ラーメンてうれ 閉店@京都・一乗寺「激安450円みそラーメン」実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は京都・一乗寺からも近い「ラーメンてうれ」さんの激安ラーメンを紹介します。京大生の多いこのエリアでは、昔ながらの値段のラーメン店がいくつかあり、ラーメンが300円~400円で食べられる激安ラーメン地帯でもあるのです。

今回は「味噌ラーメン 450円」を実食レビューしたいと思います。

最新情報:2020年10月、店主他界のため閉店

昔の値段で昔の味のラーメン店


京都では珍しい「札幌ラーメン」

京都では珍しい「札幌ラーメン」

今回の「京都ラーメンブログ」は、京都では珍しい「札幌ラーメン」を食べることができる「てうれ」さんへ行ってきました。

ラーメン店「てうれ」さんは、一乗寺のすぐ南「茶山駅」からほど近い「田中」というエリアにあるお店です。

京都では、かなり老舗のラーメン専門店ですが、地元のラーメンマニアなどでないとご存知ではないかもしれません。

人気の秘密はこの激安価格です

人気の秘密はこの激安価格です

ネットでも話題になることはないように思いますが、開店時間になると次々と常連らしき叔父様方が来店してくるお店です。

実はこちら・・・・

ラーメンが安いのです!

醤油ラーメン 400円」から始まり、常連のほとんどが食べる「味噌ラーメン 450円」という激安価格なのです。

お店は古いが清潔な店内です

お店は古いが清潔な店内です

店内はカウンターとテーブルが2つ。

もちろん食べるのは「味噌ラーメン」です。

こちら、昔食べてた味噌ラーメンの味が、そのまま残っており、お値段も昔のまま、味も昔のままというお店なのです(1973年創業)。

激安!450円の味噌ラーメン 実食レビュー


450円の味噌ラーメン!ボリュームあります

450円の味噌ラーメン!ボリュームあります

さて、こちらの「450円の味噌ラーメン」ですが、この値段でもボリュームがあります。

トッピングも「チャーシュー細もやしニンジンネギ黒コショウ」とチープな感じは全然しません。

他にも、餃子は230円ライスは150円でテンコモリなど、京大生の多い立地らしい価格設定です。

味噌ラーメン 450円
バターラーメン 450円
塩ラーメン 400円
しょうゆラーメン 400円
カレーラーメン 600円
玉目ラーメン 650円
大盛 +150円
チャーシューメン +150円
皿うどん 650円
餃子 230円
ライス 小150円 並180円

昔食べた素朴な味噌ラーメンの思い出が

昔食べた素朴な味噌ラーメンの思い出が

スープは、最近の甘い味噌ラーメンではなく、味噌の味と香りが唯一の特徴という「昔ながらの味噌ラーメン」でした。

40年くらい前、ラーメンが300円前後だった時代(180円ラーメンびっくり屋とかあった頃)よりも少し前くらいに食べた立ち食いの味噌ラーメンの味に似ていました。

府中競馬場にあった「うどん・ラーメン」のスタンド店があって、そこで食べたような「味噌の味がダイレクト」に来るラーメンでした。

餃子は味がしないタイプ

餃子は味がしないタイプ

餃子もそうなのですが、味付けなどは非常にアッサリ目です。

昔はこういう味の店が多かったなぁと思いながらラーメンを食べましたが、餃子に関しては「味がしない」というものでした。

関西というか「餃子の王将」も味がしない餃子ですが、それに輪をかけて味がしない餃子で、これはちょっとビックリしました。

ラーメンてうれ 基本情報


ラーメンてうれ 外観

ラーメンてうれ 外観

さて、最近のラーメン店と比べるとパッとはしませんが、昔の味と値段で勝負しているラーメン店てうれ」さんがあるのは、京都のラーメン激戦区・一乗寺からも歩いて行ける叡電「茶山駅」の近くです。

駐車場はひとつありますが、停められるようなスペースではなく、近隣のコインパーキング(セブンイレブン前にある)などを利用しなくてはなりません。

味は前述のように、アッサリとしたラーメンです。

味噌ラーメンと餃子で680円と、安くお腹いっぱいになりましたとさ。

京都府京都市左京区田中東高原町33
営業時間:11:30~14時、17:30~22時
定休日:火曜
URL:http://www.eonet.ne.jp/~teure/

ラーメンてうれ 閉店


ラーメンてうれ 閉店(2020年10月)

ラーメンてうれ 閉店(2020年10月)

2020年10月、こちらの店舗は店主他界のため閉店しました。

1973年創業、2020年10月10日頃に閉店したようです。


今回の「京都ラーメンブログ」は、ラーメンとうどんが安く食べられるお店を厳選して紹介します。値段は「かけうどん 200円」と「中華そば 300円」が最安値で、どのお店も500円より安い値段のお店ばかりです。実は京都にはこういう昭和の値段のままで販売している大衆食堂(麺類一式の店)が多く残っており、学生も多い町であることからお値段据え置きのお店も多いのです。では、その「激安大衆食堂」とは、どこにあるなんというお店なのでしょうか。



関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。