2019年6月21日新店オープン 饂飩店よこやま @河原町今出川「京都の味覚に合わせた讃岐うどん店」

今回の「京都新店速報」は、2019年6月21日に新店オープン(開業)したばかりのうどん屋さん「饂飩店よこやま」さんの実食レビューです。基本は讃岐うどんの自家製手打ですが京都向きに合わせた味わいとコシのうどんでした。場所は御所東エリア、ちょっと奥まったところにあるお店です。

広告

2019年6月21日新店オープン「饂飩店よこやま」


2019年6月21日新店オープン「饂飩店よこやま」河原町今出川

2019年6月21日新店オープン「饂飩店よこやま」河原町今出川

2019年6月21日、京都の河原町今出川に讃岐うどんの新店がオープンしました。

お店の名前は「饂飩店よこやま」さん、オープン数日前からプレオープンも行われていたウドン専門店です。

先日も同じ河原町今出川にカレー店「出町カラビンカ」さんがオープンしたばかりですが、その際に示唆していたとおり、この界隈ではいくつか料理店の開業が続いています。

饂飩店よこやま、場所は河原町今出川(御所東エリア)

饂飩店よこやま、場所は河原町今出川(御所東エリア)

場所は、大久保利通旧邸跡「薩長同名密談の茶室 有待庵」が見つかった場所から二軒ほど隣、2017年頃まで「一品料理 さくら」があったテナントです。

分かりやすく言えば「御所東エリア」と呼ばれるところで、正確には京都御苑の北東角のところです。

本ブログで「うどん専門店」を紹介することは、よほどのことがないかぎりは少ないのですが(京都にはたくさんあるため)、今回は特別に紹介したいと思います。

饂飩店よこやま ってこんなお店


饂飩店よこやま、カウンターとテーブルでウドンをいただきます

饂飩店よこやま、カウンターとテーブルでウドンをいただきます

さて、こちらの「饂飩店よこやま」さん。

店内はカウンター5席ほど、4人テーブル席が3席、さらに手打ちうどんの作業場などもある店内です。

前店の「さくら」さんからカウンターや厨房は変更になっていますが、居抜きに近いです。

饂飩店よこやま 麺・出汁・天ぷらについて

饂飩店よこやま 麺・出汁・天ぷらについて

うどんとしては香川の讃岐うどん、ただ見た感じでは最近流行りのコシ強めの讃岐うどんではなく、京うどんに少し近いややヤワメ(普通茹でくらい)のうどんです。

小麦粉は香川県の製粉会社のものを使用していますが、小麦感は強くなく、コシやクセは少なめ、一般的なウドンに近い食感と味わいがします。

出汁は「利尻昆布」と煮干しにサバ・うるめ・宗田節とかつお節にはこだわりがあり、みりんや醤油も無添加のものを使っています。

厨房はかなり暑そうでした(饂飩店よこやま)

厨房はかなり暑そうでした(饂飩店よこやま)

厨房はかなり暑そうで、カウンターにもその熱気が伝わってきます。

当日は暑い日でしたが、味を確認するために冷たいのではなく温かいうどんで実食レビューしたいと思います。

饂飩店よこやま ごぼう天うどん 実食レビュー


ごぼう天うどん(800円)

ごぼう天うどん(800円)

今回は温かいうどんをチョイス、メニューは9種類ありましたが、その中から「ごぼ天 うどん」を注文しました。

ちなみに「ごぼ天」とは「ごぼう天」のことです。関西風の言い回しですが、一般的には「ごぼ天」といえば魚のすり身をゴボウに巻いて揚げたものですかね。

今回の「ごぼ天 うどん」は、ゴボウの天ぷらが添えられたウドンになっていました。

ごぼ天 はややザックリタイプのもの

ごぼ天 はややザックリタイプのもの

ごぼ天は柔らかいタイプのもので、揚げ時間は少し短めのものです。

ごぼう天はじっくりと長時間揚げるほど中はホクホクと柔らかくなり、短時間だとザックリとした食感になります。

これは好みもありますが、個人的にはもっと時間をかけて揚げたものが良いかなぁという気がしました(山元麺蔵さんとかはじっくり揚げたタイプです)。

ただ、こちらのゴボウ天はそれらとは少し使って「出汁で煮て柔らかくしたゴボウ」なので短時間での揚げになっていました。

手打ち麺は普通茹でなので食べやすい

手打ち麺は普通茹でなので食べやすい

麺は自家製の手打ち、奥にある手打ち麺室で打たれたもので、前日に練ったものを当日に打ったものです。

個性の強くない小麦のようで、最近よくある香りの強いタイプではありません。

どちらかというと40年前に高松でよく食べていた讃岐うどんに食感は近いですが、讃岐独特のコシはあるものの香りは控えめの麺です。

出汁は京風でした(饂飩店よこやま)

出汁は京風でした(饂飩店よこやま)

出汁は京風、風味強めの醤油軽めのものです。

讃岐うどんのようなアゴ出汁とかの強さではないのですが、京都で讃岐うどんの出汁をそのまま使っても受け入れられないので、これでよろしいかと思います。

出汁の風味はたいへんよく出来ておりましたが、ウドンはもう少し個性があっても良いとは思いました。ただ、これはあくまでも個人の好みで、たぶん京都ではこれくらいのウドンの方が好まれそうだなとは感じました。

かやくごはん、かなり美味しいです(饂飩店よこやま)

かやくごはん、かなり美味しいです(饂飩店よこやま)

ランチタイムは「かやくごはん」が+150円で(通常は300円)、「白ごはん」が+100円で追加可能です(通常は200円)。

この「かやくごはん」、今回は鶏めしでしたが味付けがとても良いですね。

うめぇなぁ~と思いながら食べてしまったので、また行ったらこの「かやくごはん」は一緒に注文したいと思います。

饂飩店よこやま メニューと値段


温かいのと冷たいのがあり、各々で9種類あります(饂飩店よこやま)

温かいのと冷たいのがあり、各々で9種類あります(饂飩店よこやま)

うどんメニューは9種類、それぞれ「温かい冷たい」に分かれて18種類のうどんがあります。

かけうどんは600円、甘きつね(関東でいうきつね)は750円です。

お薦めは「天ぷら釜揚げうどん」とのことでしたが、今回は「ごぼう天」でチェックさせていただきました。なぜなら、食材の目利きと調理テクニックが如実に出るメニューだからです。

かけうどん 600円
甘きつねうどん 750円
釜揚げうどん 700円
天ぷら釜揚げうどん 1000円
天ぷらうどん 1000円
ごぼ天うどん 800円
肉うどん 850円
カレーうどん 900円
玉天カレーうどん 1000円
冷しうどん 650円
ざるうどん 650円
天ざるうどん 950円
ごぼ天ざるうどん 800円
かしわ天ざるうどん 900円
かしわ天ざるうどん 900円
ぶっかけうどん(温or冷)700円
天ぷらぶっかけうどん(温or冷)1000円
肉玉ぶっかけうどん(温or冷)950絵m

饂飩店よこやま 営業時間とアクセス方法


饂飩店よこやま、営業時間は11時30分~14時、17時30分~20時30分

饂飩店よこやま、営業時間は11時30分~14時、17時30分~20時30分

では「饂飩店よこやま」さんの営業時間やアクセス方法などについてです。

営業時間は「11時30分~14時」で、夜はメニュー変わらず「17時30分~20時30分」となっています。

定休日はやや変則的で「日曜夜、月曜日、第二・四火曜日」なので覚えるのが面倒くさいですね。

場所は今出川通を大原口道標で南へ(寺町通)、二筋目を曲がってスグのところです。この界隈は「なかじま食堂」とかマニアックな店もあり、二筋目まで下る人は少ないのですが、昼時には結構お客さんが入っていました。

京都府京都市上京区扇町281−1
営業時間:11時30分~14時、17時30分~20時30分
定休日:日曜夜、月曜日、第二・四火曜日
公式Instagram:https://www.instagram.com/yokoyama_udon/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。