酒粕ラーメン 天鳳 @京都「真冬の食べ物 酒粕ラーメン」実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は、冬になると食べたくなる「酒粕ラーメン」の実食レビューです。京都は茶屋で甘酒が飲めるお店も多いですが、ラーメンとして提供するお店は結構あります。そのひとつが、嵐電「太秦天神駅」すぐ近くの中華料理店「天鳳」さんです。

値段も安くて、650円で酒粕ラーメンを食べることができます。

広告

真冬の食べ物 酒粕ラーメン


冬に温まる食べ物といえば「あんかけ」と「酒粕」系

冬に温まる食べ物といえば「あんかけ」と「酒粕」系

毎年、京都では1月頃から一番寒い時期なので、温かいラーメンを食べたくなる日が多くなります。

この時期だと、特に人気なのは「あんかけ担々麺カレーラーメン」ですが「酒粕ラーメン」も忘れてはいけません。

京都は寺社仏閣へ参拝する人が多くやってくる都市なので、参拝客が栄養を取れるように、古くから「甘酒」を売る茶店が多く存在していました。

そんな文化があるからか分かりませんが、ラーメン店でも「酒粕ラーメン」を提供するお店がいくつかあります。

今回は「京都市右京区」にある「中華料理 天鳳」さんの秋・冬限定「酒粕ラーメン」を食べてきましたので実食レビューします。

太秦の中華料理店「天鳳」の酒粕ラーメン


京都で酒粕ラーメンといえば、思い浮かんだのは「中華料理 天鳳」さん

京都で酒粕ラーメンといえば、思い浮かんだのは「中華料理 天鳳」さん

酒粕ラーメンを食べに行ったのは、京都市右京区の「太秦天神川駅」近くの中華料理店「天鳳」さんです。

秋になると貼紙が出て「酒粕らーめん あります」と告知が出るお店です。

ちなみに、だいぶ前に閉店した京中華の祖「鳳舞(ホウマイ)」さんとは無関係のお店です。「鳳」という字が付くので、よく勘違いされるそうです。

中華料理 天鳳 内観

中華料理 天鳳 内観

お店はカウンター7席、お座敷が一卓という小さなお店です。

ラーメンが500円で、餃子も230円なので「気楽に入れるお店」でもあります。

今回は「酒粕ラーメン 650円」と「餃子 180円(土曜日サービスデー)」を食べてみましたので実食レビューします。

酒粕ラーメン 実食レビュー


酒粕ラーメン 650円

酒粕ラーメン 650円

中華料理店「天鳳」の酒粕ラーメン(650円)です。

ベースの出汁に酒粕を大量に溶かし込んであるもので、トッピングに豚肉が大量に入っています。

トッピングは「青ねぎニンジン豚肉」とシンプルですが、豚肉と酒粕がたっぷり入って「650円」ならずいぶんとお安いと思います。

濃厚な酒粕スープです

濃厚な酒粕スープです

酒粕ラーメンは、京都でも「むらじ、門扇、玄屋、鳥せい(ランチのみ)」などで見かけますが、天鳳の酒粕ラーメンのスープは「ほぼ粕汁」なので酒粕の味わいが非常に濃厚になっていました。

スープには酒粕の粒々が浮かんでおり、香りもよくするスープになっていました。

酒粕好きにはたまらないラーメンでした

酒粕好きにはたまらないラーメンでした

酒粕なので、人によっては苦手な方もいらっしゃるとは思いますが、ラーメンとの相性は結構良い食材のひとつです。

粕汁という料理がありますが、味噌や醤油ダレの代わりに酒粕を使うことで「減塩」することもでき、栄養も補給できるし、なによりも温まれるというのが「酒粕ラーメン」の特徴です。

1月に入ると京都では寒い日が続くので、酒粕ラーメンを食べに行って温まってみてはいかがでしょうか。

天鳳 メニュー


天鳳 メニュー

天鳳 メニュー

天鳳さんでは、他にも500円~600円台で食べられるものがたくさんあります。

ラーメンは高くても700円なので、安く食べられるお店で、餃子は土曜日だけサービスデーで180円と激安価格になります(通常230円)。

ラーメン 500円
ラーメン(豚骨)580円
ラーメン(豚骨しょうゆ)580円
みそ入りそば 580円
チャーシューメン 630円
ワンタンメン 650円
五目そば 650円
野菜入りあんかけそば 680円
玉子入り焼きそば 700円
あんかけやきそば 600円
揚げやきそば 650円
冷麺 700円~
酒粕ラーメン 650円(秋・冬限定)

天鳳 アクセス方法


中華料理 天鳳 外観

中華料理 天鳳 外観

天鳳さんの場所ですが、嵐電「蚕ノ社駅」から歩いて1分です。

広東料理のお店で、周辺住民が食べに来る町の中華料理屋さんで「木嶋座天照御魂神社」の参道の途中にあります。

駅から大きな「鳥居」が見えるので、鳥居から木嶋座天照御魂神社へ向かって左側にお店があります。

駐車場などはありませんので、近くのコインパーキングを利用してください。

なお、ラーメンの実食レビューも過去記事にありますので、ぜひそちらもご覧ください。

京都府京都市右京区太秦森ケ前町11−30
営業時間:11:30~21時
定休日:月曜日


この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。