【閉店】2019年6月21日新店オープン d:matcha Kyoto Cafe & Picnic(河原町今出川)

今回の「京都カフェ案内」は、2019年6月21日に新店オープンした「d:matcha Kyoto Cafe & Picnic」さんの紹介です。こちら出町柳にお店があるのですが、本店は宇治茶の産地である和束町の「d:matcha Kyoto CAFE&KITCHEN」京都市内1号店(河原町今出川店)なんです。

最新情報:こちらの店舗は2020年4月時点で閉店しています。

d:matcha Kyoto Cafe & Picnic 2019年6月21日新店オープン


和束町のお茶が京都市内で気軽に楽しめ「d:matcha Kyoto 河原町今出川店」が新店オープン

和束町のお茶が京都市内で気軽に楽しめ「d:matcha Kyoto 河原町今出川店」が新店オープン

2019年6月21日、京都の河原町今出川で新しいカフェが新店オープンです。

お店の名前は「d:matcha Kyoto Cafe & Picnic

あの和束町にある日本茶カフェ「d:matcha Kyoto CAFE&KITCHEN」の京都市内1号店(出町柳店)なんです。

和束の茶畑で日本茶を育てている方がお茶を淹れてくれるのが「d:matcha Kyoto 出町柳店」

和束の茶畑で日本茶を育てている方がお茶を淹れてくれるのが「d:matcha Kyoto 出町柳店」

こちらは和束町にある日本茶カフェ「d:matcha Kyoto CAFE&KITCHEN」

こちらは和束町にある日本茶カフェ「d:matcha Kyoto CAFE&KITCHEN」

和束町の本店もそうですが、今回オープンした出町柳店も、実際に和束町の茶畑で普段からお茶を育てている方が通っており、自ら生産した日本茶を煎れてもらえるカフェです。

そのため、当然ですが「どのお茶はどんな味」なのか、どういう状態で煎れれば美味しいのかを知り尽くした方がお店をされているので、安心して入れるお店が「d:matcha Kyoto Cafe & Picnic」さんというカフェなのです。

今回はそんな「d:matcha Kyoto Cafe & Picnic」さんで日本茶やスイーツなどをいただいてきましたので実食レビューしたいと思います。

d:matcha Kyoto Cafe & Picnic で日本茶をいただいてきました!


2019年6月21日にプレオープンした「d:matcha Kyoto 出町柳店」

2019年6月21日にプレオープンした「d:matcha Kyoto 出町柳店」

ということで、2019年6月21日にプレオープンした「d:matcha Kyoto Cafe & Picnic」さんへ訪問してきました。

グランドオープンは7月1日、それまではプレ営業で試験運用しつつ足りない部分などを補っていかれるそうです。

店内には和束町で生産された日本茶も並んでおり、購入して帰ることもできます。

和束町で生産された日本茶がズラリと並んでいます(d:matcha Kyoto 出町柳店)

和束町で生産された日本茶がズラリと並んでいます(d:matcha Kyoto 出町柳店)

お店にいる方が生産者としてパッケージ写真になっています(d:matcha Kyoto 出町柳店)

お店にいる方が生産者としてパッケージ写真になっています(d:matcha Kyoto 出町柳店)

和束茶というのはいわゆる「宇治茶」のことです。

今の宇治茶の多くが、この和束町で生産された茶葉で、京都を代表するお茶の産地です。

800年の歴史がある生産地ですが、名前を聞くようになったのは最近のことです。

和束町の茶畑、宇治茶の生産地として800年の歴史があります

和束町の茶畑、宇治茶の生産地として800年の歴史があります

広大な茶畑が延々と続く和束の町並み

広大な茶畑が延々と続く和束の町並み

白栖(しらす)
石寺(いしてら)
釜塚(かまつか)
撰原(えりはら)
原山(はらやま)※鎌倉時代に始めてお茶の木を植えた産地
湯船(ゆぶね)

和束茶の産地は主に6つあり、その土地により土も変わるので、味も香りも異なる茶葉となります。

その違いを飲み比べることができるのが「d:matcha Kyoto Cafe & Picnic」さんで、産地ごとのお茶がメニューに書かれていました。

和束の各地でとれた日本茶(やぶきた)

和束の各地でとれた日本茶(やぶきた)

品種は、日本茶の代表品種「やぶきた」です。

実際に日本茶の75%はこの「やぶきた」を使って作られています。

今回は「湯船(ゆぶね)」と「原山(はらやま)」の日本茶を二煎目までいただいてきました!

湯船(ゆぶね)のやぶきた


湯船(ゆぶね)のやぶきた、サッパリとシャープな味わいです

湯船(ゆぶね)のやぶきた、サッパリとシャープな味わいです

こちらが「湯船(ゆぶね)のやぶきた」です。

サッパリとシャープな味わいの日本茶で、完全無農薬の特定茶畑で生産されたシングルオリジンの日本茶です。

茶葉は新茶の中でも柔らかく弾力性の強い「ミル芽」を使っており、湯船の柔らかい土質と同じ柔らかいながらも香りのシャープなサッパリとした日本茶となっています。

個人的には、こういうスッキリ系の日本茶大好きです。

一煎目はぬるめで、二煎目は少し熱めでいただきます

一煎目はぬるめで、二煎目は少し熱めでいただきます

お茶は一煎目はぬるめで、二煎目は少し熱めでいただきました。

三煎目(熱湯)も勧められましたが、私はだいたい二煎目まで飲むことが多いので二煎目で終わりましたが、好みによって三煎目までいただくのも良いでしょう

原山(はらやま)のやぶきた


原山(はらやま)のやぶきた、香りが芳醇な日本茶です

原山(はらやま)のやぶきた、香りが芳醇な日本茶です

こちらは「原山(はらやま)のやぶきた」です。

芳醇な香りの茶葉で、和束町でも一番歴史の古い産地です。

その歴史は鎌倉時代に始まり。この原山がお茶の木を植えた最初の地だと言われています。

こちらも完全無農薬の特定茶畑で生産されたシングルオリジンの日本茶です。

浮かんでいるのは茶葉の産毛です

浮かんでいるのは茶葉の産毛です

新鮮で上質なお茶には表面に光るものが浮かんでいます。

これは茶葉の産毛で、これが浮かんでいるというのはそのお茶が良いものだと証明するものです。

先ほどの「湯船」の茶にも、この「原山」の茶にもこの産毛が浮かんでいました。

新茶であることの証ですね。

宇治茶で作ったクッキー 茶の雪


こちらはお茶菓子の「茶の雪」でスノーボールクッキーです

こちらはお茶菓子の「茶の雪」でスノーボールクッキーです

お茶菓子は宇治茶で作ったスノーボールクッキー「茶の雪」をいただきました。

これがまたホロホロとした柔らかいシットリ系クッキーで「d:matcha Kyoto」さんでも人気の商品です。

8個入り650円で店頭販売中です

8個入り650円で店頭販売中です

こちらは8個入り650円で店頭販売中です。

種類は「抹茶ほうじ茶ゆず」の3種類がありました。

抹茶のティラミスアイスもありました


抹茶のティラミスアイス(450円)

抹茶のティラミスアイス(450円)

実は、こちらは日本茶だけではなく「茶アイス」や「ティラミスアイス」もいただくことができます。

上の写真は「抹茶のティラミスアイス(450円)」で、上質な和束の抹茶パウダーが良い苦味に甘いティラミスがマッチしたアイスクリームです。

味はいろいろな種類があり「抹茶ほうじ茶ミックスベリー抹茶和紅茶」の4種類あり、各種1個450円となっています。

最中にのった茶アイス5種類食べ比べセット(1000円)もありますので、これから暑くなる季節にはちょうど良い商品となっていました。

d:matcha Kyoto Cafe & Picnic メニューと値段


メニューと値段(d:matcha Kyoto 出町柳店)

メニューと値段(d:matcha Kyoto 出町柳店)

では「d:matcha Kyoto Cafe & Picnic」さんのメニューと値段についてです。

ドリンクメニューは「日本茶+お菓子付き」で700円、抹茶ラテや和紅茶などもあります。

お薦めはもちろん、この「日本茶+お菓子付き」のものなので、好きなお茶を選んで注文してみてください(分からない場合は店員さんに相談を!)。

お茶を使ったアイスもありました(d:matcha Kyoto 出町柳店)

お茶を使ったアイスもありました(d:matcha Kyoto 出町柳店)

日本茶+お菓子付き 700円
抹茶ラテ 500円
ほうじ茶ラテ 500円
水出し煎茶 300円
和紅茶 450円
生姜ほうじ茶 450円
5種のアイス食べ比べセット 1000円
抹茶アイス 400円
ほうじ茶アイス 400円
ティラミスアイスカップ 450円
煎茶3品飲み比べ体験 2000円
抹茶3品飲み比べ体験 2000円
石臼挽き体験 1000円
石臼挽き体験や食べ比べセットも豊富にありました(d:matcha Kyoto 出町柳店)

石臼挽き体験や食べ比べセットも豊富にありました(d:matcha Kyoto 出町柳店)

d:matcha Kyoto Cafe & Picnic 営業時間とアクセス方法


d:matcha Kyoto Cafe & Picnic、11時から営業しています

d:matcha Kyoto Cafe & Picnic、11時から営業しています

では「d:matcha Kyoto Cafe & Picnic」さんの営業時間や定休日についてです。

営業時間は「11時~17時」まで、定休日は「水曜日」となっています。

場所は出町柳の出町桝形商店街入口から少し北へ上がったところで「田辺宗」さんの建物に入っているテナントです。

出町柳駅から歩いて4分くらい、下鴨神社からも近い場所なので、ぜひ行ってみてください。

京都府京都市上京区青龍町河原町通今出川上る218
営業時間:11時~17時
定休日:水曜日
公式サイト:https://dmatcha.jp/


カフェ

京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



ニューオープン

主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。