玉屋(タマヤ)@京都・三条会商店街「パンダ大判焼とウドン・そばの店」2018年12月30日で閉店

京都の三条会商店街の老舗「玉屋(タマヤ)」さんが2018年12月30日で閉店(30日まで営業)すると告知されています。大衆食堂で「うどん・そば・ラーメン・丼もの」の麺類一式のお店です。この手のお店は明治からある老舗が多いのですが、玉屋さんは昭和20年代に開業した老舗です。

名物は「パンダ大判焼」ですが、パンダ焼は材料がすでにないので販売しないそうです。

広告

京都の三条会商店街の老舗「玉屋(タマヤ)」が閉店


京都の大衆食堂「玉屋(タマヤ)」

京都の大衆食堂「玉屋(タマヤ)」

京都の三条会商店街で麺類一式の定食屋を戦後すぐから続けてきた「玉屋(タマヤ)」さんが閉店すると告知されています(2018年12月30日で閉店)。

「中華そば・うどん・そば」に丼ものがある京都の昔ながらの大衆食堂で、昭和20年代から営業してきた老舗です。

ラーメンにはだし巻き卵が入っていたり、大判焼きの「パンダ大判焼」が名物だったりと地元で愛されてきたお店です。

パンダ大判焼きは13時以降に買いにいくべし


パンダ大判焼きは13時以降に販売(玉屋)

パンダ大判焼きは13時以降に販売(玉屋)

最新情報:パンダ焼は材料がすでにないので販売しないそうです。

名物は「パンダ大判焼」で、1個90円で販売されていた人気の大判焼きです。

ただし、13時以降の販売なので時間を合わせていかないと購入はできません。

5個入りと10個入りもありますが、値段は変わらないのが京都らしいところです。

1個 90円
5個 450円
10個 900円

昭和レトロな店内で食べる焼飯


昭和レトロな店内(玉屋)

昭和レトロな店内(玉屋)

玉屋さんの店内は昭和レトロな雰囲気が残る空間です。

おすすめメニューは「焼飯」で、炒めた玉ねぎと人参の甘みが特徴のチャーハンです。

おすすめメニューは「焼飯」

おすすめメニューは「焼飯」

京都ラーメン店でよくある醤油味とか塩くらいでしか味が付いていない焼飯とは違い、中華味でほどよく焼いてありました。

お米もパラパラに炒めてあって美味しいチャーハンです。

玉屋(タマヤ)への行き方

場所は三条会商店街という京都で最大のアーケード商店街にあります。

堀川通から千本通までを結ぶ東西のアーケードで、京都の名店や老舗が並ぶ「京都で一番行っておきたい商店街」です。

営業時間は「11時~19時30分」なのですが、とっとと閉めていることが多いので早めに訪問すべきお店です。

JR京都駅からなら山陰本線で「二条駅」まで行ってから歩くと近いと思います。阪急京都線「大宮駅」からも徒歩10分程度で行くことができますよ。

京都府京都市中京区壬生馬場町5(MAP
営業時間:11時~19時30分
定休日:月曜日

玉屋(タマヤ)SNSの口コミや評判(感想)


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。