麺類一式とは? 京都にある大衆食堂「千成食堂」で実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は北野白梅町麺類一式のお店を紹介します。京都に多くある大衆食堂千成食堂」さんで、昔懐かしい味の中華そば(ラーメン)を食べてきましたので実食レビューします。

京都には似たような「麺類一式丼物一式」の大衆食堂が多く「力餅食堂」など色々な店名で実在してますので、地元の方ならご存じの方も多いでしょう。

広告

京都にある「麺類一式」とは何なのか?


京都にある「麺類一式」や「丼物一式」の看板

京都にある「麺類一式」や「丼物一式」の看板

京都では「麺類一式」等と書かれた昔ながらの大衆食堂が繁華街から少しはずれたような場所などに存在していることがあります。

屋号は「大力餅(力餅)」とか「千成餅(千成)」という看板を掲げているお店が多く、いわゆる大衆食堂のことです。

京都・一乗寺の「千成食堂」

京都・一乗寺の「千成食堂」

ラーメン激戦区のひとつ、京都・一乗寺にも裏通りに「千成食堂」はあったりします。

一見すると・・・・

うどん屋

にしか見えないのですが、「麺類一式」や「丼物一式」と看板や暖簾(のれん)に書かれている場合が多く、「定食ラーメン」などを食べることができるお店です。

うどん・丼もの・ラーメン・定食などを扱う大衆食堂


多くは「うどん・丼もの・ラーメン・定食」を扱っています

多くは「うどん・丼もの・ラーメン・定食」を扱っています

取り揃えは「うどん丼ものラーメン定食」で、メニューには書かれていませんが「そば」にすることもできます。

京都名物「にしんそば」も多くは「麺類一式」のお店で食べることができます。

またお店によっては、定食が豊富だったり、カレーライスなどを扱うお店もあります。

お店によっては定食も豊富

お店によっては定食も豊富

うどん
丼物
ラーメン
定食
蕎麦
カレーライス
お餅
いなり寿司
赤飯
おはぎ

店頭に「お餅・いなり寿司」を並べていることもあります

店頭に「お餅・いなり寿司」を並べていることもあります

前述した「大力餅(力餅)」とか「千成餅(千成)」の多くでは、店頭に「お餅いなり寿司赤飯おはぎ」を並べていることもあります。

いなり寿司は1個80円~100円程度で高いものではありません。

「麺類・丼物・定食」も400円~1000円程度と大衆食堂の価格帯なので、お客さんの多くは京都の地元の方ばかりです。

わら天神隣にある「大力餅」もいなり寿司

わら天神隣にある「大力餅」もいなり寿司

京都にある大衆食堂のラーメンを実食レビュー


千成餅食堂(北野白梅町)

千成餅食堂(北野白梅町)

ということで、今回は北野白梅町に近い「千成餅食堂」へと行ってきました。

別の場所にも同じ屋号でお店があるので(9店舗ほど)、探せば近くにも存在するかもしれません。

今回行った北野白梅町のお店は、京都の大衆食堂のイメージにぴったり合うお店なのでオススメです。

麺類一式

麺類一式

丼物や定食も豊富で安いです

丼物や定食も豊富で安いです

うどんは400円~600円です。

一番高いので「にしんそば 600円」ですが、これは京都でも安い方の価格帯です。

そのため、お昼前から近隣の住民の皆さんでお店は大変繁盛していました。

今回は「中華そば 450円」をいただきました

今回は「中華そば 450円」をいただきました

今回食べたのは・・・・

中華そば 450円」です。

安いですよねぇ~。

それでも量はあるし、美味しいのです。

特徴は最初からコショウがたっぷりかかっていること

特徴は最初からコショウがたっぷりかかっていること

こちらの「中華そば」は鶏ガラの出汁に中太麺(低加水)のものです。(注:お店で違いがあります)

ややコシの強い麺に、スープは鶏ガラ以外にもカツオなんかも使っているかもしれません。

トッピングはだいたいどこでも「チャーシューかまぼこもやしねぎ」という構成です。

麺は量があるので食べごたえがあります

麺は量があるので食べごたえがあります

コショウが卓上になく、ラーメンに最初から胡椒が大量に入っているのも特徴的と言えます。

スープの奥底には大量のコショウが沈んでいるので、最後までスープをすすると舌がヒリヒリしてきます。

そのため、味わいはピリッと辛いものになっており、それが記憶に残る味わいになっていました。

京都にはお店も多く、リーズナブルなので観光で立ち寄った際にでも食べてみてください。

京都市内にはどの程度「麺類一式」のお店があるのか?

同様のお店が京都市内にはたくさん存在しており、把握しているだけでも40店舗ほどあります。

上の地図で「麺類一式」と検索すると一覧が表示されるようになっています。

大力餅(力餅)
千成餅(千成)
みやこ食堂
美濃屋
市乃家
篠田屋
あいおい
きくや

有名なお店では四条河原町にある「京極スタンド」なんかも似たような大衆食堂です。

なお、京都・六角が発祥の「力餅食堂」は明治時代からあって、関西一円にお店があります。

ゆるやかな信頼関係に基づく「のれん分け」でお店が広まっており、ラーメン二郎のように新規開店時には他の「力餅食堂」から応援に来るといった風習もあります。

京都にある「麺類一式」まとめ


麺類一式 まとめ

麺類一式 まとめ

麺類一式」というのは「うどん・そば・中華そば」一式がある食堂に書かれている言葉です。

全部のお店で書かれてはいませんが、そういったお店の多くでは「麺類一式」扱っていることがほとんどです。

これらのお店を「うどん屋」と紹介しているところもありますが、うどん屋ではありません

甘味(お餅)を売るお店が食事を出すようになりました

甘味(お餅)を売るお店が食事を出すようになりました

正確には「麺類丼物定食」をリーズナブルな値段で提供する大衆食堂です。

明治時代にはお餅などを販売していましたが、後に麺類や丼物を扱い始めて大衆食堂になったので「うどん屋」ではないのです。

暖簾に「麺類一式」などのように書かれ、うどんそばラーメンいなりずしお餅かつ丼や定食など多くのメニューが400円~1000円以内で食べられるお店です。


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。