2019年12月12日オープン Burger RooM (バーガールーム、京都・西院駅)

京都の西院駅(さいえき)目の前で「Burger RooM (バーガールーム)」さんが2019年12月12日新店オープン予定です。京都ぽーく100%のハンバーガーにコーヒーやビールなどを食べられるお店です。

広告

2019年12月12日オープン Burger RooM (バーガールーム)


2019年12月12日オープン Burger RooM (バーガールーム)

2019年12月12日オープン Burger RooM (バーガールーム)

京都の嵐電「西院駅(さいえき)」のところにハンバーガーのお店が新店オープンします。

お店の名前は「Burger RooM (バーガールーム)」さん。

二条のカフェ「DS+ CAFE (ディーエス プラス)」さんのお知り合いということで11月の工事前からチェックしていたところ、先日から看板が付き始めて、12月4日から関係者向けのプレをしていました。

京都ぽーく100%ハンバーガーのお店です

京都ぽーく100%ハンバーガーのお店です

京都ぽーく100%ハンバーガーのお店で、他の食材には八百屋「一期一会」さんの京都野菜を使うなどしています。

上の写真は「モッツァレラバーガー(1380円)」で、サラダセットになっています。

サラダ以外にもポテトを選べるようになっているので好みで選ぶと良いでしょう。

メニューと値段

メニューと値段

値段は「RooM’sバーガー」がセットで1180円、単品で980円からあります。

パティサイズは150gが基本ですが、追加料金で増量も可能です。

かなり美味しいハンバーガーです

かなり美味しいハンバーガーです

かなり美味しいハンバーガーで、ボリュームありました。

パンズはカリッと焼いてあるタイプ。

それに甘めのケチャップと新鮮野菜、京都ぽーく100%のハンバーガーは厚みがあります。

京都ぽーく100%のハンバーガーは厚みがありま

京都ぽーく100%のハンバーガーは厚みがありま

京都ぽーくは油に甘みがあり、豚の旨味をよく感じられる豚肉です。

それでハンバーガーを作っているので間違いなく美味しいというハンバーガーです。

実際に食べてみたところ、かなり美味しいハンバーガーでした。

こちらのハンバーガーは四条烏丸の西洞院通にある「ハンバーグ ラボ」さん監修のものだそうです。

2019年P-1グランプリ獲得「定番のプリン」


2019年P-1グランプリ獲得「定番のプリン」

2019年P-1グランプリ獲得「定番のプリン」

なお、デザートには2019年P-1グランプリ獲得「定番のプリン」を食べてみるとよいでしょう。

値段は480円、こちらは二条の「creme x plus (クレーム x プリュス)」さんのプリンです。

プリン感が強い濃厚プリンなのでオススメです。

Burger RooM (バーガールーム)はどこにある?


Burger RooM (バーガールーム)は西院駅隣りにあります

Burger RooM (バーガールーム)は西院駅隣りにあります

このBurger RooM (バーガールーム)さんですが、西院駅隣りにあります。

嵐電の「西院駅(さいえき)」の方で、駅降りたら目の前です。

このエリアは飲み屋さんが多く、通勤帰りの方も多いエリアということから飲食店の激戦地です。しかし、ハンバーガー屋さんって珍しいので人目を引きそうな感じがしました。

京都府京都市中京区壬生西土居ノ内町23
営業時間:11時~22時
定休日:水曜日
公式Instagram:https://www.instagram.com/burgerroom.kyoto/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。