祇園 泉 久御山店 閉店@京都 新店「鶏豚骨ラーメン」実食レビュー

京都に新しいラーメン店「祇園 泉 久御山店」が2018年2月12日に新店オープンしています。千本通にある「京都 祇園 泉」の系列店のようで、メニューは同じです。値段は750円~900円、醤油・塩・味噌・まぜそば等のラーメンがあります。「祇園 泉 久御山店」の場所は京阪国道から国道24号へ抜ける道の途中で「もなこの湯」の近くです。

今回は「鶏豚骨らーめん 850円」を食べてきたので実食レビューします。

最新情報:こちらのラーメン店は閉店しています。

祇園 泉 久御山店 2018年2月12日 新店オープン


祇園 泉 久御山店 新店オープン

祇園 泉 久御山店 新店オープン

2018年2月12日、京都の久御山に新しいラーメン店が新店オープンしています。

お店の名前は「京都 祇園 泉 久御山店」となっており、千本通にある「祇園 泉」と同じ屋号のお店で、メニューも同じなので系列店と思われます。

この屋号は「MJ-GROUP」が運営していたと記憶していますが、公式サイトのフードブランドには掲載されていないので独立ブランドになっているのかもしれません。

追記:運営は「MJグループ」ではなく「祇園 泉」は別の会社だそうです。

祇園 麺屋 泉 千本丸太町店
祇園 泉 久御山店 ← NEW!

祇園 泉 久御山店 店内の様子


店内はかなりシンプルです

店内はかなりシンプルです

ということで、オープン直後の「祇園 泉 久御山店」さんへ早速行って来ましたのでレビューをしたいと思います。

店内は白を基調にした非常にシンプルな店内で、4人テーブルが3卓カウンターが4席となっていました。

厨房とレジは奥左にあり、手前はすべて客席という構造になっています。

ちょうどお昼時ということで、ほぼ満席という状況でした。

メニューと値段


祇園 泉 久御山店 ラーメンは750円~900円

祇園 泉 久御山店 ラーメンは750円~900円

メニューを確認すると、千本通の店舗にもある「麻辣黒担麺」があり、他にも「台湾まぜそば」など種類は豊富なメニューになっています。

基本は「鶏白湯」で、濃厚こってりなラーメンが「祇園 泉」の特徴と言えます。

他にも「鶏豚骨京都醤油柚子塩旨辛味噌」とラーメンのだいたいの種類は揃っていました。

値段は、750円~900円と若干高い方に設定されていました。

・鶏白湯らーめん 800円
・濃厚 鶏豚骨らーめん 850円
・元祖 京都醤油らーめん 750円
・厳選 柚子塩らーめん 850円
・熟成 旨辛味噌らーめん 850円
・麻辣黒担麺 900円
・台湾まぜそば 850円

鶏豚骨ラーメン 実食レビュー


祇園 泉 鶏豚骨らーめん 850円

祇園 泉 鶏豚骨らーめん 850円

今回は「鶏豚骨らーめん 850円」を食べてみることにしました。

濃厚系なので、食材が「」や「」一本だと結構食べづらい場合があるので、こういう場合は「合わせ出汁」の方がオススメです。

スープはかなりドロドロとしたもので、肉を細かく刻んだものが混ざっているタイプのスープになっていました。

醤油ダレは軽めの味付けでした

醤油ダレは軽めの味付けでした

醤油ダレは薄口で、素材の味が出ています。

関西は「出汁文化」なので食材の味が強めに出る食べ物が多いのですが、こういった濃厚系の場合は醤油ダレはもう少し濃いめの方が食べやすいかもしれません。

可もなく不可もなくですが、途中で飽きてきたので「酢」や「にんにく」を投入して味変をして食べきりました。

麺は細めのストレート

麺は細めのストレート

は濃厚スープが絡みやすい細麺を使っていたので、なおさらスープの味が強調されています。

トッピングは「青ねぎ麻辣チャーシューメンマ」で、チャーシューは脂分がほとんどのものでした。

チャーシューも、あまりコッテリだと、中年にはかなりキツくて、途中で水が飲みたくなるほどでした。

このあたりは工場が多いのですが、平均年齢は高めのはずです。普通の醤油清湯のラーメンの方が人気がでそうかなと思われました。

脂身が多すぎて、コクはありますが中年にはきついです

脂身が多すぎて、コクはありますが中年にはきついです

祇園 泉 久御山店 への行き方(アクセス方法)


祇園 泉 久御山店、京都府道15号線沿いで「もなこの湯」の近くです

祇園 泉 久御山店、京都府道15号線沿いで「もなこの湯」の近くです

さて「祇園 泉 久御山店」への行き方(アクセス方法)ですが、わかりやすく言うと「もなこの湯」の近くです。

もとは「麺家だんだん」という2016年4月5日に新店オープンしたお店のテナントでしたが、なぜか2016年7月~11月まで休業して、2016年11月に再開するも2017年9月に閉店していたというラーメン店でした。

国道1号のバイパス(京阪国道)から国道24号へ抜ける道の途中にあり、ここは元からラーメン店の多いエリアです。

もなこの湯も近く、立地は悪くはないと思いますが、競合店が多いエリアとも言えます。

京都府久世郡久御山町林八幡講1−52
営業時間:11時~23:30
定休日:不定休


関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。