茶菓 えん寿 @京都・太秦「日本茶・飲むわらび餅 カフェ」レビュー

今回の「京都案内」は太秦映画通商店街に新しくオープンした日本茶専門店「茶菓 えん寿」さんへ行ってきました。40種類もの茶葉を生産農家さんから取りそろえた本格的なお店で、また「飲むわらび餅」などの和菓子も老舗「老松」で修業されたものです。

日本茶・和菓子ともに本格的ですが、お店は入りやすいリーズナブルなカフェになっていました。

京都・太秦にある多数の日本茶が楽しめる店


たくさんの日本茶が楽しめる店が京都・太秦にあります

たくさんの日本茶が楽しめる店が京都・太秦にあります

今回の「京都案内」は、2017年8月9日に新店オープンしたばかりの日本茶専門の茶房「茶菓 えん寿」さんを紹介します。

日本茶と和菓子のカフェで、日本茶は産地・製法による違いを楽しめるように多数の契約農家さんから茶葉を取り寄せている日本茶の専門店です。

また、和菓子はオーナー様が上七軒の老舗和菓子店「老松」さんで修業された方で、季節の和菓子を用意されていました。

実際に「茶菓 えん寿」さんで「本わらび餅」と「日本茶」をいただいてきましたので実食レビューしたいと思います。

本わらび餅 実食レビュー


本わらび餅(日本茶付) 700円

本わらび餅(日本茶付) 700円

本わらび餅は鹿児島県と宮崎県の県境に自生するわらびを使った「本わらび餅」のことです。

純度の高い「本わらび餅」で、本物らしい濃い緑色のものになっていました。

甘味は結構あり、それに合わせたサッパリ系の日本茶(本日は滋賀県政所の茶葉)がセットになっています。

また「飲むわらび餅」というメニューもあり、そちらは「黒糖をまぶした自家製わらび餅に牛乳とほうじ茶シロップ」をかけて食べるというわらび餅です。テイクアウトで飲み歩きできるようになっており、値段は450円。味は「お抹茶、ほうじ茶、いちご」とバリエーションがあります。

黒蜜を使わなくても十分甘味がありました

黒蜜を使わなくても十分甘味がありました

煎茶・釜炒り茶 450円~
玉露 550円~
抹茶(主菓子付) 1000円
本わらび餅(日本茶付) 700円

付いていた日本茶はサッパリ系で「香りの良い」滋賀県・政所で生産されたものを温度・時間をきちんと管理して出されていました。

そのため、美味しく飲みやすい日本茶です。

どこの生産地なのかなど、提供される時にお店の方が教えてくれます。

店内は4人カウンター、奥に大人数対応のテーブル、二名テーブルがひとつ

店内は4人カウンター、奥に大人数対応のテーブル、二名テーブルがひとつ

店内は白を基調に、木目のカウンターと気軽に入れるカジュアルな日本茶専門店となっています。

堅苦しい雰囲気一切ないので、色々な日本茶を飲んでみたいというカジュアル層に向いていると言えますが、取り揃えは40種類ほどあり本格的な日本茶専門店とも言えます。

和菓子も老舗「老松」さんで修業されたということで、日本茶に合う和菓子を季節で選んで作られているとのことです。

和菓子のテイクアウトもあります


和菓子のテイクアウトやお茶の購入も可能です

和菓子のテイクアウトやお茶の購入も可能です

和菓子や日本茶は購入することもできます。

日本茶も1回分を1パックで販売しており、色々なお茶を少しずつというコンセプトで女子ウケしそうな商品構成です。

和菓子は350円~、日本茶も150円~450円程度とリーズナブルになっていました。

日本茶の小分けパックがたくさんありました

日本茶の小分けパックがたくさんありました

茶菓 えん寿 基本情報


茶菓 えん寿 外観

茶菓 えん寿 外観

さて、今回紹介した「茶菓 えん寿」さんの場所ですが、京福北野線「帷子ノ辻駅(かたびらのつじ)」から徒歩2分程度の「京都太秦映画通商店街」にあります。

入りやすい雰囲気のお店で、平日の朝11時前にも関わらず、若い男性とおば様方でにぎわっていました。

訪問時は意外と若い男性率が高かったと思います。

オーナー様も若い男性で、気さくに話せる方なので、面白いお店でした。

この「茶菓 えん寿」さんですが、公式サイトからおとりよせ(通販)もできるようになっています。「飲むわらび餅」も5食セットで2980円(送料別)で販売されていました。

〒616-8167 京都府京都市右京区太秦多藪町14−93(地図
営業時間:10時~17時
定休日:木曜日
公式Instagram:https://www.instagram.com/chakaenjyu/
公式通販:https://chakaenjyu.base.shop/


京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



ニューオープン

主に関西の新規・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。