2019年9月14日オープン ボンチキョウト 銀閣寺店

京都の銀閣寺参道でギフトショップとカフェの併設店「ボンチキョウト 銀閣寺店」が2019年9月14日に新店オープンです。参道入ってすぐ左の食事処「一休」があったところにオシャレなグッズショップ&カフェが出来ていました。

広告

2019年9月14日オープン ボンチキョウト 銀閣寺店


銀閣寺道に「ボンチキョウト 銀閣寺店」が新店オープン

銀閣寺道に「ボンチキョウト 銀閣寺店」が新店オープン

2019年9月14日、京都の銀閣寺参道でギフトショップとカフェの併設店「ボンチキョウト 銀閣寺店」さんが新店オープンします。

有名建築家がデザインした回遊性カフェで、お土産物を見ながらドリンクやフードが楽しめるお店になっていました。

グッズショップに併設されたカフェです

グッズショップに併設されたカフェです

ボンチキョウトさんは和風グッズのお店なのですが、銀閣寺店ではカフェも併設されていて、奥のイートインスペースで飲んで行くこともできるようになっています。

ボンチキョウトさんの奥にあるイートインスペース

ボンチキョウトさんの奥にあるイートインスペース

イートインスペースは今風のデザイン、打ちっぱなし感はありますが、庭も整えてあって京都らしさも垣間見られる空間です。

京都のお店らしく坪庭もあります(ボンチキョウト 銀閣寺店)

京都のお店らしく坪庭もあります(ボンチキョウト 銀閣寺店)

場所は「京都府京都市左京区銀閣寺前町15−2」で、元は食事処「一休」があった場所。

銀閣寺参道の橋を渡ったすぐ左側です。

この「ポンチキョウト」さんは、すでに嵐山に店舗がありますが、そちらは雑貨のみの販売で、カフェが併設されているのはこの銀閣寺店です。

メニューと値段(ボンチキョウト 銀閣寺店)


メニューと値段(ボンチキョウト 銀閣寺店)

メニューと値段(ボンチキョウト 銀閣寺店)

ドリンクメニューは「抹茶ラテ(580円)」や「ほうじ茶ラテ(480円)」がありました。

今回飲んだのは抹茶ラテで、濃茶にコクのある牛乳で作ってあり美味しい抹茶ラテでした。

抹茶ラテ 580円
ほうじ茶ラテ 480円
ヨーグルトシェイク 550円
レモンソーダ 450円
りんごジュース 450円
水出しアイスコーヒー 450円
ドリップコーヒー 450円

ボンチキョウト 銀閣寺店 営業時間とアクセス方法


ボンチキョウト 銀閣寺店(店舗外観写真)

ボンチキョウト 銀閣寺店(店舗外観写真)

この「ボンチキョウト 銀閣寺店」さん、前述のように嵐山にもお店がありますが、他にも系列店として「カランコロン京都、ぽっちり、SOUVENIR 京都」といったお店を展開しているグループです。

飲食事業は、四条通の「SOUVENIR 京都」の奥にある「ティーベニール」という英国ティー専門店があります。

「ボンチキョウト 銀閣寺店」さんの営業時間などはまだ不明なので、これは分かりしだい追記します。

京都府京都市左京区銀閣寺前町15−2
営業時間:
定休日:
公式サイト:https://kyoto-souvenir.co.jp/brand/bonti-kyoto/


京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。