手打ちうどん やまびこ本店(京都府城陽市)実食レビュー

京都府城陽市、寺田駅から徒歩数分のところにあるウドン屋「手打ちうどん やまびこ本店」実食レビューです。すじカレーうどん・煮込みうどんが名物、コシが強い麺は煮込みうどんに最適の出来具合で、地元でも人気があるお店です。

手打ちうどん やまびこ本店(京都府城陽市)


手打ちうどん やまびこ本店(京都府城陽市)

手打ちうどん やまびこ本店(京都府城陽市)

京都府城陽市、寺田にある人気うどん店「手打ちうどん やまびこ本店」実食レビューです。

こちらのお店は手打ちうどんのお店で、コシがある麺で食べる「煮込みうどんすじカレーうどん」が人気があります。

お昼時は行列もできる地元の人気店で、平日でも店内は満席になる賑わいです。

人気の「すじカレーうどん」は700円

人気の「すじカレーうどん」は700円

人気の「すじカレーうどん」は700円で、他のメニューも「きつねうどん(380円)」ととても安価なお店でもあります。

それでいて本格的な手打ちうどんが食べられるということで人気があります。

今回はこの「手打ちうどん やまびこ本店」の雰囲気やどんなメニューがあるのかを実食レビューします。

店内の雰囲気は?(コロナ対策など)


店内の様子(手打ちうどん やまびこ本店)

店内の様子(手打ちうどん やまびこ本店)

店内は1階に「カウンター・テーブル席・お座敷」がありました。

2階にもお座敷があるので収容人数は多めです。

店員さんもテキパキしており、お客さんのことと注文内容を全員が記憶しているので提供速度も速くて回転が速いお店です。

昔ながらのウドン屋さんです

昔ながらのウドン屋さんです

昔ながらのウドン屋さんなので年季が入っています。

有名人のサイン色紙も数多く飾られており人気店なのがうかがえました。

コロナ対策は入口で手指消毒、マスク着用となっています。

このお店のランチメニューは?


うどんメニュー

うどんメニュー

メニューは「かけうどん(280円)」からと安価です。

持ち帰り(テイクアウト)も対応しており、自宅で麺を湯がいて食べることもできます(メニューに「も」と書かれたメニューのみ)。

カレーうどんは550円、人気の「鍋焼きうどん(煮込みうどん)」も650円なので他店と比較してリーズナブルです。

今回は鍋焼きうどんと双璧をなすもうひとつのメニュー「すじカレーうどん(700円)」を食べてみたいと思います。

実食レビュー


すじカレーうどん(700円)

すじカレーうどん(700円)

こちらが人気メニューのひとつ「すじカレーうどん(700円)」です。

お客さんのほとんどが、このカレーうどんか鍋焼きうどんを食べていました。

牛すじ・青ねぎがお世辞抜きでタップリと入っていて、これで700円はリーズナブルです。

スープが素晴らしく美味しい

スープが素晴らしく美味しい

このカレーうどんはスープがとても美味しいウドンです。

スパイシーな香りに少しシビカラ感、下地を支えるカツオ風味と甘みが調和していてスープ完飲レベルの逸品です。

麺はコシと弾力がものすごい

麺はコシと弾力がものすごい

麺は普通より少し太いくらい、手打ちでコシと弾力がものすごい麺になっています。

分かりやすくいえば「鍋焼き用に打ってるでしょ」とスグに分かるほどの弾力があります。

噛めば噛むほど甘さも出てくる手間暇かけたウドンです。

しょうがごはん(150円)

しょうがごはん(150円)

カレーうどんなのでライスも注文。

ごはんは小~大で、値段は130円~200円です。

今回は「しょうがごはん(150円)」を注文、新鮮な生姜の香りがツーンとしてきて美味です。

こちらの店のうどんは、たぶん「きつねうどん」とか「かけうどん」とか普通のメニューだとコシと弾力が強すぎるかと思います。

注文するなら鍋焼きうどんなどが最適だと思いました。

このお店への行き方は?(駐車場の有無など)


手打ちうどん やまびこ本店(店舗外観写真)

手打ちうどん やまびこ本店(店舗外観写真)

では「手打ちうどん やまびこ本店」はどこにあるお店なのでしょうか。

場所は寺田駅から徒歩数分、駅の東口を出てすぐ北へまっすぐ、3筋目を右に曲がるとお店があります。

住所でいえば「〒610-0121 京都府城陽市寺田尺後1−19」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場があるそうで「公園裏駐車場 139~148」までが専用駐車場となっていました。公園裏というのは「尺後第3幼児公園(地図)」のことみたいで、その公園の北側に大きな駐車場がありました。

駐輪は店頭にくっつけてしておきました。

営業時間は「11時~20時」で、定休日は「月曜日」となっています。

ジャンル「うどん」
食事予算「300円~1000円」
ランチ営業「あり」
ディナー営業「あり」時短要請期間は21時で閉店の可能性あり
営業時間「11時~20時」
定休日「月曜日」
駐車場・駐輪場「駐車場有(地図)」
住所「〒610-0121 京都府城陽市寺田尺後1−19」
地図こちらをクリック(Google Maps)」
テイクアウト「対応可能(一部メニュー)」
コロナ対策「手指消毒・マスク」


うどん

関西・京都の知られざるうどん&蕎麦店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。