2019年4月5日オープン エピス オカザキ(epice Okazaki)

京都の岡崎エリアに疎水の桜を眺めながら食事ができる洋食レストランが新店オープンです。お店は「エピス オカザキ(epice Okazaki)」さん、2019年4月5日に新店オープンしたばかりのカフェ・レストランです。ランチは1500円から、ステーキ・ハンバーグ・フライなどが丁寧に調理されているお店でした。

エピス オカザキ(epice Okazaki)2019年4月5日オープン


2019年4月5日に新店オープンしたカフェ・レストラン エピス オカザキ(epice Okazaki)

2019年4月5日に新店オープンしたカフェ・レストラン エピス オカザキ(epice Okazaki)

今回の「京都新店速報」は、2019年4月5日に新店オープンしたレストラン「エピス オカザキ(epice Okazaki)」さんの紹介です。

京都の岡崎エリアにあるカフェ・レストランで、平安神宮からも近い「岡崎 琵琶湖疏水」沿いにあるお店です。

2019年4月5日新店オープンです

2019年4月5日新店オープンです

2019年4月5日新店オープンということで、入口には多くのお祝いの花が届いていました。

一階は入口と調理場なので、入店すると二階のフロアへと案内されます。

二階席から岡崎琵琶湖疏水を望む、今の時期なら桜を見ることができます

二階席から岡崎琵琶湖疏水を望む、今の時期なら桜を見ることができます

この「エピス オカザキ」さん、二階席から岡崎琵琶湖疏水の桜を眺めながら洋食ランチやケーキなどをいただけるカフェ・レストランなんです。

ランチは11時~14時30分カフェは14時30分~ということで、今回は昼のランチをいただいてきました。

自家製タルタルソースのエビフライが美味しい


エビフライ自家製タルタルソース(1800円)

エビフライ自家製タルタルソース(1800円)

今回はランチタイムの「エビフライ自家製タルタルソース(1800円)」を食べてみました。

ライスまたはパンが選べ、スープも付いてこのお値段です。

海老は4本、形の良い長い海老が上品な香ばしさを感じるフライになっていました。

自家製タルタルソースでいただきます

自家製タルタルソースでいただきます

エビフライは自家製タルタルソースでいただきます。

揚げ加減も上々で、海老の味わいが楽しめるようにほんのり香ばしくフライドされています。

添え物の野菜も酢の物や生野菜で飽きのこない組み合わせです。

スープは新たまねぎのポタージュ

スープは新たまねぎのポタージュ

パンは2種類ついてきます

パンは2種類ついてきます

スープは新たまねぎのポタージュパンは味わいの異なる2種類のパンがセットになっています。

これに+300円でドリンクをセットにすることもできます。

お料理は上品で質もよく、とても美味しいものなので、グルメなマダムにお薦めなお店と言えそうです。

メニューと値段


ランチはハンバーグやフライなど、食材にもこだわりがあります

ランチはハンバーグやフライなど、食材にもこだわりがあります

今回はエビフライをいただきましたが、他にも「ビーフステーキビフカツハンバーグポークソテーフライ」など牛肉・鶏肉・魚介を使ったお料理があります。

お料理は「ランチとディナー」で別れています。

イチオシメニューは「ビーフカツ西京味噌デミソース(2800円)」となっており、一番お高いメニューが「ビーフステーキ(3200円)」で、1500円の「地鶏モモ肉のフリカッセ」もありました。

ビーフステーキ 3200円
ビーフカツ西京味噌デミソース 2800円
特製 煮込みハンバーグ 1600円
ジンジャーポークソテー 1600円
地鶏モモ肉のフリカッセ 1500円
岐阜県養老豚のトンカツ 1600円
エビフライ自家製タルタルソース 1800円
カキフライ 1800円

営業時間と定休日


エピス オカザキ(epice Okazaki)外観

エピス オカザキ(epice Okazaki)外観

では「エピス オカザキ(epice Okazaki)」さんの営業時間と定休日についてです。

営業時間は「11時~21時(L.O.20時)」で、ランチは14時30分までとなっています。それ以降は夕方までカフェ利用が可能で夜はディナー利用となります。

定休日は「水曜日」です。

京都府京都市左京区岡崎成勝寺町1−8
営業時間:11時~21時(L.O.20時)
定休日:水曜日
公式Instagram:https://www.instagram.com/kyotoepice2220/
公式サイト:https://www.kyoto-epice.jp/

アクセス方法

「エピス オカザキ(epice Okazaki)」さんへの行き方も紹介しておきます。

平安神宮すぐ近く、いわゆる岡崎エリアの疎水沿いにあるので分かりやすい場所です。

最寄り駅は京阪「神宮丸太町駅」ですが、地下鉄東西線「東山駅」からでも徒歩5分ほどです。

観光地で外国人観光客が多いエリアですが、お客さんは日本人女性のかたばかりでした。


京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



ニューオープン

主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。