【京都新店】圧力鍋茹で自家製うどん店「うどん一休」京都市伏見区(上鳥羽口エリア)で2023年12月19日新店オープン

4.0


【京都うどん新店】うどん一休 - 圧力鍋茹で自家製うどん店がオープン

【京都うどん新店】うどん一休 – 圧力鍋茹で自家製うどん店がオープン

【実食レビュー】圧力鍋茹で自家製うどん店うどん一休(うどん)」が京都府京都市伏見区(上鳥羽口エリア)で2023年12月19日に新店オープンしました。

この記事は京都にあるうどん新店「うどん一休」の「場所・評判・定番メニュー・おすすめメニュー・値段・営業時間・駐車場の有無」について知りたい人や京都府京都市伏見区のうどん店に興味がある方におすすめの紹介記事です。

スポンサーリンク

【京都新店】うどん一休 – 上鳥羽口駅近くの圧力鍋茹で自家製うどん店


【京都新店】うどん一休 - 上鳥羽口駅近くの圧力鍋茹で自家製うどん店

【京都新店】うどん一休 – 上鳥羽口駅近くの圧力鍋茹で自家製うどん店

今回紹介する「うどん一休」は京都市伏見区のうどん店です。
圧力鍋茹で自家製うどんが名物

圧力鍋茹で自家製うどんが名物

圧力鍋茹で自家製うどんが名物のお店で「かけうどん・カレーうどん」の2種類を基本に、各種トッピング「甘きつね・山菜・紀州南高梅・きんぴら・肉・生たまご・玉子とじ・カニカマの天ぷら・ちくわの天ぷら・海老天」などを選んで自分好みのおうどんを楽しむことができます。

このお店のチェックポイント!圧力鍋茹で自家製うどん店「うどん一休」
・開業日は2023年12月19日
・京都市伏見区(上鳥羽口エリア)の自家製うどん店
・うどんは圧力鍋で茹であげる
・カウンターとテーブル席がある和風のお店
・予算は1000円~2000円
・店舗裏側に駐車場3台分あり
・駐輪場なし(店頭に駐輪可)

訪問日(取材日)は2023年12月26日です。

場所は「第二京阪道路と油小路が合流する付近」で上鳥羽口駅から南へ徒歩数分の上鳥羽口エリアです。

最寄りの公共交通機関は上鳥羽口駅からなら徒歩3分(210m)のところで、近鉄上鳥羽口駅前バス停(バス停情報)からなら徒歩4分(240m)です。

スポンサーリンク

店内の雰囲気や支払い方法


和風の入りやすい雰囲気(うどん一休)

和風の入りやすい雰囲気(うどん一休)

うどん一休の店内に入ると、カウンター席が8席、テーブル席が6卓14席分ありました。

店内の雰囲気はカウンターとテーブル席があるファミリーでもひとりでも入りやすいお店でした。

注文は「席」で行います

注文は「席」で行います

注文席で店員さんに注文するようになっていました。

支払い方法は「現金・QR決済」が利用できます。

なにが食べられるお店?


かけうどん・カレーうどん・トッピング各種(うどん一休)

かけうどん・カレーうどん・トッピング各種(うどん一休)

メニューは「かけうどん・カレーうどん」を基本に各種トッピングをして自分好みのおうどんにできるようになっています。

価格帯はトッピングの仕方にもよりますが、かけうどんが650円で、
トッピングをすると1000円~1300円程度になる感じになっていました。

主なメニュー

かけうどん(650円)

カレーうどん(850円)

甘きつねトッピング(+250円)

ちくわ天ぷら(+200円)

海老天2尾(+450円)

肉(+450円)

定番メニューは「肉玉子とじうどん(1350円)」

定番メニューは「肉玉子とじうどん(1350円)」

お店の定番メニューは「肉玉子とじうどん(1350円)」とのことです。

京都民は「鶏卵うどん」が好きですが、それにお肉をトッピングしたというメニューですね。

お薦めメニューは「カレーうどん(850円)

お薦めメニューは「カレーうどん(850円)

今回は寒さ厳しい季節なので甘めのお出汁にスパイスがばっちり効いた「カレーうどん(850円)」を食べてみたいと思います。

おすすめメニュー「カレーうどん」実食レビュー


おすすめメニュー「カレーうどん」を実食

おすすめメニュー「カレーうどん」を実食

私のおすすめメニューは「カレーうどん」です。

甘いお出汁にスパイス感たっぷりのカレーうどんで、青ねぎ・天かすがトッピングされています。

オープンしばらくは、カレーうどんを注文するとお肉トッピングが無料だそうで、今回はお肉も追加してあります。

私好みの甘いお出汁のカレーうどん

私好みの甘いお出汁のカレーうどん

スパイスがよく効いているので食べていると汗をかくほどです。

ただ、辛いというわけではなく甘いお出汁で私好みのカレーうどんでした。京都で人気があるカレーうどんはだいたい甘いタイプなので他の人も気に入ると思います。

太めのモチモチとした自家製うどん

太めのモチモチとした自家製うどん

圧力鍋で茹でるという自家製うどんは太めのモチモチ食感で、程よいコシもある美味しい麺です。

麺はお店で打っているそうですよ。

美味しいカレーうどんで満足です

美味しいカレーうどんで満足です

前述しましたがオープン当初だけカレーうどんに無料でつけてくれるトッピングのお肉も甘く炊いてありカレーうどんとよく合っていました。お店の方によれば生姜も使っているそうです。

カレーうどんはとても美味しかったので、トッピングなしで白ごはんを追加しても美味しくいただけそうなカレーうどんでした。

メニューや値段


メニュー(うどん一休)

メニュー(うどん一休)

今回紹介した「うどん一休」のメニュー一覧や値段など「メニュー情報」です。

うどん一休メニューは「かけうどん・カレーうどん・トッピング各種」など。

値段はメニューを見ると「650円~1300円」なので、予算は1000円~2000円ほどあれば足りるかと思います。

うどん一休で食べるならかけうどん(650円)に肉(450円)と玉子とじ(250円)をトッピング「肉玉子とじうどん(1350円)」や、今回おすすめした甘めのお出汁にスパイスがばっちり効いたカレーうどん「カレーうどん(850円)」が良いでしょう。

メニュー(クリックでオープン)
【うどん】メニュー
かけうどん 650円
カレーうどん 850円
【トッピング】メニュー
甘きつね 250円
山菜 250円
紀州南高梅 200円
きんぴら 250円
450円
生たまご
【ご飯物】メニュー
白いごはん(香物付) 200円
炊込みごはん(香物付) 300円
値段は税込み価格です。
※メニューと値段は取材時点のものです(サービス内容は変更になる場合もあります)。

京都「うどん一休」の店舗情報


うどん一休(京都府京都市伏見区)

うどん一休(京都府京都市伏見区)

うどん一休 への行き方です。

この「うどん一休」の場所京都府京都市伏見区の上鳥羽口で上鳥羽口駅から徒歩3分のところ。バス停だと近鉄上鳥羽口駅前バス停から徒歩4分です。

住所でいえば「〒612-8417 京都府京都市伏見区竹田向代町川町107」で、大きな地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

営業時間と定休日(うどん一休)

営業時間と定休日(うどん一休)

京都「うどん一休」の営業時間は「11時30分~16時」で、定休日は「土曜日・日曜日・祝日」です。

うどん一休駐車場は店舗裏側(西側の通り)に3台分あるそうです。

※店舗表側の駐車場は別の店舗のスペースのようです。

駐輪場は店頭に停められるスペースがありました。

店舗情報(クリックでオープン)
店舗情報
店舗名 うどん一休
オープン日 2023年12月19日オープン
ジャンル うどん
食事予算 1000円~2000円
営業時間 11時30分~16時
定休日 土曜日・日曜日・祝日
駐車場・駐輪場 駐車場は店舗裏側に3台、駐輪は店頭に若干可能
住所 〒612-8417 京都府京都市伏見区竹田向代町川町107
地図 こちらをクリック(Google Maps)
最寄り駅 上鳥羽口駅から徒歩3分(約210m・ルート
最寄りバス停 近鉄上鳥羽口駅前バス停から徒歩4分(約240m・ルートバス停情報
テイクアウト 非対応
イートイン 対応
支払い方法(QR決済) ✅ PayPay
※営業時間と定休日は取材時点のものです。臨時休業の場合もありますのでご注意ください。ルートは実際の状況を反映していない場合があります。
まとめ圧力鍋茹で自家製うどん店

自家製麺を圧力鍋で茹でるのでモチモチ食感でコシもある美味しいおうどんでした。カレーうどんは甘くスパイスたっぷりなので人気が出そうだと思う味わいでした。

おすすめメニューは「カレーうどん(850円)」です。

このお店うどん一休」を、この記事を見て気になった方はぜひ一度行ってみてください。

近くのお店や同じジャンルのお店を検索!

※同じ地区のお店を検索

または

※同じ駅のお店を検索

もしくは

※同じジャンルのお店を検索

【お店の方にお願い】この記事を公式サイトもしくはブログでリンク付きでご紹介いただけると嬉しいです。

※お店の方にブログ・SNSでの掲載許可をいただいて記事を書いています。
※訪問の際は必ず公式で営業日をご確認ください。
※年末年始は休業の店舗が多いため、必ず公式で営業情報を確認してから来店してください。

↓良かったら記事をシェアお願いします↓