西山こっぺ堂 @京都・長岡京市「大行列のコッペパンサンド」実食レビュー

西山こっぺ堂」(京都府長岡京市)さんが11月14日放送『ちゃちゃ入れマンデー』で紹介されます。「西山こっぺ堂」さんは、2017年4月5日に新店オープンしたばかりの「コッペパンサンド専門店」ですが、自家製コッペパンに、餡やバターの入ったスタンダードなコッペパンサンドから、ご飯としても食べられそうな「おかず系」具材が入った「コッペパンサンド」を販売しています。

では「西山こっぺ堂」さんとはどのようなお店なのでしょうか?

京都で注目される「西山こっぺ堂」へ行ってきました


西山こっぺ堂「だし巻たまご コッペパンサンド」

西山こっぺ堂「だし巻たまご コッペパンサンド」

11月14日放送『ちゃちゃ入れマンデー』で、京都府長岡京市にある「西山こっぺ堂」さんが紹介されます。

自家製コッペパンに、餡子やバター、チキンやシーフードなどを挟んだ「コッペパンサンド」を専門に販売しているお店です。

2017年4月5日に府道67号線沿い「調子八角」交差点に新店オープン

2017年4月5日に府道67号線沿い「調子八角」交差点に新店オープン

2017年4月5日に府道67号線沿いに新店オープンしたばかりですが、初日から行列ができるなどして雑誌やテレビなどでも注目されているお店です。

でも、なんでこんなに注目されるのでしょうか?

西山こっぺ堂 雑誌・メディアで注目される理由


西山こっぺ堂 店内の様子(撮影・掲載許可済)

西山こっぺ堂 店内の様子(撮影・掲載許可済)

西山こっぺ堂が雑誌・メディアで注目される理由。

それは、妥協のない商品構成が、多種多様な好みをもつ人たちに少しずつ受け入れられているからでしょう。

お店は小さいパン屋さんという感じですが、多くの「コッペパンサンド」が並んでおり、並んでいるもの以外でもメニューにあれば注文可能です。

おやつ系」と「おかず系」があり、一番人気は「だし巻」とのことでした。

・こしあん 170円
・こしあんバター 220円
・つぶあん 170円
・つぶあんバター 220円
・いちごジャム 180円
・ブルーベリージャム 180円
・マーマレード 180円
・カスタード 190円
・ピーナッツクリーム 190円
・焼きバナナ 190円
・チョコクリーム 200円
・ラムレーズン 210円
・ティラミスサンド 240円
・抹茶のティラミス 240円
・リンゴのカスタード 240円
・ミックスフルーツ 240円
おかず系コッペパンサンド

おかず系コッペパンサンド

・和風だしのローストビーフ 430円(土日祝限定)
・うま塩チキン 240円
・アボカドシーフード 280円
・ナポリタン 190円
・ソース焼きそば 190円
・ポテトサラダ 200円
・たまごサラダ 200円
・ロースハム 230円
・鶏南蛮 230円
・チキンサラダ 230円
・だし巻たまご 230円
・豚のしょうが焼き 240円
・ハムカツ 240円
・キーマカレー 240円
・ウインナー 240円
・ベーコンレタストマト 240円
・コロッケ 250円
・デミグラスハンバーグ 280円
・スタミナ焼肉 280円
・エビフライ 280円

だし巻たまご コッペパンサンド 実食レビュー


今回は一番人気の「コッペパンサンド」を実食レビューします

今回は一番人気の「コッペパンサンド」を実食レビューします

今回は一番人気の「コッペパンサンド」を実食レビューします。

パンは国産小麦を3種類ブレンドしたもので、バター牛乳で作った自家製の無添加コッペパンを使っています。

具材は「たまごサラダハンバーグコロッケポテトサラダナポリタン」などの自家製惣菜を使ったり、フルールやスイーツを中に挟んだものなど多彩なメニューで、飽きさせない工夫がされており、なかなか努力されている様子が感じられます。

これだけあったら「あれもこれも」になりますし、「また来て別のを食べよう」と思うはずです。

こういう売り方は参考になるなと思わずにいられませんでした。

マヨ系ドレッシングと厚みのあるだし巻き玉子です

マヨ系ドレッシングと厚みのあるだし巻き玉子です

食べたのは4種類ですが、一番人気は「だし巻たまご コッペパンサンド」です。

注文すると、その場で作って、すぐに提供してくれます。

厚みのある「だし巻き玉子」が入っており、結構これで卵を使っているのに230円とお安いお値段です。

味付けもしっかりしてあり、お出汁と塩で味付けされた美味しい出汁巻き玉子でした。

ふっくらやわらかく甘味のあるパンで、だし巻きの塩味と甘さが交互に味わえる感じになっているのが良いと思います。

個人的には「つぶあんバター コッペパンサンド」もかなり美味しかったのでオススメです。

ティラミス コッペパンサンド

ティラミス コッペパンサンド

つぶあんバター コッペパンサンド

つぶあんバター コッペパンサンド

エビフライ コッペパンサンド

エビフライ コッペパンサンド

西山こっぺ堂 基本情報


西山こっぺ堂 外観

西山こっぺ堂 外観

11月14日放送『ちゃちゃ入れマンデー』では「秋の京都の人だかり大調査SP」という特集で紹介されます。

平日朝オープン直後で3人ほどでしたが行列ができていました。

朧八瑞雲堂(おぼろやずいうんどう)
らぁ麺とうひち(藤七)
おめん(うどん店、哲学の道)
iSOiSM(イソイズム、漬け野菜)
西山こっぺ堂今回の記事
阪急「西山天王山駅」からも徒歩2分くらいの場所です

阪急「西山天王山駅」からも徒歩2分くらいの場所です

「西山こっぺ堂」さんの場所ですが、京都の長岡京市にあります。

調子八角という多叉路にあるお店で、新西国街道が京都縦貫自動車道の下を通る手前くらいの角にお店があります。

阪急「西山天王山駅」からも徒歩2分くらいの場所です。

すぐ近くに目立つ「アゼリアガーデン」という老人保健施設があるのですが、実質的にその敷地内にあり運営も「アゼリアガーデン」さんです。

なので、駐車場もそこを利用することができますよ。(一番奥、赤ポールがない所)

京都府長岡京市友岡4丁目20-13
営業時間:10:30~17時(売り切れ終了)
定休日:月曜
URL:http://n-coppedo.com/
Twitter:
https://twitter.com/n_coppedo

評判(口コミ)

広告


京都のスイーツ通販


京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



「ちゃちゃ入れマンデー」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。