ボローニャ&ミキヤ @京都・太秦「デニッシュ食パンの店」実食レビュー

京都の太秦に「ボローニャ&ミキヤ コーヒーショップ(京都からと)」が2018年2月5日に新店オープンします。祇園が発祥とされる「デニッシュ食パン」が太秦で、それも工場直結店で焼き立てのものが買えるようになるというのです。地元的にはこれはちょっと大きなニュースですね。

オープン時はオープニングセールで先着100名に「デニッシュ食パン1枚スライスドリップコーヒー」がプレゼントされるとのことでした。

広告

京都・太秦に「ボローニャデニッシュ食パンの店」が新店オープン


ボローニャデニッシュ食パンの工場直結店が太秦で2018年2月5日新店オープン

ボローニャデニッシュ食パンの工場直結店が太秦で2018年2月5日新店オープン

京都・太秦デニッシュ食パンを販売する「ボローニャ&ミキヤ」が新店オープンします。

お店は「京都からと」という屋号ですが、コーヒー豆の焙煎で知られる「三喜屋」さんが「ボローニャ」ブランドのデニッシュ食パンを工場直売で販売するということになります。

オープン日は2018年2月5日と告知されており、工場直結店舗ということなので「焼きたてのボローニャデニッシュ食パン」が太秦でも購入できることになります。

京都は「デニッシュ食パン発祥の地」で、祇園の「京都祇園ボロニヤ」が元祖のお店だとされています。

パンの生地を何層にも重ねてバターを練りこんだ食パンがデニッシュ食パンです

パンの生地を何層にも重ねてバターを練りこんだ食パンがデニッシュ食パンです

先週の『ドキュメント72時間』でも東京都江東区にある24時間営業の「モンシェール 東陽町工場」というデニッシュ食パンのお店が話題になりましたが、本場である京都のデニッシュ食パンが、近くの太秦でも買えるようになるというので、個人的にはビッグなニュースです。

京都市内にいくつかこの「デニッシュ食パン」を販売するお店があり、その中のひとつ「ボローニャ」の工場直結店ということになります。

ボローニャ&ミキヤ コーヒーショップ


正式名称は「ボローニャ&ミキヤ コーヒーショップ」

正式名称は「ボローニャ&ミキヤ コーヒーショップ」

正式名称は「ボローニャ&ミキヤ コーヒーショップ」となっています。

元々「カフェ・レーヴメゾン山室」というカフェで、運営はコーヒー販売の「三喜屋珈琲株式会社(本社)」が行っていました。

そこに元からコーヒーの焙煎工場とボローニャの工場があったのですが、カフェを「ボローニャデニッシュ食パンとカフェ」のお店にリニューアルしてオープンすることになります。

建物には「ボローニャ」のロゴもあります

建物には「ボローニャ」のロゴもあります

元はモーニング400円、ランチ700円という気楽な喫茶店だったのですが、新しいお店は「ベーカリー&カフェ」なのでデニッシュパンとコーヒーの専門店ということになりそうです。

焼き上がり時間は「11時、14時」の1日2回で、オープンセールも告知されています。

先着100名ですが、これもっとお客さん来るような気がするので、早めに行かないともらえなさそうです。

・先着100名に「ボローニャデニッシュ1枚スライス」プレゼント
・先着100名に「ドリップコーヒー」プレゼント

デニッシュ食パンの値段


デニッシュ食パンの値段は1.5斤で840円からです

デニッシュ食パンの値段は1.5斤で840円からです

デニッシュ食パンの値段は1.5斤で840円からとなっていました。

ミニサイズの「ボローニャジュニア 420円」もありますが、さすがデニッシュパン食パンだけあってなかなかのお値段です。

他には、イートイン用のコーヒーとトーストの販売もあります。

運営元の「三喜屋」さんはコーヒー焙煎を専門にする会社で、この界隈では「コーヒーが美味しい」と評判の会社です。

ボローニャジュニア 420円
デニッシュ食パン 1.5斤 840円
ホットコーヒー 325円
アイスコーヒー 325円
厚切りトースト 463円

デニッシュ食パン 実食レビュー


ボローニャ&ミキヤ(京都からと)のデニッシュ食パン

ボローニャ&ミキヤ(京都からと)のデニッシュ食パン

2018年2月5日のオープン初日に「ボローニャ&ミキヤ(京都からと)」へ行って来ましたので実食レビューします。

お店は直売所なので小さいワンフロアになっており、簡単なイートインがある程度です。

オープン初日ということもあり、オペレーションが上手にいってないのは「新店あるある」ですが、まだまだ社員・パート教育が行き届いていないのが気になりました。

それでも、なんとか「デニッシュ食パン 1.5斤」と「厚切りトーストセット 500円(税込)」を食べることができました。

パンとコーヒーくらいは一緒に持ってこいとか思いました

パンとコーヒーくらいは一緒に持ってこいとか思いました

さすが「デニッシュ食パン」だけあって、パンはかなりの美味です。

ほんのり甘く、バターの香りもするのが特徴ですが、トーストにするとなおさら美味しくいただけます。

ただ、コーヒーとトーストが別に来たので、少し待っていたらトーストは冷めてしまいました。

飲食業は慣れていないのかもしれませんが、オペレーションを含めると落第点に近い評価にせざるをえません。これは、今後に改善を期待したいところです。

デニッシュ食パンは81層に編み上げてあります

デニッシュ食パンは81層に編み上げてあります

こちらのデニッシュ食パンは81層に編み上げて、一層ごとにバターを塗ってあります。

これがデニッシュ食パンの美味しさの秘訣で、トーストにするとパリッとした食感に、バターの香りがするのです。

今回は1.5斤も購入したので、家でトーストでも食べてみたいと思います。

ボローニャ&ミキヤ コーヒーショップ への行き方(アクセス方法)


ボローニャ&ミキヤ コーヒーショップ 外観(オープン当日撮影)

ボローニャ&ミキヤ コーヒーショップ 外観(オープン当日撮影)

この「ボローニャ&ミキヤ コーヒーショップ」への行き方(アクセス方法)ですが、最寄り駅というのもなく、駐車場も5台分しかなく、京都府道132号線の交通量が多い割には細い道にあるので、地元的には「ここ混むよなぁ」という場所にあります。

京都市バスだと「梅津段町」を通る京都市バス「29系統69系統70系統」を使うことになります。

立地的には若干難があるのですが、祇園の「ボロニヤ」まで買いに行くのが億劫で、かつよく通る道になるので、頻繁に立ち寄ってしまいそうです。

京都府京都市右京区太秦唐渡町22−11
営業時間:10時~17時
定休日:日曜祝日
URL:http://bologne-shopping.com/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新規・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。