FRANZE & EVANS LONDON @京都・三条 2018年4月24日新店オープンのパン 実食レビュー

2018年4月24日に新店オープンしたばかりの「FRANZE & EVANS LONDON 京都三条店(フランツ&エバンス ロンドン)」へ行って来ました。パン屋さんですが、デリカもある「デリカカフェ」という業態です。本家はロンドにあるお店で、これを日本のフード・ファッション会社が運営しています。「奇跡のパンケーキ FLIPPER’S」と同じ運営元です。

では「FRANZE & EVANS LONDON 京都三条店(フランツ&エバンス ロンドン)」どんなお店なのでしょうか。

広告

FRANZE & EVANS LONDON 京都三条店 2018年4月24日 新店オープン


ロンドンから京都へパン屋が進出!FRANZE & EVANS LONDON 京都三条店

ロンドンから京都へパン屋が進出!FRANZE & EVANS LONDON 京都三条店

今回の「京都パン屋ブログ」は、京都・三条で開店したばかりの「FRANZE & EVANS LONDON(フランツ&エバンス ロンドン)」の京都初出店を紹介します。

2018年4月24日に新店オープンしたばかりで「FRANZE & EVANS LONDON 京都三条店」というのが正式名称のようです。

人気のパンは「クロワッサン」ということで、昼前から三条通に行列が出来ているほどの盛況ぶりです。

テイクアウトのパンとイートインで食事もできる店舗で、いわゆる「デリカカフェ」という業態になっています。

では、この「FRANZE & EVANS LONDON 京都三条店」さん、いったいどんなお店なのでしょうか。

パンとデリカカフェの複合業態「FRANZE & EVANS LONDON」


TAKE AWAY と書かれたパンの看板「FRANZE & EVANS LONDON 京都三条」にて

TAKE AWAY と書かれたパンの看板「FRANZE & EVANS LONDON 京都三条」にて

FRANZE & EVANS LONDON 京都三条」は、パンとデリカを楽しめる「デリカカフェ」というお店で、パンの持ち帰りと店内での食事を楽しめるようになっていました。

パンは「TAKE AWAY」となっており(最近は TO GO という表記も多い)、右側が出入り口になっていました。

デリカは行列ができており、カウンターで注文後に奥の席に行くようになっています。

FRANZE & EVANS LONDON」はすでに東京に進出しているのですが、日本では「ベイクルーズグループ」という飲食店やファッション店を多数展開している企業が運営しています。

姉妹店には「奇跡のパンケーキ FLIPPER’S」というお店も最近オープンしたばかりで、今のところは東京・表参道と京都にしかお店がありません

CATERING OK! と書かれたランチの看板「FRANZE & EVANS LONDON 京都三条」にて

CATERING OK! と書かれたランチの看板「FRANZE & EVANS LONDON 京都三条」にて

11時からはランチを食べることができるようになっており、1380円からサラダとパンのセットなどを注文できるようになっています。

こちらは「CATERING OK!」と書かれていますが、持ち帰りなどもできるようです。

店内でも食事できるようになっており、奥にテーブル席があります。

テーブル席は、混雑はしていませんが、レジで多少の行列ができていました。

奥のテーブル席、左のカウンターで注文「FRANZE & EVANS LONDON 京都三条」にて

奥のテーブル席、左のカウンターで注文「FRANZE & EVANS LONDON 京都三条」にて

パンは西洋パンで大きなサイズのハードパン


サイズの大きいハードパンがメイン

サイズの大きいハードパンがメイン

パンは外国パンでハードタイプのものです。

西洋パンは大きなサイズのものが多いのですが、こちらの「FRANZE & EVANS LONDON 京都三条」のパンもかなり大型のものです。

その分、価格も高めで、パンひとつで480円くらいするものもありました。

パンは450円~480円のものが多いようです

パンは450円~480円のものが多いようです

クロワッサンやシャンピニオンは180円です

クロワッサンやシャンピニオンは180円です

ブール 290円

ブール 290円

食パンは一斤320円(写真は1本で2斤分)

食パンは一斤320円(写真は1本で2斤分)

食パンも一斤320円ほどしていました。

写真のものは一本(2斤)なので、640円になります。

陳列棚には、一斤ではなく2斤のものしかないので、これを一斤320円だと勘違いして購入しようとしているお客さんが結構いらっしゃいました。

一本(2斤)が320円なわけないのですが、この「一斤」の単位を知って買っていくお客さんも今となっては少ないのでしょう。

バタールを購入、味は普通でした

バタールを購入、味は普通でした

今回は「バタール」を購入。

値段は税込みで340円で、固いハードパンですが、中はシットリとしています。

味は普通でした。

クロワッサンも売り切れだったし、観光地の三条通沿いということで、地元の方にとってはパン屋としての利用はないかなぁというのが率直な感想です。

デリカカフェではケーキやランチセットを食べることができます


ケーキやランチセットがあるデリカカフェ

ケーキやランチセットがあるデリカカフェ

店舗左側の出入り口にできていた行列は、デリカカフェの注文の列です。

この「FRANZE & EVANS LONDON 京都三条」では、ランチにサラダとパンのセットが注文できるようになっており、持ち帰りや店内での食事を待っている方が並んでいました。

行列といっても、レジで並んでいるだけで、奥のテーブル席は空席がありました。

・3 CHOICE SALAD with BREAD & DRINK 1380円
・2 CHOICE SALAD & 1CHOICE HOT DISHE with BREAD & DRINK 1580円
・2 CHOICE SALAD & SANDWICH 1580円
・5 CHOICE SALAD with BREAD & DRINK 1680円
ケーキやドリンクもあるのでカフェとしても利用可能です

ケーキやドリンクもあるのでカフェとしても利用可能です

ケーキやドリンクもあって、ケーキの値段は小さなものでも650円程度となかなかの価格です。

カフェとしても利用可能で、ドリンクなども取り揃えてありました。

ドリンクはシングルとダブルサイズがあり、500円程度の値段になっています。

・コーヒー 480~530円
・エスプレッソ 450~550円
・アメリカーノ 480~530円
・カフェラテ 500~550円
・カフェモカ 550円~600円

FRANZE & EVANS LONDON 京都三条店 への行き方(アクセス方法)


FRANZE & EVANS LONDON 京都三条店

FRANZE & EVANS LONDON 京都三条店

ということで「FRANZE & EVANS LONDON 京都三条店」への行き方(アクセス方法)です。

わかりやすくいうと三条通の「かに道楽」を前に見て左へ、ターリーズカフェの先の右角にある大きめの店舗です。

パンの店頭売りは朝8時からですが、デリカの利用は11時からとなっています。

京都府京都市中京区三条通東入
営業時間:8時~20時(デリカは11時~23時)
定休日:不定休
URL:http://franzeevans.jp/#/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。