2019年12月4日オープン 京拉麺 美鶴 祇園

京都の祇園四条(縄手通)にラーメン店が昨年オープンしていました。お店は「京拉麺 美鶴 祇園」さん。烏丸と四条河原町にあったラーメン店で、その祇園店という位置づけです。濃厚鶏白湯ラーメンが名物なので、久しぶりに食べて来ました。

2019年12月4日オープン 京拉麺 美鶴 祇園


2019年12月4日オープン 京拉麺 美鶴 祇園

2019年12月4日オープン 京拉麺 美鶴 祇園

京都の縄手通を歩いていたところ、目の前に全く知らないラーメン店がありました。

お店の名前は「京拉麺 美鶴 祇園」さん。

大きな看板がかなり目立つラーメン店ですが、最近通った時でも気が付かなかったラーメン店です。

四条河原町にあった美空さんが移転してきたようです

四条河原町にあった美空さんが移転してきたようです

元々、このテナントはラーメンもあった居酒屋「メントメシ ザコヤ」さんがあった場所です。

そのザコヤが閉店して、2020年2月26日に百万遍へ移転(ラーメン専門店に業態変更)していたのですが、その空いた祇園のテナントにラーメン店の「美鶴」さんが新しく入ったということになります。

美鶴は烏丸に1店舗、あとすでに閉店した四条河原町の店舗(美空=のれん分け店)があり、この祇園店は実質的には四条河原町店が移転してきたと考えて良さそうです。

なお、プレは2019年12月4日でグランドオープンは12月6日だそうです。

このお店の雰囲気は?


西洋人の観光客が喜びそうな店舗デザイン

西洋人の観光客が喜びそうな店舗デザイン

お店の雰囲気は西洋人の観光客が喜びそうなデザインになっていて、店内には歌舞伎役者をイメージした絵が壁に描かれていました。

場所が縄手通りなので南座からもすぐ近く、看板にも「京拉麺」とあるように京都を全面に出した雰囲気になっていました。

これまでの美鶴さんはどちらかといえば、サラリーマンが昼に食べにくるという感じのラーメン店ですが、新しい店舗は観光地のラーメン店という感じになっています。

このお店のメニューは?


濃厚鶏白湯そば 780円

濃厚鶏白湯そば 780円

美鶴さんといえば鶏白湯(パイタン)が人気です。

烏丸の店舗はラーメンの種類は4種類くらいなのですが、この祇園店では8種類とメニューが倍に増加していました。

白湯も「濃厚、超濃厚」の2種類あり、ほかに「ベジタブル拉麺」という観光地ならではのメニューもありました。

背脂醤油そば 780円
あご出汁鶏塩そば 780円
濃厚鶏白湯そば 780円
濃厚辛味噌そば 880円
超濃厚鶏白湯そば 880円
濃厚鶏つけ麺 900円
ベジタブル拉麺 880円
濃厚ベジタブル拉麺 980円
香味野菜がトロっとした鶏白湯スープ

香味野菜がトロっとした鶏白湯スープ

ラーメンは「白=塩、黒=醤油」があるとのことなので、今回は醤油をチョイスしました。

スープは鶏と香味野菜をドロドロになるまで煮込んだスープで、たぶん根菜なんかも入ってそうです。

個人的には美鶴さんのスープは好きな方で、鶏の旨味も出ていますが、溶け込んだ野菜の味が好みのスープです。

麺は中加水でコシのある太麺

麺は中加水でコシのある太麺

麺は中加水でコシのある太麺を使っています。

半透明っぽい輝きがあり、ほんのり縮れた太麺はコシがあり食べ応えがあります。

麺も美味しくて、まぜそばで食べても合いそうな麺です。

卓上には好物の「フルーツ酢」があるのも個人的にはポイントが高いです。

背脂醤油そば(肉増し)

背脂醤油そば(肉増し)

濃厚鶏白湯そば(特製)

濃厚鶏白湯そば(特製)

あご出汁鶏塩そばとベジタリアン拉麺

あご出汁鶏塩そばとベジタリアン拉麺

ラーメンとして突出したものはないのですが、安定的な美味しさでおススメのラーメン店です。

以前の四条河原町よりも行きやすい立地「祇園」なので、ちょくちょく立ち寄れそうなのも良いですね。

このお店への行き方や営業時間は?


四条通から縄手通を上がって30秒右側にお店があります

四条通から縄手通を上がって30秒右側にお店があります

では「京拉麺 美鶴 祇園」さんはどこにあるラーメン店なのでしょうか?

場所は四条通から縄手通を上がって30秒の右側です。

祇園四条駅から地上に出てもすぐ近くです。

営業時間は11時~22時(月曜日~土曜日)で、日曜日のみ11時~16時です。

ただし、月曜日が祝日の場合は変動があり、前日の日曜日は11時~22時、翌日の祝日月曜日は11時~16時となります。

〒605-0078 京都府京都市東山区富永町145
営業時間:11時~22時(平日)、11時~16時(日曜日)、月曜日が祝日の場合は11時~22時(日曜日)で11時~16時(祝日の月曜日)
定休日:不定休


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。