楽平家cafe (京都カフェ・丹波口)

京都市下京区朱雀分木町のコーヒーとスイーツがあるカフェ「楽平家cafe」実食レビューです。2020年11月12日に開業した新店で京町家をまるごとカフェにしていて快適。座敷もあり小さな子供連れの方も安心です。

2020年11月12日開業「楽平家cafe」

2020年11月12日開業「楽平家cafe」

2020年11月12日に京都市下京区朱雀分木町でカフェ「楽平家cafe」が新店オープンしました。

昭和10年築の立派な京町家をまるごと古民家カフェにしていて、リノベーションされた洋室や和室でゆったりと快適に過ごすことができるお店です。

コーヒー・紅茶の値段は380円なので気楽に立ち寄れます。

今回はこの「楽平家cafe」がどんなお店でどんなメニューがあるのかを実食レビューします。

楽平家cafe(店内写真、洋間)

楽平家cafe(店内写真、洋間)

場所は京都中央卸売市場へ入る西側入口の南角で七本松通沿いにあります。

住所でいえば「〒600-8847 京都府京都市下京区朱雀分木町52−2」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場はありませんがお店のある交差点を西に入るとコインパーキングがありました。自家用車の方は近隣で探してみてください。

バイク・自転車はちょっと遠いですが、自転車は梅小路京都西駅のセブンイレブン左側に有料駐輪場があります。バイク駐輪場はそこから道を挟んで南側にある梅小路公園に有料駐輪場があります。

楽平家cafe(店内写真、和室)

楽平家cafe(店内写真、和室)

お店は古民家が好きな女性がオーナーで店主もされていました。

入口に手指消毒液と注文カウンターがあるので、そこで注文と会計を先に済ませるようになっていました。

広い京町家をまるごとカフェにしているのは、お客さんが密にならないようにという配慮であり、落ち着いた雰囲気の中で過ごしてもらいたいからなのだそうです。

ちなみに入店してすぐ下に防空壕跡を見ることができます。こういった建物の歴史もちゃんと残しておきたいというオーナーさんの思いで残したそうです。

奥に長い京町家で坪庭・奥庭がありました

奥に長い京町家で坪庭・奥庭がありました

とても立派な京町家で奥に長いお店です。

途中には坪庭・奥庭もあって癒しの空間にもなっています。

お手洗いのところにマジョリカタイルがあったりして古民家カフェらしい雰囲気です(さらさ西陣のマジョリカタイルと同じ柄でした)。

台所もある和室では料理教室もできます

台所もある和室では料理教室もできます

最初の和室の奥には台所のある和室がありました。

台所があるのでお料理教室などもできて、テーブルで食べられるようにしたお部屋なんだそうです。

一番奥には奥庭がみられるお座敷

一番奥には奥庭がみられるお座敷

一番奥には奥庭がみられるお座敷があってお子様連れの方なども来られるようにしてありました。

メニューはドリンクとお菓子くらいなのですが、フード持ち込み自由でドリンクと一緒に食べるのもOKとなっていました。

オーナーさんはお客さんにゆっくりと過ごしてもらいたいそうで、パソコン持ち込みで作業するなども歓迎だそうです(Wi-Fiはなさそうでしたが未確認です)。

和室のテーブルでコーヒー(380円)

和室のテーブルでコーヒー(380円)

優しいオーナーさんだし、和室でゆったり過ごせるし、広いし、コーヒーも380円とリーズナブルなカフェだと思います。

昭和10年築の歴史ある京町家も案内してくださって楽しい時間を過ごすことができました

お薦めなカフェなので、ぜひ行ってみてください。

ブレンド珈琲 クラシック(380円)
ブレンド珈琲 レディー(380円)
紅茶(380円)
ミルク(350円)
カフェオーレ(420円)
ラペイエ(ミャンマーのチャイ、420円)
ハーブティー(420円)
アイスコーヒー(380円)
アイスティー(380円)
アイスオーレ(420円)
アイスミルク(350円)
オレンジジュース(350円)
カルピス(350円)
カルピスミルク(350円)
カルピスソーダ(380円)
メロンソーダ(380円)
クリームソーダ(450円)
珈琲フロート(450円)
ビール(500円)
アイスクリーム(500円)
トリュフセット(500円)
親子セット(500円)
楽平家cafe (京都カフェ・丹波口)

楽平家cafe (京都カフェ・丹波口)

年末は2020年12月26日(土曜日)~2021年1月3日(日曜日)までお休みになっています。

ジャンル「カフェ」
食事予算「350円~500円」
営業時間「10時~16時」
定休日「水曜日(不定休あり)」
駐車場・駐輪場「なし」
住所「〒600-8847 京都府京都市下京区朱雀分木町52−2」
地図こちらをクリック(Google Maps)」

京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。