2019年6月1日オープン じねんとカフェ (京都市伏見区、カフェ新店)

2019年6月1日に京都市伏見区の「伏見力の湯、じねんと市場」に新しいカフェが新店オープンしています。でも、ちょっと分かりづらい場所で隣りのスポーツジム「FUSHIMITTO(ふしみっと)」さんの二階で開業したお店です。こちらではスムージーや有機JAS認証コーヒーを格安でいただくことができます。

広告

京都市伏見区に「じねんとカフェ」さんが新店オープン


2019年6月1日にオープンした「じねんとカフェ」

2019年6月1日にオープンした「じねんとカフェ」

2019年6月1日に京都市伏見区に「じねんとカフェ」さんが新店オープンしました。

この名前を聞いてピンとくる方がいると思いますが「力の湯、じねんと市場」を運営する会社さんが新しく開業したカフェです。

といっても、スーパー銭湯(力の湯)にあるわけではなく、その隣りのスポーツジム「FUSHIMITTO(ふしみっと)」さんの二階で開業したお店なんです。

スポーツジム「FUSHIMITTO(ふしみっと)」さんの二階で開業しました

スポーツジム「FUSHIMITTO(ふしみっと)」さんの二階で開業しました

メニューは「スムージーやコーヒー」など

メニューは「スムージーやコーヒー」など

この「じねんとカフェ」さんでは、栄養たっぷりのスムージー、さらに有機JAS認証コーヒーを格安でいただくことができます。

注文はスポーツジムの受付で、その隣りにカフェエリアがあり、そこで飲むようになっていました。

もちろん、カフェ利用だけでも可能で、こ行きやすい場所にお手軽なカフェが出来たなという印象のお店です。

季節のスムージー 400円
プロテインドリンク 400円(未発売)
有機JASコーヒー 300円~350円

じねんとカフェ スムージーを飲んでみました


季節のスムージー(400円)※小松菜と苺

季節のスムージー(400円)※小松菜と苺

ということで、こちらが「じねんとカフェ」さんで提供しているスムージーです。

季節で変わりますが、今回は「小松菜」を使ったものになっています。

小松菜は「カルシウム、鉄分」が豊富な食材、苺はビタミンCが豊富で栄養価の高いスムージーです。

こだわり食材を扱う「じねんと市場」が経営するカフェだけあって栄養にこだわっています

こだわり食材を扱う「じねんと市場」が経営するカフェだけあって栄養にこだわっています

このブログで何度も扱っている「じねんと市場」といえば、地域の野菜を扱う直売所で野菜が豊富に売られています

以前も書きましたが、伏見の野菜農家さんが良質な野菜を持ち込んでくるので、品質がとても良い直売所なのです。

そのため、このスムージーもとても美味しくてミルキーな味わいの中に小松菜の風味と、苺の甘酸っぱさがあるスムージーでした。

これが400円というのは結構お得なのではないでしょうか。

じねんとカフェ 営業時間やアクセス方法について


じねんとカフェ(京都市伏見区)

じねんとカフェ(京都市伏見区)

では「じねんとカフェ」さんの場所や営業時間についてです。

営業時間は平日「6時30分~8時30分、10時~22時30分」と朝早くに一度営業されています。

これはスポーツジム併設なので、平日でも出勤前に立ち寄る方がいるからです。

場所は「伏見 力の湯」があるところで、国道1号バイパス「第二京阪道路」の竹田駅近くです。

京都府京都市伏見区竹田青池町135
営業時間:6時30分~8時30分、10時~22時30分(土曜は8時~19時30分、日曜は8時~18時30分)
定休日:水曜日
公式サイト:https://fushimitto.jp/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。