おとうふラーメン 豆八 閉店@京都・西九条 新店オープン 豆腐入りラーメン実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は2017年4月17日にオープンしたばかりのお豆腐ラーメンという京都では珍しいラーメン店「おとうふラーメン 豆八(まめや)」さんへ行ってきました。その名のとおり絹ごし豆腐の入ったラーメンで、北野天満宮のアノ有名豆腐店のお豆腐を使っているラーメンです。

ということで「おとうふラーメン 豆八」さんに行って「おとうふラーメン」を実際に食べてきましたので実食レビューします。

最新情報:こちらの「豆八」さんですが2017年12月頃に閉店しています。

おとうふラーメン 豆八 @京都・西九条 新店オープン


おとうふラーメン 豆八  京都・西九条 2017年4月17日  新店オープン

おとうふラーメン 豆八 京都・西九条 2017年4月17日
新店オープン

京都ラーメン店「おとうふラーメン 豆八(まめや)」さんが、2017年4月17日に西九条に新店オープンしたので、さっそく行ってきました。

たまたま前を通った際に発見していたお店で「おとうふラーメン」と書かれており期待が高まります。

京都駅の南口からも徒歩で行けますが、近鉄京都線「東寺駅」徒歩3分くらいの場所にあるラーメン店です。

醤油味噌」などいくつものラーメンのバリエーションがあり、そのいずれにも絹ごし豆腐が入っているという珍しいラーメンです。

おとうふラーメン 豆八 おしゃれ和風の店内

おとうふラーメン 豆八 おしゃれ和風の店内

東寺からも近く、お店は小さいながらもテーブル席が4つほどあります。

和風ですが、かわいい感じの和風のお店になっており、シンプルでセンスのよい内装になっていました。

メニューはかなり豊富で、和風の醤油ラーメンを基本に、塩ラーメンや味噌もあります。

いずれも「お豆腐」が入っているのが特徴です。

メニューはまだ試行錯誤しながらだそうです

メニューはまだ試行錯誤しながらだそうです

醤油おとうふラーメン 820円
あさり塩おとうふラーメン 850円
あん塩おとうふラーメン 830円(あんかけ)
豆乳おとうふラーメン 850円
みそおとうふラーメン 850円(1番人気)
辛口おとうふラーメン 850円(女性に人気)
カレーおとうふラーメン 880円
湯葉流しおとうふラーメン 880円(湯葉入り)
おとうふ冷麺 830円
豆乳冷麺 880円
冷やしつけ麺 明太子 850円
冷やしつけ麺 ポン酢 850円
抹茶塩ラーメン 850円(季節限定)
抹茶おとうふ冷麺 880円(季節限定)
湯葉ちりめん いなり 140円(1個)
生湯葉丼 880円
生湯葉いくら丼 980円

季節限定「抹茶ラーメン」もありました

季節限定「抹茶ラーメン」もありました

豆腐入りラーメン 実食レビュー

あさり塩おとうふラーメン 850円

あさり塩おとうふラーメン 850円

今回は「あさり塩おとうふラーメン 850円」を食べてみることにしました。

どのラーメンも和風だしを基本にしており、こちらのラーメンは「アサリ」の入ったラーメンになっていました。

トッピングは「豆腐ネギかつおぶし大根おろし煮卵点心(水餃子)・あさり」で、メインはもちろんお豆腐です。

麺は太ちぢり麺です

麺は太ちぢり麺です

スープは和風出汁のよくでたもので、とてもアッサリしたものですがコクがありました。

絹ごし豆腐をダシの効いた湯豆腐で食べているような感じで、ラーメンとお豆腐の2つを楽しめるラーメンと言うとわかりやすいかもしれません。

麺は太麺(関東でいう普通麺)で、ややちぢれ麺となっています。これは、お豆腐が絹ごしなので、麺は歯ごたえのあるものをチョイスしたんだと思います。

お豆腐は北野天満宮近くのあの有名店の豆腐

お豆腐は北野天満宮近くのあの有名店の豆腐

オーナー様は、なかなかこだわりの人みたいで、北野天満宮近くにある豆腐店の豆腐だけを使っているとおっしゃっていました。

いわゆるアノ有名店「とようけ屋山本」さんのお豆腐です。

豆腐はやわらかいキメの細かい絹ごし、ほろほろと崩れていくのを出汁と一緒にすくって食べると美味しかったです。

おとうふラーメン 豆八 基本情報


おとうふラーメン 豆八 外観

おとうふラーメン 豆八 外観

おとうふラーメン 豆八」さんは、2017年4月17日にオープンしたばかりの京都ラーメンのお店です。

国道1号線の「東寺」すぐ近くで、近鉄京都線「東寺駅」が最寄になりますが、京都駅南口からもさほど遠くはありません。

駐車場はないので、自家用車は近隣にあるコインパーキングを使用。バイクは「東寺駅」南側高架下にバイク・自転車駐輪場があります。

お豆腐ラーメンというのも京都では珍しいし、京都駅からも近いので、一度行かれてみてはいかがでしょうか。

京都府京都市南区西九条川原城町8
営業時間:11時~15時、17時~21時(土日は通し営業)
定休日:月曜
Twitter:https://twitter.com/oztEqUXuxRX13yf

評判(口コミ)

先日は店主様にも色々とお話しを聞かせていただきありがとうございました。また、立ち寄らせていただきます。

ただ、上記Tweetなのですが、返信元が「@eBlogUpdateInfo」となっておりますが、私たちの「osumituki.com」とは全く無関係のTwitterアカウントで、ご返信いただいてもこちらには伝わりませんので予めご了承ください。


関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



ニューオープン

主に関西の新規・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。