喫茶 mag (マグ)@京都・木屋町にある「超隠れ家の路地裏カフェ」レビュー

京都・木屋町のど真ん中にある超隠れ家の路地裏カフェ「喫茶 mag (マグ)」さんへ行って来ました。木屋町から西木屋町へ抜ける図子の途中にあるカフェで、隣りには大豊ラーメンさんがあるあの細い通りです。そこに木と和室のぬくもりのあるカフェ「mag (マグ)」さんがあります。

京都・木屋町にある「超隠れ家の路地裏カフェ」


京都・木屋町にある超隠れ家な路地裏カフェ「mag (マグ)」

京都・木屋町にある超隠れ家な路地裏カフェ「mag (マグ)」

京都には細い路地がたくさんあります。

それは京都市内全域に、それも数えられないほど路地の数があります。

そういった路地には2種類あって、ひとつが「路地(ろぉじ)」で、もうひとつが「図子(ずし)」と呼ばれて来ました。

路地は行き止まり、図子は突き抜けた細い道のことなのですが、木屋町から西木屋町に抜ける図子に、一軒の隠れ家のような路地裏カフェが存在していました。

木屋町から西木屋町に抜ける路地の途中にカフェがある(mag)

木屋町から西木屋町に抜ける路地の途中にカフェがある(mag)

見た感じはカフェらしくない、シャレた割烹のような入口ではありますが、このカフェ「mag (マグ)」さんは、もう何年もこの路地裏で隠れて営業しています。

店頭には「mag (マグ)」とだけ書かれ、小さい黒板にはコーヒーやケーキと申し訳程度で書かれているだけです。

今回はそんなカフェ「mag (マグ)」さんで、コーヒーとチーズケーキをいただいてきたので実食レビューしたいと思います。

オープンしたのはだいぶ前です(mag)

オープンしたのはだいぶ前です(mag)

このお店の雰囲気は?


mag (マグ)の客席は2階にありオープンテラスになっています

mag (マグ)の客席は2階にありオープンテラスになっています

mag (マグ)に入ると、厨房のある一階にいた女将が出迎えて、二階の客席に案内してくれました。

やや急な階段を登ると、オープンテラスがあり、そこから木屋町通と西木屋町通にある建物を見ることができるようになっていました。

といっても、隣は駐車場なので高瀬川を眺めながらというわけではありませんが、なんとなく解放感のあるオープンテラスに陣取ることにしました。

客席は白木のテーブルで木のぬくもりを感じる

客席は白木のテーブルで木のぬくもりを感じる

2階の部屋も1階も、和室に白木の家具が置いてあります。

カフェですが、中は和室をカフェっぽく仕上げたお店になっているのが特徴的です。

和室のぬくもりのある店内

和室のぬくもりのある店内

木屋町のど真ん中にある超隠れ家の路地裏カフェ「mag (マグ)」さん。

素敵な雰囲気のお店ですが、なぜかこれまであまり話題になっていません・・・・

表通りの看板にも店名だけ書かれ、ひっそりと営業しているのが「mag (マグ)」なのです。

このお店のメニューは?


オープンテラスで「チーズケーキとコーヒー」を注文

オープンテラスで「チーズケーキとコーヒー」を注文

メニューはそんなにあるわけではありません。

コーヒーはドリップで500円から

コーヒーはドリップで500円から

エスプレッソやアメリカーノにカフェラテもありました

エスプレッソやアメリカーノにカフェラテもありました

基本は「ドリップコーヒー(500円から)」があり、エスプレッソやアメリカーノにカフェラテとよくある内容です。

ジュースや紅茶もあります

ジュースや紅茶もあります

それにジュースや紅茶があって、値段はほとんど600円程度です。

チーズケーキが人気みたい

チーズケーキが人気みたい

ケーキやパンもあり、自家製チーズケーキが看板商品になっています。

しっかりとした固さのチーズケーキです

しっかりとした固さのチーズケーキです

チーズケーキがとても美味しく、人気で売り切れることもあるそうです。

しっかりとした固さのあるチーズケーキで、舌触りは滑らか、スッパ甘いチーズケーキにアイスクリームを付けて食べるのが「mag (マグ)」スタイルです。

「ウィークエンダーズコーヒー」の焙煎豆で淹れたコーヒー

「ウィークエンダーズコーヒー」の焙煎豆で淹れたコーヒー

コーヒーは「ウィークエンダーズコーヒー」の焙煎豆をハンドドリップで。

スッキリとした苦みで軽い口当たり、独特の酸味を感じる特徴的なコーヒーで、飲んですぐどこの焙煎か分かりました。

木屋町は外国人観光客もいなくて静かです

木屋町は外国人観光客もいなくて静かです

久しぶりに外でのんびりゆっくりとコーヒーを楽しみました。

京都、特に観光地である木屋町や祇園は新型コロナの影響で外国人観光客もまったくいませんが、もしコロナがなくて混雑していたとしても、京都・木屋町にある超隠れ家の路地裏カフェ「mag (マグ)」さんだけは静かに営業しているのかもしれません。

このお店への行き方や営業時間は?


木屋町の路地入って大豊ラーメンの隣です

木屋町の路地入って大豊ラーメンの隣です

では、京都・木屋町にある超隠れ家の路地裏カフェ「mag (マグ)」さんはどこにあるお店なのでしょうか?

場所は木屋町の路地入って大豊ラーメンの隣です。

ケーキなどはテークアウトも可能です。

営業時間は「11時~20時」ですが、このご時世なので早めに行ったほうが良いかもしれません。

〒604-8016 京都府京都市中京区下樵木町191−3
営業時間:11時~20時(通常時)
定休日:火曜日、第三水曜日
公式Instagram:https://www.instagram.com/mag.coffee.cake/

評判(口コミ)


カフェ

京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。