珍元 閉店 @京都・壬生「映画タンポポ」で伊丹十三監督も取材に来たラーメン店

京都の大宮(壬生)にある中華そばの名店「中華そば専門店 珍元」さんが2018年9月11日をもって閉店し、37年間の歴史に幕を閉じました。店頭には「閉店のご挨拶」と書かれた貼紙がされています。

映画『タンポポ』の取材で伊丹十三監督も立ち寄ったとされる京都の名店でした。

中華そば専門店 珍元、37年間の歴史に幕


京都の壬生で37年間、中華そばを作り続けた名店「珍元」が閉店

京都の壬生で37年間、中華そばを作り続けた名店「珍元」が閉店

京都の「中華そば専門店 珍元」さんが2018年9月11日をもって閉店しています。

創業から37年間の歴史に幕ということになるのですが、女将さんが亡くなられたと地元では言われていました。

場所は阪急京都線「大宮駅」の西を通る「壬生川通」に面したお店で、店頭には以下のような貼紙がされています。

中華そば専門店 珍元の閉店告知

中華そば専門店 珍元の閉店告知

閉店のご挨拶
突然のことではございますが、この度
珍元は閉店させていただく事となりま
した。
37年間皆様に足をお運びいただきました
事、心より感謝いたします。
尚、御用のお有りの方が御座いました
ら、西隣の自宅(『堀』)の方へいらして
下さいます様、お願い申し上げます。

台風21号直後からお店を閉めていたそうですが、2018年9月11日で上のような貼紙がされています。

閉店理由については記載されていませんが、急な閉店であることが分かります。

豚骨スープに生姜の香りがするラーメンで、ファンの多い店でもありました。

中華そば専門店 珍元 アクセス方法


中華そば専門店 珍元

中華そば専門店 珍元

京都の「中華そば専門店 珍元」さんといえば、映画監督の伊丹十三監督が映画『タンポポ』の構想を立てている際に、主演の宮本信子さん(女優)と京都で立ち寄った店とされている名店です。※ちなみに映画のモデルになったラーメン店は東京の「佐紅信」というお店です。

創業から37年間、中華そばをリーズナブルな価格で提供してきた昭和のお店でした。

地元の名店が閉店になるというのは寂しいことですが、時代の流れを感じる出来事です。

京都府京都市中京区壬生相合町20
営業時間:11時~23時
定休日:月曜日

中華そば専門店 珍元の口コミや感想


京都ラーメン

関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。


飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


記事を書いている人
ノーディレイ

記事を書いている人は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを経験して退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は2400件以上あります。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。