2020年10月24日オープン AMURINO-EN 嵯峨嵐山店

京都市右京区、JR嵯峨嵐山駅の北東で丸太町通沿いに薬膳カフェAMURINO-EN 嵯峨嵐山店」が2020年10月24日に新店オープンしています。島根県出雲市に本店があり、生活薬草研究会が無農薬栽培する高麗人参などの薬草をふんだんに使ったドリンクやフードを提供しているカフェです。

2020年10月24日オープン Amurino-en 嵯峨嵐山店


2020年10月24日オープン Amurino-en 嵯峨嵐山店

2020年10月24日オープン Amurino-en 嵯峨嵐山店

京都市右京区のJR嵯峨嵐山駅から徒歩5分ほどのところに、薬膳カフェ「AMURINO-EN 嵯峨嵐山店」が2020年10月24日に新店オープンしました。

24日7時からプレ、25日7時からグランドオープンのお店です。

本店は島根県出雲市の出雲大社前にあり、生活薬草研究会が無農薬栽培する高麗人参などの薬草をふんだんに使ったドリンクやフードを提供しています。

無農薬高麗人参にこだわったカフェです

無農薬高麗人参にこだわったカフェです

いわゆる薬膳の部類にはなりますが、よくある薬膳料理のような漢方臭さはありません

食べやすい薬膳のドリンクやフードで、身体に優しく、それでいて食べやすいお店だなと思いました。

こだわっているのは無農薬栽培の高麗人参

それに発酵にもこだわったお店です。

陰陽五行をテーマにしたメニューもありますが、立ち寄りやすい雰囲気の「薬膳フードカフェ」になっていました。

店内の様子は?(新型コロナ対策など)


テーブルとカウンター構成、広々しています

テーブルとカウンター構成、広々しています

お店は一見するとフードコートの雰囲気です。

4名~6名のテーブルがあり、丸太町通沿いにはカウンター席がありました。

注文はテーブルで行います。

窓が多く、明るい店内になっていました。

このお店のメニューは?


朝7時から営業、薬膳モーニングもあります

朝7時から営業、薬膳モーニングもあります

朝7時から営業していて10時までは薬膳モーニングがありまました。

訪問したのは9時過ぎ頃だったのでモーニングも食べられたのですが、他のメニューも朝から食べられるとのことなのでそちらを食べてみることにしました。

メニューは自社農園で栽培した無農薬食材(高麗人参、甘草、エゴマ)などで作る薬膳スープをベースにしたものが多く、東洋医学の中心となる思想「陰陽五行」の考えで作られたものになっています。

陰陽五行の説明

陰陽五行の説明

陰陽というのは「=体から熱を奪い冷やす食べ物」と「=体に熱を与え温める食べ物」という考え方です。

それを五行(春・夏・晩夏・秋・冬)にわけ、自立神経の病気に良いもの()、血液循環や脳神経系の病気に良いもの()、免疫系の病気に良いもの(晩夏)、リンパ系の病気に良いもの()、内分泌系の病気に良いもの()に分けてあります。

五行は「相生」と「相克」で結ばれており、相生は一緒に食べると作用を増強させるもの、相克は一緒に食べると作用を抑制してバランスを取り合うと考えられています。

陰陽五行説の考えは「季節の旬のものを、食材によって異なる自然との調和の力を考えて調理して食べる」という思想です。

この思想を取り入れた薬膳メニューを提供しているのが「AMURINO-EN 嵯峨嵐山店」です。

メニュー


陰陽五行のお粥

陰陽五行のお粥

メニューを見ているとものすごく真面目に薬膳メニューを開発しているなと感じました。

自社農園での無農薬栽培から始めているくらいなのでガチなのですが、メニューも陰陽五行を取り入れて、かつ彩りなども考えたメニューになっていました。

薬膳カレー(1200円)

薬膳カレー(1200円)

陰陽五行サラダ(800円)
陰陽五行スープ(800円)
陰陽五行のお粥(1500円)
陰陽五行のドリンク(650円)
薬膳カレー(1200円)
参豆湯ラーメン(1200円)サンドゥータン
参鶏湯ラーメン(1200円)サムゲタン
参鳥湯(3800円)サムゲタン
烏骨鶏湯(8000円)要予約
大豆ミートの薬膳唐揚げ(600円)
薬膳焼きカレーパン(300円)
自家製米粉パン(250円~)
自家製ぬか漬け(350円)
抹茶と薬膳三色団子(600円)
薬膳抹茶ぜんざい(800円)
オーガニックアイスクリーム(600円)
オーガニック珈琲(400円)
オーガニック玄米珈琲(400円)
出雲Ginsengはちみつ珈琲(500円)
オーガニック・りんごジュース(400円)
薬膳酵素ドリンク(650円)
薬膳ビネガー(650円)
出雲Ginseng&梅ジュース(650円)
ナツメ&生生姜(650円)
ゆず&生生姜(650円)
美肌スムージー(650円)

参鶏湯ラーメン(1200円)


参鶏湯ラーメン(1200円)

参鶏湯ラーメン(1200円)

今回は「参鶏湯ラーメン(1200円)」を食べてみました。

ラーメンがあって、ひとつは「薬膳スープ」をベースにしたもの、もうひとつがこの「韓国伝統製法の参鶏湯(サムゲタン)」を使ったラーメンです。

参鶏湯ラーメンには「高麗人参、ナツメ、ファンギ」などの多くの薬膳食材が入っています(鶏肉も入っていました)。

漢方食材をたくさん使っていますが漢方臭さはないです

漢方食材をたくさん使っていますが漢方臭さはないです

スープはサッパリしていますが、薬膳食材と鶏肉が入っているのと、漢方臭さはないので食べやすいです。

麺はもうちょっと良いものだと嬉しいかも。

味変用に「薬膳酢(梅風味)」が付いてくるので、それを入れると良い味わいになりました。

自家製ぬか漬け(350円)


自家製ぬか漬け(350円)

自家製ぬか漬け(350円)

先ほどのラーメンに「自家製ぬか漬け」が付くみたいですが、知らないで単品で「自家製ぬか漬け(350円)」を注文しました。

発酵はしていますが、ぬか臭さはほぼなく、塩気も少なめのぬか漬けです。

薄味なのでそのまま食べるのが良いですね。

薬膳酵素ドリンク(650円)


薬膳酵素ドリンク(650円)

薬膳酵素ドリンク(650円)

こちらの「薬膳酵素ドリンク(650円)」はぜひ飲んでもらいたいですね。

高麗人参などを使った酵素ドリンクをソーダ割りにしたもので、ほんのりビネガーの風味もします。

こちらも薬膳臭さはないので美味しく飲めました。

ちなみに、今はプレオープンだからか合計2200円が半額サービスになっていました。

このお店への行き方や営業時間は?


AMURINO-EN 嵯峨嵐山店(店舗外観写真)

AMURINO-EN 嵯峨嵐山店(店舗外観写真)

こん「AMURINO-EN 嵯峨嵐山店」さんですが、内容はとても素晴らしいカフェです。

考え方、食材、メニュー構成など本気度が高いなと思いました。

場所は丸太町通沿いで、JR嵯峨嵐山駅から見て北東です。駅からだと杜甫5分くらいかと。

営業時間は「7時~14時」です。

定休日は「水曜日、木曜日(祝日は営業)」となっていました。

敷地はヤクルトの販売所と一緒でレンタル着物のお店に併設で駐車場完備なので自家用車で行っても問題ありませんでした。

〒616-8355 京都府京都市右京区嵯峨新宮町49(地図
営業時間:7時~14時
定休日:水曜日、木曜日(祝日は営業)
公式:https://twitter.com/AmurinoEn


カフェ

京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



京都ラーメン

関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



ニューオープン

主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。