京都にある黄色いカレー蕎麦の店「京都団楽」

京都で「黄色いカレー」を食べたいなと思い探してみました。あったのは「黄色いカレー蕎麦」で小麦粉多めの黄色いカレールーで食べる蕎麦です。食べたお店は京都市北区の「京都団楽」さん。刻み油揚げと青ねぎが入ったかつお風味の美味しいお蕎麦です。

京都に黄色いカレー蕎麦の店ってありましたっけ?


黄色いカレー蕎麦を京都で食べたい、そうしても食べたい

黄色いカレー蕎麦を京都で食べたい、そうしても食べたい

最近、テレビで「カレー蕎麦」が話題になったり、ネットで「黄色いカレーが絶滅寸前」だと話題になったりしています。

なので「黄色いカレー蕎麦」が食べたくなりました。

東京に住んでいた時には「黄色いカレー」は高田馬場にあったし、蕎麦屋に行けば「黄色いカレー蕎麦」があったものですが、そういえば京都に移住してから・・・・

黄色いカレー自体を見てないな

とふと思いました。

ちなみに、ここでいう「黄色いカレー」というのは小麦粉を多く使った昔ながらの日本カレーのことです。

はてさて、京都に黄色いカレーで作った「カレー蕎麦」ってあるのでしょうか?

実は・・・・ありました。

京都の黄色いカレー蕎麦の店「京都団楽」


京都市北区にある蕎麦店「京都団楽」

京都市北区にある蕎麦店「京団楽」

京都で「黄色いカレー蕎麦」が食べられるお店は地元の近くに実在していました。

そのお店とは「京都団楽」さんです。

京都市北区紫竹の大宮交通公園東側にある蕎麦のお店です。

北海道産蕎麦粉を使った十割蕎麦のお店で、地元では知られたお店でもあります。

京都団楽のメニュー、カレーそば(きつね)1150円とあります

京都団楽のメニュー、カレーそば(きつね)1130円とあります

日本家屋のいかにも蕎麦屋さんという佇まい、広めの店内で大きなテーブルに着席してメニューを見ると確かに「カレー蕎麦」がありました。

メニューには「カレーそば(きつね)」とあり、値段は1130円となっています。

京都では「きつね」と書かれている場合「油揚げきざみ」が入っています。一般的に言う「きつね」は一枚の大きなお揚げで甘いやつですが、京都では独特の呼び方になっているからです(詳しくは「京都のうどんの種類と特徴」を参照)。

ということで、この「カレーそば(きつね)」を食べてみたいと思います。

黄色いカレー蕎麦 実食レビュー


カレーそば(きつね)1130円

カレーそば(きつね)1130円

メニューを見ていた時は値段が1130円と思ったより高めだなと感じましたが、着丼してみると「サラダ、半熟卵」が付いていました。

うん、確かに黄色い

小麦粉多めの明らかに黄色いカレーです。

小麦粉多めの黄色いカレーはかつお節の濃厚な風味

小麦粉多めの黄色いカレーはかつお節の濃厚な風味

小麦粉多めの黄色いカレーからはかつお節の濃厚な風味が漂ってきます。

スープをひと啜りすると確かに美味しい。

かつおの風味とほんのり甘みのあるカレーはご飯と一緒に食べたいレベルの味わいです。

小麦粉が入っているとちょっと滑らかでクリーミーな感じ

小麦粉が入っているとちょっと滑らかでクリーミーな感じ

普通のカレー蕎麦も美味しいですが、小麦粉多めの「黄色いカレー蕎麦」も美味しいです。

小麦粉が入ることでトロッとした感じになって味わいもマイルドになっていました。

京都団楽の黄色いカレー蕎麦

京都団楽の黄色いカレー蕎麦

久しぶりの黄色いカレー蕎麦でしたが、とても美味しくいただきました。

トッピングは京都らしく「刻んだ油揚げ、玉ねぎ、青ねぎ」という構成ですが、東京で食べてた豚肉入りのもどっかにあれば食べてみたいですね。

このお店への行き方や営業時間は?


京都にある黄色いカレー蕎麦の店「京都団楽」

京都にある黄色いカレー蕎麦の店「京都団楽」

では、京都にある黄色いカレー蕎麦の店「京都団楽」さんはどこにあるお店なのでしょうか?

場所は京都市北区で西賀茂エリアに入るちょい手前の紫竹エリアにあるお店で、大宮交通公園の東側の道が入り組んだところにあります。

表通りからは見えない裏通りなので、もしかしたら北区在住の方でもご存じない方がいるかもしれません。

北大路駅から京都市バスでないと行けないので、なかなか行く機会もないかもしれませんが、駐車場があるので自家用車で行くと良さそうです。

京都市バスで行く場合、最寄りバス停は徒歩1分の「大宮大門町バス停」になります。北大路駅から「特37」か「46系統」で行くことになりますが、本数が多いのは「46系統」ですね。

〒603-8416 京都府京都市北区紫竹北大門町52(地図
営業時間:11時~14時30分、17時~19時30分
定休日:水曜日


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。