J.S. BURGERS CAFE 京都店 @烏丸 2018年12月21日新店オープン

2018年12月21日に京都・烏丸で新店オープンしたカフェ「J.S. BURGERS CAFE 京都店」さんへ行って来ました。ハンバーガーのお店ですが、サンドイッチやホットドッグなどがあるカフェで、ランチ時にはドリンクとサラダバーが付いたセットで1000円程度です。

では「J.S. BURGERS CAFE 京都店」いったいどんなレストランなのでしょうか。

京都・烏丸で新店オープンしたカフェ「J.S. BURGERS CAFE 京都店」


2018年12月21日オープン「J.S.BURGERS CAFE」

2018年12月21日オープン「J.S.BURGERS CAFE」

今回の「京都カフェブログ」は、2018年12月21日に京都・烏丸で新店オープンしたカフェ「J.S.BURGERS CAFE」さんへ行って来ました。

近くの味噌ラーメン店へ行った12月初旬頃から工事をしていた大丸横のビルの一階で、前から気になっていたお店です。

ハンバーガーやホットドッグがメインのお店で、ランチにはドリンクにサラダバーが付いて1300円程度からハンバーガーのセットを食べることができます。

店内も広く快適、ハンバーガーやホットドックがメインのカフェです(J.S.BURGERS CAFE)

店内も広く快適、ハンバーガーやホットドックがメインのカフェです(J.S.BURGERS CAFE)

店内は広く、テーブル席が多く並んでいました。

オープン初日のオープン直後ではありましたが、さほど混んではいなかったので待つこともなく入店することができました。

ということで、今回はメイン商品のハンバーガーを食べてみましょう。

J.S. BURGERS CAFE 京都店 メニューと値段


メニューと値段(J.S. BURGERS CAFE)

メニューと値段(J.S. BURGERS CAFE)

前述のように「J.S. BURGERS CAFE」さんはハンバーガーとホットッドッグ、そしてサンドイッチがメインのカフェになっています。

喫茶利用というよりもランチで使うようなお店です。

ハンバーガーは、全粒粉のパンズに粗挽きビーフで胡椒の香りが効いたパティに野菜やソースがたっぷり入った「J.S. BURGERS」を筆頭に17種類のハンバーガーがありました。

一番安いハンバーガーで値段は920円、最も高いパティが3枚のもので1620円です。

ランチ時は、このハンバーガーを注文するだけで「サラダバー+ソフトドリンク」のセットになるので、安いものではありませんが食べても良いかなという値段設定になっています。

・ハンバーガー 920円~1620円
・サンドイッチ 880円~1280円
・ホットドッグ 750円~880円

J.S. BURGERS CAFE 京都店 限定メニュー「丹波黒どりチキンバーガー」


京都店限定「丹波黒どりチキンバーガー(1480円)」

京都店限定「丹波黒どりチキンバーガー(1480円)」

この「J.S. BURGERS CAFE」ですが、東京に店舗が多くあって、関西では大阪や神戸にもあります。

今回紹介する「J.S. BURGERS CAFE 京都店」は京都初出店の店で、店舗限定メニューが京都食材を使ったハンバーガー「丹波黒どりチキンバーガー」がありました。

食材は「丹波黒地鶏石野味噌黒七味(原了郭)丹波しめじ九条ねぎ」と有名どころのものを多く使ったハンバーガーで、観光客の方なら京都の代表的な食材を一度に食べられるので需要がありそうなハンバーガーです。

J.S. BURGERS CAFE 京都店 ハンバーガー・ランチセット


ハンバーガー・ランチセット(1306円)

ハンバーガー・ランチセット(1306円)

今回はランチ時間に訪問したので、サラダバーとドリンクが付いた「ハンバーガー・ランチセット」を食べてみることにしました。

ハンバーガーは「J.S. BURGERS(1210円)」をチョイス、それに消費税込みで1306円です。

J.S. BURGERS、アボカドがたくさん入ってました

J.S. BURGERS、アボカドがたくさん入ってました

J.S. BURGERSはアボカドがたくさん入ったハンバーガーで、ビーフパティは胡椒のスパイス感のある美味しいものでした。

具材は「アボカドレッドチェダーパティ黒胡椒アイオリソースグリルオニオントマトレタスレリッシュ、マスタード」です。

パティは150gで食べごたえがあるもの、脂っこくないので食べやすいと思いました。

「グリルオニオン」は野菜炒めのような玉ねぎだったので、これはもっとフレッシュでも良いかなとは思いました。しかし、全体的に値段と内容に満足のいくハンバーガーだったと思います。

サラダバーなので好きなだけ食べることができます

サラダバーなので好きなだけ食べることができます

サラダは6種類ほどの野菜やビーンズがあり、それにドレッシングをかけて食べるようになっています。

野菜は彩りや鮮度は申し分なく、2回取りにいって全種類を食べてしまったほどです。

このサラダバーは結構お得感があり、食材にこだわって1000円前後でランチが食べられるのであれば申し分ないなと思いました。

J.S. BURGERS CAFE 京都店 営業時間と定休日


J.S. BURGERS CAFE 京都店、錦通沿いの大丸隣りです

J.S. BURGERS CAFE 京都店、錦通沿いの大丸隣りです

さて、今回紹介した「J.S. BURGERS CAFE 京都店」さんですが、錦通沿いの大丸隣りにあるカフェです。

営業時間は「11時~23時」と遅くまでの営業、定休日は「無休」となっていました。

この界隈、夜の錦市場は人の気配がないものの周囲は飲食店や飲み屋さんが多いので人通りはあります。そのため、23時まで(地下鉄終電ギリギリまで)の営業をされているのでしょう。

京都府京都市中京区西魚屋町619 リベルタス錦小路(MAP
営業時間:11時~23時
定休日:無休
公式サイト:http://burgers.journal-standard.jp/

J.S. BURGERS CAFE 京都店 アクセス方法

では「J.S. BURGERS CAFE 京都店」への行き方です。

地下鉄「烏丸駅」から徒歩3分くらいの場所で、錦通沿いになります。

大丸京都店の北口隣りといえば京都の方にはすぐ分かることでしょう。

四条通からなら、大丸の南口に入って店内をまっすぐ「北口」を出てすぐ左です。

駐車場はありませんが、有料駐車場が大丸にあるので、そちらを利用可能です。


京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



ニューオープン

主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。