麺屋 戎 @京都・深草「龍谷大学すぐ近くのラーメン店」2019年3月閉店

京都・深草の「麺屋 戎(えびす)」さんが、2019年3月に「一身上の都合により閉店となっています。龍谷大学すぐ南のテナントで、これでラーメンバンズに続く2度めのラーメン店撤退となりました。

最新情報:2019年5月3日、この場所に「ラーメン健龍園 (深草 龍大前)」が新店オープンしました。

広告

深草の「麺屋 戎」が閉店


師団街道の「麺屋 戎」さんが2019年3月に閉店

師団街道の「麺屋 戎」さんが2019年3月に閉店

京都市伏見区の深草にある師団街道沿いのラーメン店「麺屋 戎(えびす)」が突然の閉店となっています。

2019年2月末までは営業確認を出来ているのですが、3月に入った時点で貼紙がされており休業と告知されています。

やや狭いテナントのラーメン店でしたが、龍谷大学のすぐ南という立地で師団街道と中山稲荷線の交差点角地という目立つお店で、ラーメンも人気がありました。

麺屋 戎 閉店の貼紙


閉店の貼紙(麺屋 戎)

閉店の貼紙(麺屋 戎)

「麺屋 戎」さんの入口に貼られた閉店の内容は以下の通りです。

理由は「一身上の都合により」となっており、すでにテナントも入居募集中となっていました。

ちなみに開業したのは「2017年4月27日」でした。

一身上の都合により閉店とさせていただきます
長らくのご愛顧 誠にありがとうございました。
麺屋戎

麺屋 戎 の場所


すでにテナントは入居者募集中となっています(麺屋 戎)

すでにテナントは入居者募集中となっています(麺屋 戎)

前述しましたが「麺屋 戎」の場所は師団街道の龍谷大学南側です。

深草エリアと呼ばれ、大学もあることからラーメン店も多い場所なっています。

同じ師団街道沿いのすぐ南側はラーメン店が6~7店舗密集するエリアということもありラーメン激戦区と言えます。

この界隈でラーメン店が閉店となるのは珍しい事例ですが、このテナントは過去に「ラーメン バンズ」が撤退しているので2度目のラーメン店撤退テナントとなります。

こういうテナントは今後も同じようなことが繰り返されるのは過去の事例からも明らかなので、契約する際には十分な熟考が必要と思われます。

ちなみに、近くの「唐揚小屋」が現在入っているテナント(地図)も数ヶ月で撤退するラーメン店が相次いでいたりします。

京都府京都市伏見区深草綿森町20(MAP)
営業時間:11時30分~14時30分、18時~21時30分
定休日:月曜日


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。