京都で思わず「二度見したもの」5選 Part4

二度見しちゃった京都の風景(珍百景)」の第四弾(パート4)です。今回はさらにパワーアップした内容「お肉がない精肉屋」、豚の駐車場「ポーク24」、宇治市「気取った洋菓子」と「公園にいる謎の甲冑騎士」に「カエルを返して!」です。

広告

お肉がない精肉屋さん


一見すると精肉店ですが

一見すると精肉店ですが

かなりディープな京都の商店街「西新道商店街」にある精肉店「ますや」さん。

一見すると精肉店ですが・・・・

並んでいたのはレトルト食品!

並んでいたのはレトルト食品!

冷蔵ウインドウに並んでいたのはすべてレトルト食品!

一部、パン粉も並んでいますが、お肉は一切並んでいませんでした。

ここは精肉店?

今はお肉ではなくコロッケなどの揚物を販売されているそうです。

京都府京都市中京区壬生下溝町50−6(地図

豚の駐車場「ポーク24」


コインパーキングではなくコインポーキング!?

コインパーキングではなくコインポーキング!?

コインパーキングが密集している烏丸御池エリアで見かけたコインパーキングの看板

パーキングではなく「ポーキング?!」

看板には豚のマークに「Pork24」の文字、ここ実は「Pork頭町」というコインパーキングなんです。

場所は御池通から新町通を一筋上がったところにあります。

京都府京都市中京区頭町新町通二条下る17(地図

気取った洋菓子


気取った洋菓子!斜め看板なのもポイント

気取った洋菓子!斜め看板なのもポイント

京都府宇治市の「小倉駅」東口で強烈な視線を感じたので振り返ると、看板がチラッと壁から見を乗り出してこちらを見ていました。

書かれていたのは「気取った洋菓子

洋菓子でもなく、高級洋菓子でもなく・・・・

気取った洋菓子

食べてみたい!

京都府宇治市小倉町神楽田21−1(地図

公園にいる謎の甲冑騎士


西陣児童公園にはなぜか西洋騎士がいる?!

西陣児童公園にはなぜか西洋騎士がいる?!

京都の公園になにやら妙な銅像があると思ったら・・・・

謎の甲冑騎士?!

昭和54年3月に設置された銅像だそうで、最近塗り直しがあった際に服を着せてもらったようで、余計に何が何だか分からない状態になっています。

京都府京都市上京区樋之口町261(地図

カエルを返して!


とある民家の軒先に「カエルを返して!」

とある民家の軒先に「カエルを返して!」

カエルが好きなご家族なのでしょうか。

道路に面した民家の軒先にカエルのオブジェを置いていたけど、誰かに持っていかれちゃったそうです。

なので「カエルを返して!」って書かれていました。

今度「蛙の駅」で何か仕入れて勝手にプレゼント(設置)しておきたいと思いました。

京都市左京区(個人宅なので住所非公開)


今回の「京都秘境ハンター」は取材で見つけた中でも「二度見しちゃった京都の風景(珍百景)」です。餃子の王将にある謎のモーニングセット噂の八百屋さん、一乗寺にある珈琲ラーメン読めない看板など、京都の街中で気になって二度見してしまうものを集めてみました。



今回の「京都秘境ハンター」は取材で見つけた中でも「二度見しちゃった京都の風景」の続編(パート2)です。ラーメンたかばしにある謎の小学生看板けしからんラーメン店、山科のカタカナ地名に、謎のポストなど、京都の街中で気になって二度見してしまったものを集めてみました。



今回の「京都秘境ハンター」は年に1度だけ特集する取材で見つけた「二度見しちゃった京都の風景(珍百景)」の第三弾(パート3)です。今回はさらにパワーアップした内容で「大盛りで、おわかりできるパチンコ店パーマカワァイ、鞍馬口の神か・・・・・と、木津川のベッカム六甲プレイランド」等、京都の街中で気になって二度見してしまったものを厳選しました。



京都の秘境案内「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。