マルキョウラーメン 閉店@京都・烏丸御池「豚骨醤油ラーメンのお店」新店オープン

京都・烏丸御池に豚骨醤油ラーメンのお店「マルキョウラーメン」が2018年9月28日に新店オープンしています。広いお店でカウンターと二名用テーブル席があります。ややトロみのある豚骨スープはほんのり甘い味わいです。

マルキョウラーメン の場所は烏丸御池駅から徒歩3分ほどです。ここでは営業時間駐車場など含めて詳細に実食レビューします。

最新情報:こちらの店舗は2019年12月22日に閉店となります。

京都・烏丸御池に「マルキョウラーメン」が2018年9月28日新店オープン


京都・烏丸御池「マルキョウラーメン」

京都・烏丸御池「マルキョウラーメン」

京都・烏丸御池に新しいラーメン店が開店しています。

お店の名前は「マルキョウラーメン

豚骨ラーメンのお店で、2018年9月28日に新店オープンしました。

場所としては御池通から「新町通」に下った道沿いにお店がありました。

マルキョウラーメン どんなラーメンなのか


店内は広くモダンな感じ(マルキョウラーメン)

店内は広くモダンな感じ(マルキョウラーメン)

ということで「マルキョウラーメン」へ入店してみると、店内は広いのですがカウンター7席とテーブルが2卓と普通の構成です。

入口はいってスグのところにレジと商品陳列用の保冷庫があって、店の半分は客席以外の用途になっていました。

これは前店が「!-foods shinmachi works」というタルトやお惣菜を売るお店だったからで、そのためのショーケースが今も残っているからです。ちなみに、前店と運営母体は同じで「エクスクラメーション・スタイル」という事業会社が運営しています。

「驚ラーメン(きょうらーめん)」という豚骨ラーメンを実食しました

「驚ラーメン(きょうらーめん)」という豚骨ラーメンを実食しました

味は「ややライトな豚骨味」だと思います。

少し焦がし系の醤油風味豚骨のほんのりした甘みがありました。

調理工程などはわかりませんが、セントラルキッチンのラーメンに似た味わいです。

・場所は烏丸御池の新町通
・2018年9月28日に新店オープン
・豚骨ラーメン
・運営は「エクスクラメーション・スタイル

スープ


ほんのりトロみがある豚骨の白湯(マルキョウラーメン)

ほんのりトロみがある豚骨の白湯(マルキョウラーメン)

スープは白湯で豚骨ベースです。

ややコクと甘みを感じ、醤油ダレはほんのりと香ばしい風味がします。

ちなみに店名の「マルキョウ」は感じで書くと「丸驚」で、このラーメンの名前も「驚ラーメン(きょうらーめん)」というネーミングになっていました。

食べやすい普通の豚骨スープです。

麺について


麺は極細のものを使用(マルキョウラーメン)

麺は極細のものを使用(マルキョウラーメン)

麺は極細で、写真だと平麺に見えますが「かなりの細麺」です。

食べた感じでは細麺なのに茹で時間が多いみたいで柔らかい食感です。

食べた印象としては「乾麺」に近いのですが、調理工程を見ていないのでわかりません。

味の評価


スープは普通に美味しいのですが麺が合っていません(マルキョウラーメン)

スープは普通に美味しいのですが麺が合っていません(マルキョウラーメン)

スープは「普通においしい」ですが、店員さんがイケメンなので評価は高くなります(笑)。

京都のラーメンなので出汁を味わうラーメンで、醤油ダレは香ばしい感じのアクセントになっていました。

ただ「麺がやわらかすぎ」です。

豚骨ラーメンと細麺で柔らかいというのは、たぶんあまりウケが良くないはずです。注文時に「カタメ」が可能なら、そのようにした方が良さそうです。

メニューと値段


ラーメンは700円から(マルキョウラーメン)

ラーメンは700円から、定食セットが豊富です(900円から)

マルキョウラーメン の「メニューと値段」についてです。

ベースは「驚ラーメン」で、味玉がついて+100円、チャーシュー麺になって+200円がベース価格です。

+200円で「定食セット」にすることができるのが一番の特徴で「唐揚げ白身魚フライアジフライメンチカツチャーハン豚キムチ豚の生姜焼きカキフライ」といった組み合わせが可能です(魁力屋とか来来亭に似てます)。

定食セットが豊富です(900円から)

定食セットが豊富です(900円から)

・驚ラーメン 700円
・味玉ラーメン 800円
・チャーシュー麺 900円
・変え玉 100円
・各種定食 +200円(おかず+ライス付き)

営業時間や定休日などの店舗情報


マルキョウラーメン、場所は御池通から「新町通」に下った所です

マルキョウラーメン、場所は御池通から「新町通」に下った所です

マルキョウラーメンの営業時間は「11時~21時」です。

定休日は不定休で月に2日ほど休みがありそうなので公式サイトでチェックが必要です。

京都府京都市中京区町頭町108
営業時間:11時~21時
定休日:不定休(店頭と公式サイトにて開示)
公式サイト:https://www.ex-foods.com/

アクセス方法

マルキョウラーメンの場所は「烏丸御池」で三条新町付近です。

烏丸御池駅から徒歩3分くらい、ビジネス街にも近く、観光用・ビジネス用のホテルも多いエリアです。

JR京都駅からなら地下鉄烏丸線で「烏丸御池駅」まで行って歩きになりますね。

烏丸御池へ行く交通手段(地下鉄)


JR京都駅から地下鉄「烏丸線」を使います

JR京都駅から地下鉄「烏丸線」を使います

JR京都駅から地下鉄「烏丸線」で烏丸御池駅まで行くことができます。

京都タワーを目の前に、地下道の入口が京都駅の真正面にありますので、それを地下へ入り、右へ行けば地下鉄の駅です。

・京都駅から「烏丸御池駅」へ向かう(3駅、210円)

烏丸御池へ行く交通手段(バス)


京都市バスで行くと時間がかかります(京都駅)

“京都市バスで行くと時間がかかります(京都駅)

京都駅から烏丸御池へ行くバスはありません。

四条河原町や三条京阪からなら「15系統(立命館大学行き)」を使って「新町御池バス停」下車が一番最寄りのバス停です。土日なら「100円循環バス」も停まるので上手に活用してください。

駐車場の場所


少し歩きますが御池地下駐車場は雨でも便利です

少し歩きますが御池地下駐車場は雨でも便利です

マルキョウラーメン に専用駐車場はありませんのでコインパーキングを使うことになります。

少し歩きますが「御池地下駐車場」は雨の日でも安心で、広く収容台数も多いので第一候補になります。ただし、烏丸御池側に駐車しないと遠いです。

店舗のすぐ北側に「エコロパーク」がありますが、収容台数1台分です。

京都府京都市中京区下本能寺前町(地図
7時~22時 30分250円 最大1500円(日祝以外)
22時~7時 60分250円(21時~6時は宿泊呂金1500円)
公式サイト:http://zestoike.com/?page_id=60
京都府京都市中京区町頭町97−4(地図
8時~22時 25分200円 最大1500円(日祝のみ)
22時~8時 60分100円 最大500円

バイク駐輪場の場所


バイクの場合「御池駐車場」は烏丸御池駅側の西口入口からしか入れません

バイクの場合「御池駐車場」は烏丸御池駅側の西口入口からしか入れません

烏丸御池に近いバイク駐輪場は「御池地下駐車場」が一番便利です(二条城の南にもありますが割高です)。

バイクの入口は烏丸御池側のみなので、ちょうどお店に近い方に出入り口があります。

京都府京都市中京区下本能寺前町(地図
7時~22時 30分100円 最大500円(土日祝以外)
22時~7時 60分100円(最大500円)
公式サイト:http://zestoike.com/?page_id=60


関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



ニューオープン

主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。