SOBACafeさらざん 閉店@京都・京北「そばの実アンダギー」週1カフェの月1お菓子

今回の「京都案内」は「SOBACafeさらざん 京北店」を紹介します。こちらは毎週水曜日のみの営業というカフェで、そばを使ったケーキなどを食べることができます。さらに毎月第一水曜日にだけ「そばの実アンダギー」が販売されています。

今回は、その月1回だけの幻の「そばの実アンダギー」含め実食レビューします。

最新情報:さらざん京北店」さんですが閉店2018年に閉店されました。

週に1日水曜日のみ営業する京北のカフェ


週に1日しか営業しない洋菓子カフェ「SOBACafeさらざん 京北店」

週に1日しか営業しない洋菓子カフェ「SOBACafeさらざん 京北店」

今回の「京都案内」は、週に1日しか営業しない洋菓子カフェ「SOBACafeさらざん 京北店」を紹介します。

こちらでは「月に1回しか売られない」という幻のお菓子「そばの実アンダギー」というスイーツがあるのです。

2010年9月9日に「烏丸五条店」がオープンし、ガレットと蕎麦のスイーツを出すカフェとしてスタートしました。そのケーキ製造をしていたのが京北の「工房さらざん」で、そこが週に1度だけ「水曜日にカフェ営業」するのです。

毎月第一水曜日にのみ販売される「そばの実アンダギー」

毎月第一水曜日にのみ販売される「そばの実アンダギー」

そして、そこには幻のお菓子「そばの実アンダギー」があります。

これは毎月第一水曜日にのみ販売される「そばの実」を使った沖縄の揚げ菓子です。

フランス語で「そば」のことを「サラザン(sarrasin)」と言い、郷土料理に蕎麦粉を使った「ガレット」という食べ物があります。

烏丸五条店」ではガレットもありますが、「京北店」ではケーキなどのスイーツが食べられるカフェになっています。

月に1度だけの「そばの実アンダギー」


お店は京北の中心部の古民家を使っています

お店は京北の中心部の古民家を使っています

お店は古民家をリノベした建物で、なかなかの風情があります。

むしろかなり古い部類で、1階の軒先をリノベしてお店になっています。

本来はケーキを作る工房なので、奥の工房がメインということもあり、カフェとして食べられるスペースはこじんまりしています。

そばの実アンダギーは1個70円です

そばの実アンダギーは1個70円です

入店するとカウンターとテーブルがあり、カウンターにはケーキなどが陳列されていました。

そして、そこには「月に1度だけ販売される」という・・・・

そばの実アンダギー

の姿もありました。

店内で食べることもできます

店内で食べることもできます

ということで、さっそく「そばの実アンダギー」1個だけを注文するのもこっぱずかしかったので、店内で「ガトー・サラザン」も一緒に食べることにしました。

テークアウトもできますが、ものによっては「クリーム・ジャム付き」のものがあるので、それは店内で食べる必要がありそうです。

そばシフォン(カット・クリーム付き)450円
ガトー・サラザン(カット・クリーム付き)450円
そばフィナンシェ 220円
そばマドレーヌ 280円
そばフルーツケーキ 280円

そばの実がたくさん付いてます

そばの実がたくさん付いてます

アンダギーは軽い甘みの揚げたケーキです。

それに「そばの実」がふんだんに付いていました。

実はそんなに固いものではないので、軽くパリポリする程度です。

そばの実は香ばしく、美味しいお菓子になっていました。

ガトー・サラザン(カット・クリーム付き)450円

ガトー・サラザン(カット・クリーム付き)450円

ガトー・サラザン、つまり「蕎麦粉で作ったケーキ」です。

こちらは密度の濃いしっとりしたケーキで、それにヨーグルト味のクリーム、さらに「自家製ルバーブジャム」を付けていただきます。

ルバーブジャムは酸味のある「西洋ふき」を使ったジャムで、ほどよい爽やかな酸味に砂糖の甘さを感じるジャムになっていました。

こちらも美味しいケーキで、特にジャムは食べたことのないものだったので存分に楽しめました。

ジャムも500円で販売されていました

ジャムも500円で販売されていました

SOBACafeさらざん 京北店


SOBACafeさらざん 京北店 外観

SOBACafeさらざん 京北店 外観

さて「SOBACafeさらざん 京北店」さんの場所ですが、国道477号沿いの京北中心部にあるお店です。

京都市内からだったら国道162号をまっすぐ北上して、「ウッディ京北」の交差点を左折し、京都銀行のある突き当りを左折するとすぐのところにあります。

もしくは、国道162号で「ウッディ京北」の手前のローソンの信号を左折しても分かりやすいです。

お店は2名ほどのカウンター、4名テーブルがひとつですが、洒落たお店になっていました。

ウッドデッキもあるので、外で食べることもできます。

京北店は週に1度、水曜日のみの営業なので、そこだけはご注意ください。

京都府京都市右京区京北周山町西丁田21−3
営業時間:11時~15時
定休日:水曜以外休み
URL:http://www.sarrasin-kyoto.com/

さらざん京北店 閉店


さらざん京北店さん、2018年6月12日に訪問したところ閉店されていました

さらざん京北店さん、2018年6月12日に訪問したところ閉店されていました

こちらの「さらざん京北店」さんなのですが、2018年6月12日に訪問したところ閉店されていました。

残念ではありますが、烏丸五条にもお店があるので、立地的にここまでカフェを食べに来る方が遠方から来られなかったのかもしれません。

せめて、駐車場でもあれば別なのかもしれませんが、今後は烏丸五条店に注力されていくとの貼り紙がありました。

簡単に言うと「世界平和のために頑張っていましたが閉店します」と書かれた貼り紙

簡単に言うと「世界平和のために頑張っていましたが閉店します」と書かれた貼り紙


京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。