オリエンタルベーカリー パン直売所 @京都・久御山へ行ってきました

京都にあるパン工場のパン直売所「オリエンタルベーカリー パン直売所」へ行って来ました。地図では「オリエンタルベーカリー京都販売所」となっており、本来はパンの製造会社なのですが、敷地内にパン直売所があって業務用パンを激安で購入できるようになっています。

まとめ買いや業務用パンの小分けで値段が30円からと安く購入できるのが特徴です。

広告

京都にあるパン工場のパン直売所


京都にあるパン工場のパン直売所「オリエンタルベーカリー」

京都にあるパン工場のパン直売所「オリエンタルベーカリー」

今回の「京都案内」は、京都府久御山町にあるパン工場「オリエンタルベーカリー京都販売所」さんへ行ってパンを買って来ました。

こちらでは「工場直送」のパンが販売されているのですが、中には大変お得な価格で売られているパンもある「パン直売所」なのです。

例えば、学校の給食で食べるようなパンが1個30円くらいで売られているという具合です。

最近は「100円パン」が地元に進出しているので、わざわざ直売所まで行かなくともパンは安く購入できますが、直売所と聞くと行きたくなるもので、前から気になっていたということもあって立ち寄ってみることにしました。

オリエンタルベーカリー パン直売所でパンを購入


給食で食べるようなパンが30円~40円で売られています

給食で食べるようなパンが30円~40円で売られています

直売所に入ると、棚が並んでおり、そこにパンが各種並んでいました。

大まかには「サンドイッチ業務用パン食パンフランスパン菓子パン(100円均一)」といった感じで並んでいたのですが、昼過ぎだったので結構売れてないパンも多数ありました。

ビジネスホテルで食べるようなパンが、1個30円~40円で売られており、コンビニのパンとさほど価格は変わりませんが、小分けに買えるようになっています。

一般的なブランドパンというよりも、学校や病院の給食であったり、機内食で食べるパンなどの「業務用パン」を製造販売している業者です。ビジネスホテルの朝食で食べるパンとかは業務用パンであることが多いです。
例:機内食、病院食、ホテルパン、給食センター、従業員食堂、福祉施設、学校売店
巨大フォカッチャが300円

巨大フォカッチャが300円

フォカッチャというのはイタリアのパンで、上の写真の平たいパンがそれです。

これが結構大きいのですが、値段が300円とかになっており、こういうまとめ買いっぽいパンやB級商品もいくつか見られました。

B級菓子パン 2個100円
バケット 150円
ミニ食パン 200円
食パン 200円
パンの耳
菓子パンは100円均一のものが多くありました

菓子パンは100円均一のものが多くありました

ビジネスホテルとか地方のスーパーで見るような菓子パンかなと思いました

ビジネスホテルとか地方のスーパーで見るような菓子パンかなと思いました

前述のように、昼過ぎだと売り切れているものが多いのですが、菓子パンが1個100円均一で売られているのはまだ残っていました。

たぶん、菓子パン以外の業務用パンが安いのですぐに売り切れているのだと思われますので、早めに行けばもっと激安パンが並んでいたのかもしれません。

菓子パンをいくつか購入したのですが、京都の老舗パン屋さんで売られているような菓子パンの趣で素朴な味わいがしました。

オリエンタルベーカリー パン直売所 への行き方(アクセス方法)


オリエンタルベーカリー パン直売所は久御山にあります

オリエンタルベーカリー パン直売所は久御山にあります

さて、そんな京都のパン直売所である「オリエンタルベーカリー京都販売所」への行き方ですが、基本的には自家用車で行くような場所にあります。

駐車場は工場なので少しはありますが、一度にお客さんが来ると停められない可能性もありそうでした。

京阪国道と国道24号を東西に結ぶ道路(京都府道15号線)沿いにあります。わかりやすくいうと「もなこの湯」の少し西側になります。

京都府久世郡久御山町佐山籾池10
営業時間:9:30~18時
定休日:毎月1日


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。