2020年8月28日オープン ムゲン食堂 京都河原町店

京都の河原町蛸薬師西入ったところで、麻婆豆腐と焼売で米を食べるというコンセプトの中華料理店が開業です。オープン日は8月28日、お店は「ムゲン食堂 京都河原町店」さん。芳醇なコクを感じる美味しいマーボー豆腐と激ウマで無限に食べられるシューマイのお店です。

2020年8月28日オープン ムゲン食堂 京都河原町店


2020年8月28日オープン ムゲン食堂 京都河原町店

2020年8月28日オープン ムゲン食堂 京都河原町店

京都の河原町蛸薬師、以前ラーメン店があった場所に新しく中華料理店が開業すると告知されていました。

お店の名前は「ムゲン食堂 京都河原町店」さん。

麻婆豆腐と焼売の専門店で、ジャンルとしては中華料理店になるかと思います。

麻婆豆腐は痺れる辛さと旨辛ラー油で食べるもので、焼売は無限に食べたくなるほどだそうです。

また、麺もあるそうなのでラーメンも食べられるようです

また、麺もあるそうなのでラーメンも食べられるようです

また、麺もあるそうなのでラーメンも食べられるみたいです。

メニューを見たところ「マーボーチャンメン海鮮マーボーメン」の2種類があり、どちらも麻婆豆腐のラーメンとなっていました。

店名の「ムゲン」は、この焼売を無限に食べたくなるお店という意味

店名の「ムゲン」は、この焼売を無限に食べたくなるお店という意味

店名の「ムゲン」は、この焼売を無限に食べたくなるお店というのが由来のようでした。

本来は2020年6月オープン予定だった烏丸三条西入ル「マボシン飯店 烏丸三条店」というお店をグランドオープンすると告知されていましたが、どうやら河原町蛸薬師のテナントで開業へと変更となったようです。

コンセプトは「肉で美味しく飯を食う」

まさに日本人の食の根本「お米が主食」がコンセプトになっていて、良い感じのお店になりそうでした。

このお店の雰囲気は?


遂にオープン!いざ「ムゲン食堂」へ!

遂にオープン!いざ「ムゲン食堂」へ!

ということで、2020年8月28日に開業したばかりの「ムゲン食堂」さんへ早速行ってまいりました。

1階と2階がある店舗で、1階は2名テーブル2卓とカウンター3席です。

厨房があるのでやや狭いですが、2階は広いテナントです。

目の前は繁華街の蛸薬師通、すぐ西には新京極通と寺町通という超繁華街での出店。

お店も目立つ雰囲気で、ネーミングセンスも良いので流行りそうな雰囲気がします。

このお店のメニューは?


マーボードウフ定食(930円)、ムゲンシュウマイ定食(900円)

マーボードウフ定食(930円)、ムゲンシュウマイ定食(900円)

定番は2つの料理「マーボードウフ定食(930円)」と「ムゲンシュウマイ定食(900円)」となっています。

他にもマーボー麺が3種類、いずれもセットでの提供となっています。

なお、セットにはムゲンシュウマイが1個付いてきますので、初めて行くなら「マーボードウフ定食(930円)」を食べてみると良いと思います。

マーボードウフ定食(930円)


マーボードウフ定食(930円)

マーボードウフ定食(930円)

マーボードウフはとてもシビ辛とのことで、辛さは「ハーフスタンダードメガギャラクシー」から選べるようになっていました。

私は辛いの苦手なのでハーフでチャレンジ!

それでも一口目で目が覚めるシビレ具合でビビビと来る辛さです。

上にトッピングされているのは弥平唐辛子(滋賀県産)で激辛なので食べないほうがいいです。

でも美味い!シビレは途中から慣れました

でも美味い!シビレは途中から慣れました

でも、シビレはしばらく食べているうちに慣れてきて旨味を味わえるようになりました。

ハーフでこれだけインパクトあるのだから、たぶんスタンダード以上はかなりビリビリ来るかもしれません。

ゴロッとした豆腐、花椒の香りも良いですが、どこからともなく感じる芳醇なコクが特徴的な麻婆豆腐です(たぶんコーヒー?)。

ただ、痺れるのでライスに合わせるよりもそのまま食べるほうがいいかもしれません(ライスは大盛無料でした)。

ムゲンシュウマイ


ムゲンシュウマイは定食に1個付き、+100円で1個ずつ追加可能

ムゲンシュウマイは定食に1個付き、+100円で1個ずつ追加可能

さて、次は無限に食べられるという「ムゲンシュウマイ」を食べてみます。

大きめのサイズで肉たっぷりです。

一口食べてかなりやみつき、ラードかな脂のコクに甘さもあってご飯にとてもよく合いました。

卓上に酢醤油もありますが、そのままででも全然食べられます。

定食に1個プラスした上で、さらに追加で2個食べました

定食に1個プラスした上で、さらに追加で2個食べました

定食に+100円してシューマイを1個追加したのですが、美味くて速攻で食べてしまったので、さらに+200円で2個追加しました。

確かにこれ無限に食べられそうで、ライス大盛おかわり(+100円)まで目論見始めてしまいました(笑)。

値段が安いので気楽に追加できるのがいいですね。

ちなみにテークアウトもできるので8個入り(800円)を持ち帰りにしました。テークアウトだとエビシューマイ(8個1000円)もあります。

テークアウト分は家の近所にある激ウマ今治うどん店「麺処美松」さんにお土産で持っていきました。うん「賄い足りひんなぁ」ってのが聞こえたんですよ(笑)。

メニュー


ランチメニュー

ランチメニュー

このお店への行き方や営業時間は?


ムゲン食堂 京都河原町店の場所は河原町蛸薬師西入ルです

ムゲン食堂 京都河原町店の場所は河原町蛸薬師西入ルです

では、シューマイが美味すぎた「ムゲン食堂 京都河原町店」さんへの行き方です。

この「ムゲン食堂 京都河原町店」さんの場所は京都の河原町蛸薬師西入ルです。

河原町駅から河原町通を北へ、ドンキのところを左折(西入ル)です。

営業時間は「11時~23時」の通し営業で、定休日は「なし」となっていました。

この界隈でガッツリ米を食うスタイルのお店はそんなにないので、男性に人気が出そうなお店だと思います。

その後、1階部分は客席がなくなり二階席のみとなりました(2020年11月20日撮影)

その後、1階部分は客席がなくなり二階席のみとなりました(2020年11月20日撮影)

麺毅家 河原町店」さん”>
〒604-8041 京都府京都市中京区裏寺町596(地図
営業時間:11時~23時
定休日:なし
公式Instagram:https://www.instagram.com/mugenshokudo/


京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



ニューオープン

主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。