2019年7月7日オープン Pendulum (ペンデュラム、京都小川通三条上ル、カフェ雑貨新店)

京都の烏丸御池から二条城へと向かう途中に、アンティーク雑貨とカフェのお店「Pendulum (ペンデュラム)」さんが新店オープンです。開業日は2019年7月7日、サイレントオープンでまだまだ知られていな隠れ家カフェです。とても落ち着いた雰囲気だし、スコーンもコーヒーも美味しいので気に入りました。

2019年7月7日オープン Pendulum (ペンデュラム)


京都・小川通三条上ルにある雑貨カフェ Pendulum (ペンデュラム)

京都・小川通三条上ルにある雑貨カフェ

今回の「京都カフェブログ」は、京都の小川通三条上ルで2019年7月7日にサイレントオープンした雑貨店とカフェのお店「Pendulum (ペンデュラム)」さんの紹介です。

なかなかマニアックな場所にあり、告知などもほとんどされていないので、まだまだ知られていない・・・・

知る人ぞ知るカフェ

です。

お店の名前は Pendulum (ペンデュラム)

お店の名前は Pendulum (ペンデュラム)

アンティークな雑貨が並びますがカフェにもなっています

アンティークな雑貨が並びますがカフェにもなっています

雑貨店に併設されているカフェで、店内はアンティークな雑貨が並ぶ、とても落ち着いた雰囲気のカフェになっていました。

とても落ち着いた雰囲気のアンティークなカフェ

とても落ち着いた雰囲気のアンティークなカフェ

窓際のカウンターや奥にテーブル席があります

窓際のカウンターや奥にテーブル席があります

コーヒーや紅茶自家製のスコーンやシフォンなどの焼き菓子もあって、コーヒーもスコーンも美味しいのにお値段は気軽なところが良いカフェさんです。

今回は、こちらで自家製のスコーンセット(500円)とアイスコーヒーをいただいてきたのでレビューしたいと思います。

自家製のスコーンセットとアイスコーヒー 実食レビュー


アイスコーヒー、アンティークなグラスがセンスの良さを感じます

アイスコーヒー、アンティークなグラスがセンスの良さを感じます

このPendulum (ペンデュラム)さん、雑貨店ということもあり、とてもセンスの良いカフェになっています。

古臭さのある木のカウンターに、アンティークなグラスで飲むアイスコーヒーはシャープな味わいの「ナチュラル・ドライ・オン・ツリー」という樹の上で完全乾燥させるという珍しい生産方法のコーヒー豆です。

スッキリとした味わいですが、苦味もあり、ミルクと砂糖なしのアイスコーヒーでもほのかに甘みを感じる美味しいコーヒーです。

ブラックでいけるアイスコーヒーで自家製スコーンをいただきます!

ブラックでいけるアイスコーヒーで自家製スコーンをいただきます!

コーヒー豆は大阪府大阪狭山市の焙煎工房「焙煎香房シマノ」さんのもの、それにPendulum (ペンデュラム)自家製スコーンを一緒にいただきました。

スコーンも温めてあって、ほんのりシットリしつつもホロッとした甘さ控えめで小麦の風味の良いもので、かなりの美味です。

スコーンは「ブルーベリー、くるみプルーン」を選びました。

スコーンは「ブルーベリー、くるみプルーン」を選びました。

スコーンは日によって変わると思いますが、当日は4種類「ブルーベリーマシュマロホワイトチョコチョコくるみプルーン」から2種類をチョイスしました。

甘さは控えめですが、ホイップクリームにジャムも付いてくるので、それで好みの甘さにして食べることができます。

アンティーク雑貨を眺めながらコーヒーをいただきました

アンティーク雑貨を眺めながらコーヒーをいただきました

スコーンもコーヒーも美味しいし、アンティーク雑貨が並び、落ち着いた雰囲気のカフェでとても気に入りました。

観光客もいないし、また遊びに行きたいお店です。

メニューと値段(Pendulum)


ドリンクはコーヒーに紅茶など、400円からでリーズナブルです

ドリンクはコーヒーに紅茶など、400円からでリーズナブルです

では、Pendulum (ペンデュラム)さんのメニューと値段についてです。

ドリンクはコーヒーに紅茶などがあって、値段も400円からでリーズナブルだと思います。

スコーンも2個でホイップクリームとジャムが付いて500円なのでお得です。

コーヒー 400円(ホット、アイス)
カフェ・オーレ 500円
キャラメルオーレ 500円
紅茶各種 400円~500円
ソーダ各種 500円
ミルク 400円
ココア 500円
ジュース(マンゴー、オレンジ)450円
本日のスコーン 500円(4種類から2個選択)
本日のケーキ 500円(シフォンやチーズケーキから選択)
珈琲ぜんざい 650円
自家製スコーン(500円)はぜひ食べていただきたいです

自家製スコーン(500円)はぜひ食べていただきたいです

Pendulum (ペンデュラム)営業時間とアクセス方法


かなりマニアックな場所にあります「Pendulum (ペンデュラム)」

かなりマニアックな場所にあります「Pendulum (ペンデュラム)」

この「Pendulum (ペンデュラム)」さんですが、京都の中心部ではあるものの、かなりマニアックな場所にあります。

京都の方向けにいうと「小川通三条上ル」で、住所でいえば「京都府京都市中京区西堂町505−3」です。

すぐ近くには有名なカフェ「雪ノ下 京都本店」さんがありますが、そこから少し東の一筋目を北に上がったところになります。

営業時間は「11時~18時」ですが、定休日は不定休で、お休みなどは公式Instagramで告知されていないので運が必要な時もあります。

京都府京都市中京区西堂町小川通姉小路下る508
営業時間:11時~18時
定休日:不定休
公式Instagram:https://www.instagram.com/pendulum_studio/

※地図に登録しておきました。


カフェ

京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



ニューオープン

主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。