広めのスペースにおにぎりが並んでいました

店内は広めのスペースにおにぎりが並んでいました

お店は広く、奥に厨房があって、そこで作ったおにぎりを販売していました。

おにぎりは130円・170円・200円の3種類で、大きさはコンビニのちょっと高いおにぎりと同じくらいのサイズです(価格は2021年時点のものです)。

しかし、おむすびの上には具が大きめに載っているのが特徴的でした。

ずらりと並ぶおにぎり(おむすび柿の木)

ずらりと並ぶおにぎり(おむすび柿の木)

おかか(130円)
タカナ漬(130円)
おかか(130円)
赤しそ(130円)
しいたけ昆布(130円)
きゅうりのしそ味(130円)
しば漬け(130円)
紅鮭(170円)
きんぴら(170円)
めんたいタカナ(170円)
昆布たまご(170円)
おじゃこ高菜(170円)
たらこ(170円)
肉しぐれ(170円)
ツナマヨ(170円)
ねぎ味噌(170円)
豚肉しょうが焼(170円)
とり肉の甘煮(170円)
あなご(200円)
えび天むす(200円)
明太子玉子(200円)
かつお角煮(200円)
まぐろ煮(200円)山椒入り

※価格は2021年6月時点のものです。

鮭・明太子などを購入

鮭・明太子などを購入

明太子が好きなので、3つほど購入してみました。

実はこれ・・・・

上に具が載っているだけのように見えるのですが、この具がオニギリの中にも詰まっているのです。

おむすび柿の木 具だくさんオニギリを実食レビュー


鮭のおにぎり 実は具だくさんなのです

鮭のおにぎり 実は具だくさんなのです

ということで、さっそく撮影・・・・ではなく食べてみることにしました。

これ普通だったら、上に鮭が載っているだけのおむすびだと思うと思うのですが、中を見てビックリしました。

なんと・・・・

めちゃくちゃ鮭が入ってます!

めちゃくちゃ鮭が入ってます!

なんと、おむすびにはめちゃくちゃ鮭が入っていたのです。

これ、おむすびの中全体に入っているので、相当な分量になります。

それでいて、これが1個150円くらいなので、コンビニの少しお高いおにぎりを買うなら、ここで買う方が断然お得だったのです。

味もさすが専門店だけあって、お米はおいしいし、具は盛だくさんだし、なかなか良いお店を見つけたなと思いました。

2021年に再評価、以前の美味しさはどこにいったのか・・・・

2021年に再評価、以前の美味しさはどこにいったのか・・・・

2021年追記
こちらの「おむすび柿の木」さんですが2017年に記事を書いた時点ではとても美味しいという評価でした。しかし、それから数年過ぎて値上げやサイズの変更などもあり、また味が以前のように高い評価とはしづらくなりました。

おむすび柿の木 基本情報


今回の「京都案内」は京都のおむすび専門店でした

今回の「京都案内」は京都のおむすび専門店でした

ということで、今回の「京都案内」は京都のおむすび専門店「おむすび柿の木」を紹介しました。

実は、この後もリピートしちゃっているので、近いし安いし美味しいのでお気に入りのお店です。

お店は「わら天神前」の交差点(西大路通)から東に入って少し進んだところです。

おいしいので、ぜひ行ってみてください!

京都府京都市北区衣笠高橋町33
営業時間:6:30~13時(なくなり次第終了)
定休日:月曜・日曜


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!